FC2ブログ

弱い母親

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込み思案な子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもは人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子どもにはならない
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる
 子は親の鏡  1954/ドロシー・ロー・ノルト
 

子供たちが学校から持って帰ってきたプリントにこの言葉を見つけてあたしは読んで涙が止まらなかった。

ずっと前に、この言葉を知ってはいたけどこれほど胸に刺さったことはなかった。

次男のうーたは1年生からサッカーをやっている。

本人の希望でゴールキーパーをやっていた。

でも同い年の友達より体がすごく小柄なうーたは、4年生になってキーパーを外された。

そのことを知ってから、あたしの中で何かが崩れた。

わかっていたんだ。そんなこと・・・・・

試合を見に行っても、もうキーパーじゃないうーたは一人ベンチに座ってる。

その姿を見てるのが辛くて、悲しくて、むなしくて。

そのキモチを、うーたに怒りとしてぶつけてしまった。

―――サッカー、むいてないんちゃうの? 辞めれば?

 このまま続けてたって、あんたみたいな、運動神経のない子はずっとベンチのまんまや――

 

うーたは何にも言わなかった。

泣いてた。

あたしはこの日、うーたに言ってしまった言葉が頭に重く残って、毎日、憂鬱な日々を過ごした。

―――うーた、ずっとベンチなんて可哀想や!あんな思いさせるためにクラブに入れたんやない!

辞めさせて!もう辞めさせてほしいねん! あんなうーた見てるのツライねん!!―――

 

あたしは泣きながら夫テツに訴えた。

夫テツは、「うーたがツライと一言でも言うたんか? 言うてないやろ?

ツライのはお前の中の気持ちや。 お前がよその子供と比べてただツライって言うてるだけやろ? 

これから、うーたが生きていく中でもっとこの先、乗り越えないといけない事がいっぱい出てくる。その度にお前は、可哀想やって、回避ばかりさせるんか!!そんなのは、お前のエゴでしかない。」

って言った。

わかっている・・・そんな事、言われなくたってわかっているんだ。

うーたが可哀想やって言いながら、可哀想がっているのは、あたし自身なんだ。

うーたをサッカークラブに入れた時、人より体が小さくて病気がちなのを少しでも丈夫になればいいって思って入れた。

何もナンバーワンにさせるために入れたんじゃない。

強い心が育てばいいって思って入れた。

そうだったのに、、、。 あたしは何をあの子に望んで何を期待し、押しつけ、傷つけ、けなしてしまったんだろう。

そんな時、うーたが学校の音楽の合唱で指揮者候補に選ばれた話を聞いた。

一つ前の日記に書いたが、うれしかった。

うーたは、自分の出来るところで自分の出来る範囲で頑張ることを見つけてる。

それでいいんだ・・・って思えた。

あたしは、弱い母親だ。

我が子を傷つける何かがあるならば、声を荒げ、全力で守れるきもちがあるのに、どうして、このあたし自身が我が子を傷つけてしまうのか・・・。

大切で、本当に宝物なのに、どうしてあたし自身が壊してしまうのか・・・。

うーたというあの子自身を今日からちゃんと見つめてみます。

ひとりひとりみんな違うんだから。

あたし、もっと強くならなきゃね。

marason.gif  理恵 2008.5.29
 
長文、読んでくれた方、どうもありがとう。
情けない日記でごめんなさい。

関連記事

テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

Comments

この詩を読むと泣きたくなるんですよ。 
>子どもを馬鹿にすると、引っ込み思案な子になる

>叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

私はこんな風に育てられました。
叱られてばかりで、褒めれられた記憶もほとんどなくて。
お陰で本当に自分に自信が持てない大人になってしまいました。
人に意見することも怖く、顔色ばかりうかがうそんな自分、、、だから自分が一番嫌いです。

子供達にはそういう思いをしてほしくないから…気をつけて子育てしてきたつもりですが、
原体験って残るらしいので理想と違う現実もあったりします。

子育てって親育てだとも言います。

旦那さま、理恵さんの気持ちきちんと受け止めてくれて的確な意見をおっしゃってくれてますし、
親子共々イイ方に向かって歩んで行けるように・・・
理恵さんちは皆が言いたいこと言える環境だから大丈夫!ですよ^^
 
最新コメント欄からここに飛んで、記事を読んでドキッとし、
小倉かりん時代の自分のコメントを読んでウルウルし、
理恵さんのコメントを見て、またウルウルし、
6年も経つんだね。

長女は就職浪人中。
同級生はみんな働いているのにと思わないでもないけどさ、
この1年間は、目標に向かって毎日勉強している娘を
全力で応援しようって決めたんだー。
Re: 
こんな昔の日記にコメントくださってありがとうございます。
コメント頂いたことでこの日の日記をあたし自身読み返してみて、その日の事が頭の中でまたよみがえって、胸がきゅーっとしました。
あれから6年、、、あたしは成長したかな、、、いや、全くです。
今でも理不尽な事を言ってしまっています。
でも、この日記のうーたも高1になって、あたしが無茶を言うと今では「言うてることがおかしい!」って諭してきます。母は成長してないのに、子供はちゃんと大人になってますね。
あなたのお宅も男の子ですか。同じ高校生ですね。大好きって言ってくれるなんてなんていい息子さん!!
ウチなんて、ウザがられてます(笑)
また遊びにきてください。待ってます。
 
ご主人素敵ですね

ほんと、その通りです

自分のエゴで子供を傷つけて、自分が悲劇のヒロインになっちゃって…(T-T)

自分がどれだけ完璧な人間なんだって言いたい

私も息子を同じように
思いどうりにいかなくて、罵倒し傷付けたことを反省します。

高校生にもなって、お母さん大好きだよて言ってくれる息子を、もっと幼い頃に抱き締めてあげれば良かった…(T-T)

弱い息子じゃなくて

弱すぎる母親です。


 
【まみたま】親は黙って見守る・・・これってなかなか出来ないよね~
最初は子供にアドバイスしようってつもりが、気が付くと、なじってたり、けなしてたり。
叱るつもりが怒りを単にぶつけてるだけだったり・・・。
成長する段階の途中にはいろんな辛いことも我慢しないといけないこともいっぱいあって、それを励ましながら見守るって親もそうとう成長しなきゃな。
 
読んでいて思わずウルウルしちゃいました。 気持ちすごくすごくわかる!!  自分の子どもがつらい思いとかをしているのをみているのって本当につらくて・・・ でもそれって確かに私がつらいのであって 子どもはじっと耐えて成長してたりする・・  ただ見守ってあげることがどんなに難しく、つらいことか・・・最近すごく感じるようになりました。
私も反省ばかりの日々。。。  ついつい口をだして自己嫌悪です。 子どもも一人の人間として尊重してあげないといけないんだよね、きっと。
でも冷静に意見してくれる旦那さまがすごいと思います。うちなんて2人で怒ってそうだもん・・ 反省です><
 
【ダンサーちゃん】あぁ、、、なんて、ポジティブ! ダンサーちゃんの魅力ってここなんだよね~。 話してると希望が見えてくるっていうか、、、元気をもらえるというか。
人はいろんな失敗やうまくいかない逆行を経験しながら、将来の自分の肥やしにしてくんだよね~。 経験が豊富な人の土台の土はきっと栄養分で満ちている。
成功は失敗の元!!   
 
【はしクミ】親って難しいね~。 自分の親はどんな思いであたしを育ててくれたんだろう・・・って思うよ。
あたしは一人っ子で、すごくマイペースでトロくて、、、。 でも、一度も母親にけなされた事なんてなかったと思う。いつも励ましてくれたし、応援してくれてた。
今、その当時をふり返りながら、 「子育ては一つ一つを諦めること」
なんて笑いながら母が話してくれるけどwwww
子供のことに一生懸命になればなるほど、過ちを犯す。 でも、それを素直に認め、ごめんなさいが言えたら、また前に進んでいけるんだろね。
 
【くじら】あたしはくじらさんみたいになかなか、「さっきはごめんね。」って言えないのよ。まだこの期に及んで、親という変な立場で自分の身を守ろうとする・・・
子供が小さい時から、 間違ってたら素直にごめんなさいって謝ろうね、、、って育ててきてるのに・・・
親だって間違いを子供の前で正すべきなんだよねー。 子供に正直に、お母さん、言い過ぎたね。って言えれば、何か変わるかもしれないね~。
 
【ともとも】ほんとだねぇ~。 息子だからって傷つけていいわけない。 エゴを押しつけていいわけない。
なのに、やってしまう。 自分の思い通りに動いてくれない息子にいらだち、情けなく思い、ついつい言わなくてもいいことを言って傷つける。 
そんなことを繰り返し、反省し、1歩1歩、成長してくんだろね。
 
【ばっち】あたしのキモチを代弁してくれるかのように、わかってくれたばっちのコメにじーんとしちゃってます。 ありがとう。
そう!そうなのよ。
別に、サッカー選手にしたかったわけじゃない。 一番にならせるためなんかじゃない。 
でも、こんなつらいをするなんて、始めたときによ予想もしてなかったことなんだよ。 わかっていたらクラブになんかいれなかった。
でも、、、、人より体の小さなうーたは、予想出来たことなのかもしれない。でも、、、つらい思いなんてさせるつもりはなかった。
でも、きっと、辛い思いしてるのは、あたし自身で、うーたは何も自分のことを卑下したりしてないんだよね。
 
【sinseiくん】うんうん。 ほんとにそうだよね~。
身内だからついついよけいな手を焼いてしまうんだよ。 子供を自分の私物のように勘違いしそうになり、自分の思い通りにさせようとする。
それに少しでもはみ出ると、怒ったり、なんで出来ないの!!!って叱ったりする。
ほんと、、、間違ってるよね~。 
親というのは子供を見守ってあげることが大切なんだよね~
 
【でかみかん】うん。そうだね。 ほんと、、、そうだね。
子供って知らない間にちゃんと自分のことを考えられるようになってて、親が思ってるほど弱くない。 
ただ、まだ未熟で、助けを求めてきたときに、手を貸してあげられる存在でいればいいもを、ついつい普段からよけいな手を焼いてしまう。
また、親は、親であるという威厳だけを振りかざし、こうしなければいけない!!と押しつけてしまいがち。
でも、本当に強いよいうことは、黙って見守ることなんだろうねー。
 
【maasan】いえいえ、、、とんでもないよ。
日々、子供達との楽しい日々の日記を書く中で、 理恵さんっていいお母さんだね~って書いてくれる方がいっぱいいて・・・
でも、ちょうどその時、うーたにひどい言葉を言って傷つけてるあたしがいて・・。
なんか、本当のあたしは違うんです!!!って叫びたくなっちゃった。
でも、ここで正直にさらけ出したら救われた気がした。
みんな同じような経験があり、同じように悩んでたりする。 みんな、一生懸命生きてるんだなあ~って思えると勇気がわいたよ。 ありがとねー!!
 
【tatayan】母親って、、、どうしてだろうね~。
例えば、子供がいじめられてるとか、、、つらい思いをしてるなんて聞くと、黙ってられないやん。 自分の体が引き裂かれるような思いするし、なんとしても、あたしが助けてあげる!!って思えるやん。
大げさかもしれないけど、 子供を産んで初めて、この子のためなら死ねるって思えた・・・。
なのに、どうして、つまらない事で傷つけるような発言をしちゃうんだろね。
親のエゴかな・・・。 一番傷ついてほしくない存在なのに。
もっと寛大な母親になりたいなって思います。
 
【りえねぇー】うんうん。ほんとにりえねぇーのコメ読んでて思う。
小中のうちは、子供のクラブといいつつ、実は親のクラブだったりするわけよ。
で、、、よけいな口出しもするし、けなしたり、友達の出来映えを気にしたり・・・
子供が好きでやってるんだから、見守るくらいにしておけばいいものを、ついつい・・・
 
【かりん】うぅ~~。 きゅんきゅんくるよ。その話・・・
見てる親はさぞつらかったでしょう。
でも、娘さんはすがすがしい笑顔だったんだね。 きっと、悔いはないっていうきもちと、試合に出るだけが娘さんの目的ではなかったのかもしれないね。
試合のためだけに球拾いを続けてたわけではないんだよね。きっと。
どこまで自分がやれるか。どこまで自分が頑張れるかっていう挑戦だったんだね~
 
【はなちゃん】うんうん。うーたもあたしに似てるよ~
あたしも特に人より抜きんでてるところがない小学生だったなぁ。
なのに、どうして、我が子には期待してしまうんだろね~。
思い出せば、あたしは自分の母親から過剰な期待をかけられたことはなかったし、いつもどんなときも応援してくれてた気がする。
母のような母親にならなきゃって思いました。
 
【エクシブ】ありがとう・・・。 うれしいです。そんな風に言ってくれて。
うーたもたぶん、エクシブと同じようなキモチなんだとおもう。
レギュラーポジションを取ることだけが目的でクラブを続けてるならきっとみじめな思いもしただろう。
でも、うーたがクラブを続けてる理由は他にあるんだよね。 みんなと汗を流す楽しさだったり、一緒に戦うきもちだったり。 うーたが何を目的でサッカーをやってるか、わかってあげなきゃね。
 
【なっちゃん】さっきは言い過ぎた・・・ごめんなさい
って、、、子供になかなか言えないのよね~、、、あたし。
まだ、この期に及んで、やっぱり親という立場でえらそぶってるんだよねー。
親も間違うことあるんだ。間違えたら謝るんだってとこ、ちゃんと示していかないとだめだね。
 
【ちっち】母親ってだめだよね~。 ついつい取り乱してしまいます。
その点、父親って男の考えだよね~・・・。 キモチいっぱいいっぱいな時に冷静に話されると、 「お父さんは何もわかってない!! あたしのキモチなんてわかってない!」って思うけど、実は、あたしのキモチ、、、なんて本当はいらないのかもね。
要は、子供のキモチ、、、なんだよね。
それを父親っていうのは寛大に見守ることが出来るのよね~。くやしいけどさw
 
【toriさん】うんうん。toriさんの次男くんの日記を読むと胸がちくっとします。
次男君、何一つ文句も言わずえらいよなぁ~。 怪我してすごく内心焦りも感じてるだろうに、性格の明るさか、、、toriさん、上手に育ててるな~って感心します。
 
【reiさん】何においても常に自分の子供が1番じゃないのに、ついつい期待しちゃうんだよね~・・・。 それが押しつけになったり、強制になったりしちゃう。
みんな違う自分の立場の中で学ぶべきことは多いんだよね~。
 
妹も宿題とかテストのことで姪っ子を怒ってたことがあって
大人だから まぁちょっとした小言を言ってたことがあるんだけど・・・
その日の夜、妹と話しをしたのね。 子供の時のこと思い出しなさいよって。
妹は私に何度宿題をさせていたことかw テストだってひどい点数だったしね。
でもさぁ、不思議に妹は中学校の数学教師だよwww あはっ♪(^∇^*)*^∇^) あはっ♪
失敗は成功の元。 失敗しない人はひとつの成功も手に入れられないんだってよ♪
 
【ゆち】そうだよね~。頭ではわかっていてもついつい感情的になっちゃうんだよね。
後になってはっと気づいたり、子供の寝顔見て胸が痛んだりさ・・・
このドロシーの言葉って、難しい言葉じゃないだけによけいぐさっとくるよね。
親も、失敗を繰り返して成長してくんだろね~
 
めっさ、、、わかるやん、、、。
一番大事で、いつも子供のことを考えてるのに・・・。私は時々、子供が傷つく言葉を
思いっきりぶつけてしまうことがあります。落ち込んで・・・悩んで・・・もう二度としないと誓うのに、何度も繰り返してしまいます。なんでだろうね。。。私のことはさておき、、、
Rieちゃんのコレ読んで思ったんだけど、ドロシーの言葉のなかにある、プラスの言動をRieちゃんはいくつやってますか?私が思うに、いっぱいいっぱい当てはまってると思うよ。反対に、マイナスの言動は?時々で、ほんのいくつか、、、だと思うよ。しかも、そのために自分も傷ついて、反省してる。プラスも、マイナスで凹むとこも、全部あわせて見た子供は、もっともっと幸せなんじゃないだろうか?ってドロシーに聞いて見たい。
私も、今後もいっぱい反省しながら、、、正直に謝って、、、そんな姿を子供にさらして行こうと考えました。そんな機会をくれてさんきゅー。
 
【いくぴょん】うんうん。 折に触れて、ふとこういう文章を目にすると、はっ!と気づかされることがあるね。
その時に心の中にもやもやとしてるものとリンクしちゃったら、ぽろぽろ泣けてきたりします。
金子みすずさんの、 「わたしと小鳥と鈴と」 だね~。
あたしもこの詩スキだよ。 ほんと、、、みんなちがってみんないいだよね。
違う部分のマイナス部分ばかりを取り上げてついつい責めてしまうのがあたしの悪いところだよ。 きっと考え方や見方を少し方向転換すれば、今までマイナスに見えていた面もきっとプラスに見えてくるんだよね。
 
【のりん】えらいなぁ。ちゃんと子供を見つめてあげてるんやな。
何を息子が望んでいるかっていうことを一番理解してあげるのが母親やもんな~。
他の子と比べちゃだめだよね。 なんでスマップの「世界にひとつ・・・」の歌があんなにヒットしたかってことだよね。 一番大切なことは、その子一人一人をちゃんと認めてあげることだよね~。
 
【田中くん】そうやね。本人が自分で嫌やったら辞めるやろし、楽しかったら続けるやろし。親が口だししてもそれは単なる押しつけやんな。
本人が困ってるときにアドバイスしてあげられるのでええんやな。
 
【ショコラ】母親って自分の子供がツライ思いするのってなんか身を切られるような思いしちゃうんだよね。 でも、案外、子供は平気な様子だったりする。 その時に、子供がツライ思いしてるって勝手に思いこんでるのは自分なんだって気づくのよね。 そして、自分が嫌な思いするのがツライんだよね。自分がまわりの母親から引け目を感じるのが嫌なんだよね。 
とってもよくわかるよ~。ショコラのキモチ。 ショコラ、言いにくいこと、正直に書いてくれたよね。 ありがとう。 胸が救われました。
 
僕も子供に発した言葉で後悔した事は沢山あるよ!
でも、僕は子供に素直に謝るんだ・・・・「僕がいいすぎた・・・」ってね!子供も理解はしてくれる。愛情がいっぱいの母親は時にこういうケースも感情のコントロールが効かなくなる事があるんじゃないかな?愛しているから激しくなる事ってあるんだよね。。男に理解出来ないくらいの感情が、母親には・・・・涙流す気持ちがあるなら大丈夫!!お互い頑張りましょうo(^▽^o)
 
自分のエゴを子供に押し付けてることなんて、親なら誰でもあるよぉ。
「アタシが恥ずかしい思いをさせられた」っていうことに息子を叱り、その後、自己嫌悪・・・。
でもさ、そういうふうに気づけて、例え少しでも(アタシの場合ね)成長できるのは母になったからだし、気づかせてくれた子供のおかげだよ。
クチから出ちゃった言葉は戻せないし、息子だからって傷つけていいわけじゃないけど
それを繰り返さなければいいのさ。
Rieちゃんの息子だもん、母さんの真意はちゃーーんとわかってるよ。
はぁ~・・・、子育てって悩みは尽きないよね。
 
4年生になってキーパーを外されてもなお
「辞めたい」と言わないうーたを私は誇りに思う。(なぜお前が!?)
逆境に置かれてもなお逃げ出さない強さを育てたのはriecocoさんだよ。
ちなみにうちの子はすぐに逃げ出します・・・・・・
riecocoさんの気持ち、よく分かりますよ。
サッカー選手にならせようと思ったわけじゃない。
1番になることを望んだわけでもない。
でも、辛い思いをさせるためにやらせたわけでもない。。。
親って大変よね。
 
人の親の気持ちはまだ分からないけど、子供が悩むのと同様、親も悩む。
この歳になって何となく分かってきたような気がします。
身内だからついつい言わなくても良いことを言ってしまうんですよね・・・。
時には、言いたいことをこらえてじっと見守るということも必要なのかも知れませんね。
 
子供は思ったより弱くない。大人は、思ったより強くない。
 
お久しぶりです。
私はRiecocoさんの素直さに感動しています。こんなに自分の気持ちに素直に向き合えて、素直にテツさんに伝えられて、ブログにもしっかり綴ることができる。これはとりもなおさずRiecocoさんが真剣に子育てや人生に向き合っているってことだよね。
スゴイです!
完璧な人なんてホントはいなくって、だれも悩みながらひとつずつ乗り越えて生きていくんだろうけど、そのことを実感しながら生きられることこそが、素晴らしいなァと思います。
Riecocoさんは、ステキなお母さんだし、うーたくんにとっても素晴らしい人生の先輩ですョ(*^_^*)
私の心も洗われましたっ!ありがとう。
 
私は、Riecocoの「わが子を傷つける何かがあるならば~」から読んでて、泣けてしまったよ(ノω・。) 私も同じような経験があります。外の世界からはいくらでも身を呈して守ってやる覚悟はあるのに、自分自身が子どもを傷つけていることがあります。
Riecocoの気持ち、すごく良く分かるよ。私もすごく落ち込んだ。
母親もそうやって少しずつ成長していくんだろうね。
情けないって言ったら、私も同じ^^;
 
全然弱い母親じゃないってばぁぁぁ。
子供のことを思って心配もするし小言も言うてしまうものよ。
あー、あたしも反省しまくりだけどのぅw
オコが中学のときはレギュラー争いが凄かったんだけどさ、
高校に入ると楽しんで部活やってるみたい^^それでいいと思ってるよ。
多分、小中学のほうが親のほうが熱心になってしまうかもしれんね^^;
 
長女が中3のとき、最後の中総体出場をめざして故障しがちだった膝の手術をしました。もう中総体まで時間がない中での手術。3年生ながら、リハビリを兼ねて球拾いを続けました。結局、中総体での長女の出番はなし。なぜ2年生ばかり出すの?2年生よりもずっとうちの娘の方がうまいのに。なぜ、最後の大会に出してくれないの?あんなに頑張ったのに報われない努力があっていいの?こんな気持ちになる自分を抑えることが出来ませんでした。娘はというと、すがすがしい笑顔。自分の器の小ささに苦しみました。まだ、そのときの気持ち引きずってます。
 
 涙が出て止まりません・・・「子は親の鏡」でなくてRiecocoの文を読んで・・・ものすごくわかるし ものすごくアタシです・・・王子はアタシにすごく似てて アタシは自分に自信がなくて アタシのようにはなって欲しくなくて・・・・・・
顔がぐちゃぐちゃで 画面が見られないから 出直してこよう・・・・・・
 
自分は、親ではないので、親の視点から意見はなにもいえないけど、ブログを通じて感じる事は、りえさん一家の絆の強さと、りえさんが子供二人に対する愛情をとっても強く感じます!ホントに!だから、そんなに悲観的にならないでね^^
テツさんという素晴らしい大黒柱がいるんだから、大丈夫!
俺は、学生時代野球部の補欠でした。補欠でも、ベンチでいっしょに戦っているんだよね!これは、きれい事抜きにホントの話。だから、うーたくんも惨めだな~なんて思ってサッカーをしているわけじゃないよ^^レギュラーだけが全てじゃない。
元補欠からの一言でした^^
 
言葉にしてしまって後悔することは俺にもあります><でも後悔したことも相手に言えればまたかわってくるんじゃない?相手も嬉しいとおもうよ^^
 
チッチもお母さんなので、同じようなことで反省することしょっちゅう・・・
子供って親の気持ちを押しつけちゃいけないんだなって
そう思っても、なかなか治らなくて。。。(;´ω⊂)シクシク
子育てしてるけど、実は育っているのはチッチの中身かな
なんて思うことがある 今日この頃です。
旦那さんのアドバイスが~ いいっ(*´ェ`*)ポッ
 
まさしく二男がそうです。スタンドオフのポジションは監督が決めたこと。理由は適しているのでなく、あの時点でそのポジションは控えを必要としていなかったから。そして今年ラグビー経験者の1年生が入ってきて、二男のポジションは危うくなった。今現在、公式戦に出ていない2年生は二男だけ。そのことが一番辛いのは二男なんだよね。親としてはグランドで活躍する子どもは見たいけれど、今は、最後まで縁の下の力持ちで終わろうと、一生懸命頑張っている子を見守るだけ。
サッカーよりラグビーが好きなのはキーパーがいるかいないかってのもあるんだ。キーパーがナイスキャッチでゴールを守る醍醐味もあるけれど守りきれなくたってキーパーが悪いんじゃないじゃん!!って思っちゃうの^^;
 
私もこの文章は小学校でも中学でも貰って読んだけど
こういうのって読んだ時の精神状態で随分受け取り方が変わるよね
私も理恵サンと同じような思いは何度もしてきたなぁ。。。
何をやるにしても1番とかレギュラーとか、全員がなれるわけはないんだよね
だけど自分の子供にはソレを期待しちゃったり、期待はしなくても子供がレギュラーじゃないと嫌だろうと勝手に思っちゃったり。。。
いろんな立場があって それぞれの頑張りがあって・・・
そういう事を経験して学ぶものって大きいんだよね^^
子育てって本当に難しいけど 子供と一緒に母親も育って行くもんだと思うよ
 
うんうん、この言葉、有名だから子育てしたことのある人なら、どこかで聞いたことがあるって人は多いですよね。わたしも読んだ時にはドキリとしました。でも、日常生活を送っているうちに、いつの間にか頭の中から消えてしまっているんですよね。毎日色々なことがあって、ついつい忘れてしまっているんですよね。でも、何か思い出すきっかけがあれば、はっとして、子どもに広い心で接するようにしよう、励ましてあげようって思うんですよね。でもまたすぐ忘れちゃうし、この言葉を覚えていたとしても、ついつい声を荒げて叱ってしまうことも多いし、なかなか上手く実践できないのだけれど、それでもそういうことを繰り返しているうちに、少しずつ変わっていけたらいいな、なんて思っています。
 
強く見えても、本当は弱い部分を必ず持っているのが母親だと思います。強くならなくちゃいけないとは思いつつも、心配で、怖くて、悲しくて、悔しくて、そんな気持ちは誰にもあるはず。もちろん私も!Rieさんが、こうしてきちんとご主人と話をして、うーた君とRieさん自信を冷静に考えていること、それが出来ているんだもの、素敵なお母さんだと思います^^
ドロシーのこの言葉、「子供が育つ魔法の言葉」は評判になった時、私も本を買って手元に置いて何回も読んだのに、今日Rieさんのところで読むまで、忘れていました。。。私こそ色んな育児書養育書を読んでいるのに頭では分かっていても時間が経つと忘れてしまって子供にきつい事を言ってしまい、反省する事の繰り返し。。情けないです。。。友達はもちろんのこと、兄弟姉妹でも違う性格なんだもの、いろいろあるはずですよね。金子みすゞの詩のように「みんなちがってみんないい」んだものね^^
Rieさんにこうしてまた、子供の事を自分の事を考えるきっかけをもらったこと、感謝します~☆
 
私も理恵さんのようになってしまうことが前は多々ありました。
うちの子はどちらかというと運動神経がいいほうではない。
野球に入ってるけど、近所の子(1つ年下)のほうがセンスがあって上手。
でも、息子はいつもグローブとボールを持って楽しそうにしている。
そう、息子を野球に入れたのは将来、草野球なんかに仲間が誘ってくれて、その時にみんなで仲良くワイワイ楽しめたらいいじゃないか!ちょっとした特技を身につけてほしかったからじゃない!って。よその子と比べたらいけないって。息子は息子!!
息子のコトを見守ってあげようって思えるようになったから、もうマイナスには考えないようになりましたよ。
私も偉そうなことは言えませんが、子育てしてるといろんなコトがあります。
子どもと一緒に成長していきましょうよ(≧ω≦)b
お互い頑張りましょう!!
長文のコメ、失礼しました。
 
何がむいてるかは、本人が嗅ぎ分けて身につけていくもんやからなあ。
親の理解が低いと会話はなくなるってのは、俺の考え。
やっぱ、押し付けより巧く会話することが一番やと思いますよ
 
私もいつも思ってます。息子は運動神経が良くないから、色々なことをやっても、大変だし、可愛そうな思いをする。
中学に入って、テニス部に入るといった時も、吹奏楽の方がいいんじゃないの?とか、剣道部のほうか・・・・とか。
テニス部に入った時も1年生だけでも24人いるから、絶対レギュラーになれないよ・・・いいの?っていったら、3年間走りこみだけでもいいって・・・息子。
私も息子を人と比べて、自分がつらい思いするのが、嫌だったんだよね。
本当に自分が、嫌になるわ。

« »

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(53歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
訪問ありがとう
最近観た映画
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login