FC2ブログ

母の頭の大半を占める父の食事

2/10(日)

母を自宅に連れてきた夜は眠れなかった。
夫テツは単身赴任先に戻ることはなく一緒に自宅にいてくれた。
「一人にしやんといて。」とあたしが泣いてお願いしたのをきいてくれた。

母は混乱しているのもあったが、ずっとずっと父の食事の話しばかりしていた。
あたしがまだあの家で暮らしていた子供時代からずっと父はとにかくわがままで怖い人だった。
気に入らないことがあると口もきかず、とりわけ食事が面倒で、好き嫌いが激しく、母の作ったものに箸もつけないことは度々だった。
あたしが24歳で結婚しあの家を出て、子供たちが産まれ、
孫はかすがいじゃないけど、息子たちを連れて実家にたまに帰ると、「孫」という共通因子を利用し
まだ二人の関係はましだったかもしれない。
でも、根本、夫婦関係が壊れているのはもとに戻ることはなく、
年を取ってますます気難しくなり、母は父の食事に何を作ったらいいのかわからなくなり、
食事も別の部屋でそれぞれ済ますようになり、家庭内別居状態になった。

「もう俺の食事は作らなくてもいい。自分で買ってくるから。」
そう父に言われて、「楽になったわ~。それでいいねん。」 と母が言っていたのは何年前だったかなぁ・・・
そうすれば?それでいいやん。とあたしも思っていた。 別れれば?と何回も提案したが、昔の人って体裁を気にして結局できないのよね。

その父が足が不自由になって、食事を買いに行くのがちょっと不便になった。
放っとけばいいのに、やっぱりできないのが夫婦なんだろうか。 母はまた父の食事を用意することになり、
父が何なら食べるのか、毎日、毎日悩みながら過ごすことになった。
どうして?? バカじゃないの?? 
作っても文句ばかり言って食べない父を、どうして気にするの??

その後、認知症を発症した母は、父の食べそうな物をあれやこれや大量に買ってきては冷蔵庫を溢れさせ、
それでも父に何を言われても、用意できるように備えていたんだろうと思う。

なんて哀れ。何て悲しい。

「もう父の事は気にしなくてもいいねんよ。もうあの家に帰らなくてもいい。」
そう何度も母に言うが、「お父さん、どうするんよ。 あたししかお父さんの面倒をみれる人いないやん。」と言う。
「お父さんと暮らすのはもうしんどいやろ? もう終わりにしよ。」 
「じゃー、あたしはどこで暮らすの?」 
「お母さん、老人ホームに行き。 見つかるまでここにおったらいい。もうお父さんと暮らすのは無理やねん。」

父と二人でいたって、父は母をみてくれない。服薬だってちゃんと出来てない。
一人での外出が曖昧になってきているのに、「もう知らん。」という父のもとへは帰せない。
母の身を守るのが最優先。

「老人ホームって・・・・。嫌!嫌!嫌!絶対、嫌!!! 
 なんでお父さんとの暮らしが無理やって言うの? やってみやなわからんやん。 
 お父さんに頼んでみる。 二人で協力してやってみる!!」 

今までさんざんやってきた結果がこれやから言うてるねん。
何時間、母に同じ話を繰り返しただろう。 疲れてくる。
で、あたしは最大のカケに出た。

「お父さんも老人ホームに入るねん。」 あたしがついた一か八かの嘘だった。

obaacyan02.gif 理恵 2019.2.10
スポンサーサイト

テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

母を引き取る

2/9(土)

いつかこんな日が来るんだろうなぁ~とちょっとだけ遠い未来を漠然と考えていた。
いつか両親が二人で暮らせなくなって、その生活に限界が来て、老人ホームに入るんだろうなぁ~って。
それが突然に現実になってあたしの目の前にやってきた。
そして、瞬時にあたしは思った。あーここが限界。The end。  

父が足が不自由になって、母が認知症だってわかった去年の3月。
実際はもっと前からじわじわと彼らの身体を蝕んでいたんだろうけど、ヤバイ!って気づいたのはその時だった。
遅かったのかもしれないけれど、あたしはやれる事、思いつくことすべてやってきたつもり。
なんとか、二人であの実家で暮らせるぎりぎりまで粘ろうと。

そりゃ、希望はなかった。夫婦関係がもうとっくに壊れてしまっている二人が、お互いの欠けてきている部分を補って思いあって協力し合って生きていってくれるなんて、微塵も期待してはいなかったけれど、
それでも50年あまり連れ添った夫婦の間には、何かしらあたしにはわかりえない絆??みたいなものがあるのではなかろうかとか・・・。
でも、やっぱダメだった。
母が、去年の秋からお出かけ先で自分の行動意識が曖昧になってパニックになることがあった。
一人での外出は危ういのではないだろうかと、父に一緒について行ってあげてほしいと頼んだ。
そう頼みながら、やってくれる訳がない! 口さえきかない二人が一緒に出掛けるなんてありえない。
それでも、母の状態をみれば、少しは心配してくれるのではないだろうかと、一縷の望みをかけて父に頼んできたけど
全く一度も、たった1回でさえ、父は母をみてくれなかった。

朝・夕の服薬もうまくいってなかった。 去年は父が、母がいつもいるキッチンの机の上に薬を置いてくれ、
それを母が飲んだのを目で確認してるなんて父は言ってたけど、最近は、机の上に母が飲み忘れている薬が山盛りにたまっていた。
父を責めたら、 「もう知らん!」と。
なので、あたしが仕事の合間に実家へ行き、薬を飲ませ、ホワイトボードに、
「一人ででかけないで。一緒に行こうね。4時ごろ来ます。」と書いて置いてくる。
でも、ダメだった。母は読んでも忘れ、一人で出かけてはあやふやになって、そんな事を繰り返すと、当然、地域に迷惑をかけるようになった。
家族は何をやっているんだ!! ちゃんとみてくれないと困る!!
口に出しては誰も言わない。 ましてやありがたいことに理解を示し、苦労をねぎらってくれる言葉さえ頂いたりした。
でも、「仏の顔も三度まで」
またか・・・・と思われる前に手を打たないといけない。
それは、母に24時間付き添いがいるということ。

そもそもあたしが甘かった。 父に母をみてくれって願ったことがバカだった。
83歳の足の不自由な老人に、認知症の老人の介護なんて荷が重すぎた。
あーここが限界。The end。
この日で、長年の夫婦の暮らしに終止符を打たせて、あたしは母を引き取る決心をした。

obaacyan02.gif 理恵 2019.2.9
テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

身の回りの事がなおざり

2/8(金)

認知症になると自分の身の回りの事がなおざりになる。

失ってしまった銀行の通帳を再発行するため、母を連れて銀行に行った時のこと。
書類に母の署名がいるので、お名前をここに、、と言われペンを持つも、母、あれ?あれ?と目をこすりながら、
「ぼーっとして見えへんから書けへん」と言う。
へ?嘘でしょ。

びっくりする事に字が書けないレベルまで目が見えてないのだ。怖すぎるっ!!
よくそんな状態で自転車に乗り生活していたもんだ…と驚くやら呆れるやら。

「大丈夫、大丈夫。」とグタグタ言う母を無理やり眼科に連れて行き治療。
6年前にやった白内障手術から数年後に現れる、後発白内障なんだそうだ。
外来で簡単にレーザー治療すれば治る。
母も数分の処置で1.0まで回復。

しかし、、、6年前には自分で白内障の手術をしていたんだと知って、そんな元気だったのねーと切なくなった。
その後、認知症を発症すると自分がこんなに不便な状態にあるのに放ったらかしになるのねー。
いろんな事が億劫になるし注意を向けなくなる。そしてだんだんこんな風に身の回りから崩れていく。悲しいね。

b-gaaan.gif 理恵 2019.2.8

通帳無くしてくれたことが逆に幸い
テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

嫌々行ったデイサービス

1/29(火)

すったもんだのデイサービス拒否から1週間。 今日はデイの日。
朝、実家へ行き 「おはよう!デイの準備出来てるぅ??」 と何事もなかったように明るく言ってみた。
先週のデイ体験の日は薄く化粧していたのに、まったく今日はしていないし、髪もボサボサ・・・
干す前の洗濯物をパンパンしながら、ブツブツ・・・ 
「あー、何も用意してない。 そうやって時間に追われるのが嫌やねん。」と母。
イラッ!ときたけど、ケアマネさんに 「さぁーーっと受け流しましょうねー。」 って言われているので、
全く取り合わず、「準備しないと!! 洗濯物、あたしが干してあげるよ。」 って言うと、
「そんなんええ。 デイでお手伝いって何するん? あっ、、、あ、、痛い痛い! 腕が上がらん。お手伝いなんか出来ひんわ。」
はぁ・・・・・・ どないかして行かんとこうと、こういうとこは知恵が回るのね~

デイに持って行くスリッパも一緒に買ったのに見当たらない。
いつも何かが無くなっている。 いったいどこにしまってしまうのか。 
そしていつも何かを探している。 会うたびに鞄が違うし、会うたびに財布も違う・・・謎だ・・・。
デイの鞄はこれだよ!って決めたのに。 母は忘れてしまう。

バタバタ準備をしていたら、デイサービスのお迎えが来て、元気なスタッフさんが
「おはよう! 行きましょう!!」 と。
「行きたくない・・・。 」 とブツブツ言う母をうまく促し車に乗せて行ってくださった。 ありがたやぁ~~ 

はぁ・・・・・。 やれやれ。
母がデイに行っている間、父の愚痴を聞きながら、冷蔵庫の整理をする。
勝手に触ったのがあからさまにばれると母が怒りかねないので、わからないようにこっそりと。
それでも、冷蔵庫はとんでもない状態になっているのだ。 
スーパー1軒分がまるでそこに入っているかのごとく、ぎっしり詰まりに詰まった冷蔵庫・・・・

冷蔵庫に何があるのか覚えていないので、また同じものを買ってきてしまう。
老夫婦二人の生活でそんなに買い物に行かなくてもいいよ、、って何度も母に言ったけど、
50年近くしてきた主婦という習性が抜けきれないんだろう。 
父のご飯を自分がしないといけないという責任感。
それに加え、無趣味であるから一日の時間がつぶせない。 買い物に出かけるしかやることがない。

冷蔵庫のポケットを洗って、一つ一つ賞味期限を確認しながらごみ袋に入れて、あたしはそれを持ち帰る。
母の目に触れないように。
本当は一気にごそっ!!っと捨ててきれいにしたい。でも、それで怒りを買うと、デイサービスに行かす計画も頓挫。
そのうえ、母とあたしの関係がこじれるともう全てが台無しになってしまう。
こんな捨てなきゃならないほど食品を買ってもったいない。 この無駄なお金を介護サービスに使ってほしいのだ。
焦る気持ちはあるけど、ちょっとずつ、、ちょっとずつ・・・。

夕方4時半、デイサービスから母が帰ってきた。 どう?どうだった?なんて言う??
「あーーー楽しかったぁ!! ありがとうございました!! 」と母。
「3月、お母さん誕生日会もしてもらえるねんて! 春にはお花見もするねんて!!」 とにこにこ。

はぁ・・・・・。 そっかそっか。それはよござんした!
嫌や、言うたり、楽しい、言うたり。 これが認知症なのか!!??
母の反応に一喜一憂してたら、こっちがやられるわっ。 とりあえず週1回は絶対行ってもらいます!!

obaacyan03.gif 理恵 2019.1.29

それでも母が笑っているとうれしい

テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

デイサービス拒否

1/24(木)

火曜日に行ったデイサービスの体験。 「楽しかったぁ~、私、行くよ!」と言ってた母がまさかの急展開!
朝、電話をかけてきて、いきなり、 「デイサービス、行かへんからっ!!」と。
「あんな年寄りばかりのところで、ずっと座ったまんまで・・・退屈や。 なんであんなとこ行かなあかんの!!」
全く取り付く島もない・・・なんとかデイサービスに行かなくて済むように、あーだこーだとまくしたてる母。

母が認知症だとわかってから10か月。いや、実際はもっと前から侵されていたんだろう。
なんとかちょっとでも症状が進むのを緩やかにしたくて
あたしなりに思いつくこと、出来ることは色々手を尽くしてきた。
それでも、認知症は待ってくれなく、徐々に進んでいく。
まずはデイサービスから始めてもらおうと、準備をすすめてきて、やっと体験まできて。
楽しかった~という母の言葉を信じていただけにそのショックたるや、、、、
いや、デイサービスに行かなくて済むように、あれやこれやしゃべり続ける母の話が支離滅裂だったこと。
それが、もう何て言うか、、、母が崩壊していくような感じで、涙がぽろぽろ溢れて、母との電話の間中、ずっと泣いてた。

ケアマネさんにこの状況を電話したら、
「あ~、そうなんだ・・・理恵さんはどうしたい?」 って。
どうしたい?ってデイサービスに行ってほしいに決まってる。でも、もうどうしたらいい??
ケアマネさんはとりあえず、3時からの担当者会議を予定通り行いましょう。そこでお母さんの話を聞きましょう。って言った。

3時、実家に、ケアマネさん、デイサービス事業所の方、介護者のあたし、そして母。
担当者会議スタート。
ケアマネさんが、まず、「お母さん、デイサービスの体験、どうでしたか?」と、何も知らないていで母に聞く。
すると、母、 「ん~~、、、」とあたしの顔を見る。 あたしに気持ちを代弁してほしいんだ。 知るかよ!
黙っていると、 「えぇ、、、楽しかったですけどぉ・・・」 と。 
はぁ??? また出た! 外面の良さ。
ケアマネさんが 「そう、それはよかった! お母さん、また行きたい??」 
またあたしの顔を見る母。 だから~~知らんて!! 自分で言うたら? 朝、電話であたしに言ったように!!
「そうやねぇ・・・ええとこ見つけてくれたなぁと思います。家にいててもしゃーないしねぇ。」
はぁ???? また急展開!!
てか、何がほんまなん!? 外面の良さ振りまいてまた覆すのもうやめて。
堪えていた怒りと情けない気持ちがまたあふれて涙がぽろぽろ止まらん・・・。

結局、週1から、お手伝いも含めてデイサービスに行くことになった。
それでもまた嫌って言うにきまってる。
でも、ケアマネさんがあたしに言ってくれた。
「これはもうあるあるなんですよ。 お迎えの車が来ても乗らない!行きたくないとかしょっちゅうです。
でも、本当に嫌だったら、今こうして家にあたし達をあげたりしないでしょう? もう帰ってください!!ってなるじゃないですか。
それをしないってことは、お母さんはデイサービスに片足は出てると考えましょう。
今、ここでやめてしまうと、もう絶対デイサービスには行けないです。 ここは、もう行って頂きましょう!!
お母さん、社交的な人やから、行ったら行ったむきやと思います。
そして、理恵さん、ご家族の方には、お母さんのあのころころ変わる態度は堪えると思いますけど、慣れていきましょう!
慣れるしかないんです。 これからこんな事、いっぱいあります。 どーんと構えていきましょう!!」 と。

あー、、、一人じゃない。 あたし、一人で抱え込まなくてもいいんだ。
介護のプロの方たちは神だ!! ありがとうございます。

obaacyan02.gif 理恵 2019.1.24

泣きすぎで目の下がパンパン。 youtubeで 「目の下の腫れをなくすマッサージ」っていう動画見たっつーの
テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

« »

02 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(52歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ(大4♂)
うーた(大2♂)

日常のツボをびみょーなイラストを描いてぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
訪問ありがとう
最近観た映画
リンク
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login