FC2ブログ

オレンジ色通信

ふつーの50代主婦の今日のツボ

 

遺影の処分

Edit Category 介護 > 親家片
9/14(土)

実家を売りに出した。 
家の前に不動産屋さんののぼりが立っているのを見ると、なんだか自分の育った家でないみたい。
とにかく、早急に家の中を片づけないと・・・・
母がホームに入所してから約半年。ちょっとずつ片づけてきたけど、はぁーー、もう物の多さに辟易 

今日、さっそく2組の方が見学に来られると聞いて、少々焦り・・・
気になるのは、アレだよ。アレ・・・・
居間の長押の上に飾ってある、、、、遺影・・・ 祖父、祖母、叔母。

無題

これさ~、見学に行った家にあったら嫌でしょぉ~~??
ぎょっ・・・と思わん? 思うでしょ。
で、、、、どうしたもんか・・・とこないだからずっと考えていたんやけど。

仏壇を自分の老人ホームの部屋に持って行った父に、 「いる?」って聞いてみたら、
「・・・・・小さくして。」 と。
なるほど。 名案!! で、、、「原画は? いる?」 これが一番難題。
「・・・・焼いて。」 

焼くーーーー!!
いやいやいや。 簡単に言うけどさ、 どこで?って話よ。
焼いたらなんだか供養したような気になるかもしれんけど、焼くってそういう場所ないやん!
庭に一斗缶があるとか、、、田んぼや畑持ってて、外で焼ける場所があるとか、そういう人ならまだしも、
我が家、もしくは実家のどこで焼け、、と?
恋人の写真を灰皿で焼くように?? いやいや、、大きすぎるわ!! 

とりあえず、色々、突っ込みながらも、長押から遺影を下し、額縁から外すと、
なーんだ、、写真は写真。遺影であってもただの写真やん。って思えてきて、なぁーーんにも気にならなくなった。

明日、写真を小さくして、写真立てに入れて父のホームの部屋に飾ろう。
で、、、原画は燃えるごみの日に捨てます(笑)

55b0887a.png 理恵 2019.9.14

賛否両論あるかもやけど、形ではなく心の中で覚えていればいいと思う
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

実家売却への道

Edit Category 介護 > 親家片
9/7(土)

主がいなくなって一か月が過ぎ、とうとう動きます。
実家売却への道 
母がグループホームに入所した今年の2月からこの日のためにせっせ、せっせと家を片づけてきた。
予想外に父が早く老人ホームに入居したもんやからまだまだ残ってはいるけれど。
もう、父も母もこの家に戻ることはない。
二人とも売却には賛成しているし、納得もしている。
なら、いっそ、失くしてしまいたい。 あたしにとってあんまりいい思い出もないこの家なんて。

とりあえず、不動産販売店へ。
この地域の坪単価からだいたいの相場を出してみて、売りに出してみることにした。
あたしが小学校6年生の時に両親が買った家。
初めての2階建て。 水洗トイレ。うれしかったなぁ・・・
いい思い出もないとはいえ、そりゃちょっとはあるよ。 家を一人で片づけていると、めっちゃ懐かしいものが出てきて、
えー、こんなもの、お母さん、捨てずに取ってるのん? 何のためよ~~
と、笑えてくるようなものが見つかる。
その反面、母が認知症になってホームに入る直前のお買い物メモを見つけた時は、思わず涙が出そうになった。
レシートの裏に、忘れないように買わなきゃいけないものが書いてある。
お母さん、頑張ってたんやな・・・・。 

不動産屋さんと父とあたし達夫婦で契約を交わした時、担当者の方から、
「あの駐車場のマスは何ですかねぇ・・・」 とか、その他いろいろ家の事について質問を父にされていたけど、
「さぁ・・・・・わからん。」と答える父。
そして、ぼそっと、 「よっぽど、家のこと、何にもしてなかったんやな。俺は・・・」 と父が言った。
そうや、そうやで。 何にも・・・。 家庭的なことは何一つ。
なのに、いつも 「俺の家から出ていけっ!!」って母を怒鳴っていたよね。 俺の家って言うならばもっと家に関心持ってもよかったんやない??

まっ・・・今となってはもうどうでもいい。
とにかく早く家を片づけないと。 
41年暮らしたこの家の物の多さに・・・・・おぉ~~たぎるぜ~!!

IMG_1705.jpg

obaacyan02.gif 理恵 2019.9.7

電子レンジは4500円で売りました。ラッキー
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

やるせないメール

Edit Category 介護 > 実母の介護
8/17(土)

父がきのう退院した。
自己導尿の管とともに。
次の診察日までに、自分で排尿した量と、自己導尿して出した量を紙に書いて記録していかねばならない。

ホームに戻ると看護師さんがそれを引き継いでくれて、1日3回、父の尿量を確認してくれる。
・・・・はずが!!
父が、勝手に尿をトイレに出してしまってちゃんとした尿量が測れないとのこと。
退院した次の日、ホームの父の様子を見に行くと、もぉーーーー怒り狂っている・・・。
「どいつもこいつも、おしっこの話しばかりしやがって!!」と。
仕方ないやん。そういう病気になってしもたんやから・・・・。
「医者が、導尿をちゃんと出来ているか見に来るねんてよ!! 」 と文句たらたら。

「来週からサロンで他の人と一緒にご飯食べてくださいって言われたけど、もうそれもいらん。」と。
で、あたしが、「わがまま言わんとって!」って言ったら
「言うてへんがなっ!!!」 と、鬼の形相で怒鳴ってきたから
あたしも 「あたしに怒鳴らんといてっ!!」 とブチ切れてしまった。

その日は、ものの5分くらいで父のホームを後にした。
わかってる。この短期間のうちに、父も入退院を繰り返し、老人ホームに入り、手術もし、それでもおしっこがうまく出せない。
苛立ちと不安でいっぱいなんだろうけど、、、わかってるねんけど、、、、
父への憎しみと弱りゆく父の姿とを相殺し、ちゃんと介護できるって思ってはいるけれど、もー、、、、腹が立つねん。

入院中も、ご飯がマズイとか、看護師の態度がどうとか、医者の説明がどうとか、とにかく文句ばかりを聞かされて、もう、うんざりやねん。・・・・・疲れる。 心の中に泥水がたまる気がする。

そんな最低な気持ちでいたら、母から5月ぶりにメールが来た。
もしかして、父が前立腺の手術をするって母に話したから、心配してメールくれたん??って思って読んだら、


いつでもいいのでサロンエプロを買って来てほしいです。カラーは黒の無地 かわいく赤いトリミングでも入っているようなシンプルモダンなデザインがいいかな
プレゼント用なのでラッピングしてほしいです。代金は通帳から出してください。
急がないのでプレゼント用にお願いします
 (原文そのまま)

・・・・・・・・・・・・・・・( ノД`)
なんだ・・・。そっか。

母、ホームにすごく仲良しのスタッフさんがいて、こないだのココナッツサブレもきっとその人と食べたいんだろうな。
このエプロンもその人にプレゼントしたいんやな。
先週会いに行った時に、帰りがけに、スタッフさんと 「一番の仲良し~♪」って抱き合ってたのを見た。

20170202161228.jpg

母、ほんまにホームに慣れてよかったなぁ・・・・。
でも、今日だけは少し寂しかったな。 こんな父に振り回されてしんどい思いしてるのを、一言もねぎらってくれない。
認知症になる前の母やったら、 「ごめんやで。あんたにばっかり迷惑かけて。」 って絶対に言ってくれる。
しゃーない。しゃーないってわかっているけど、やるせない気持ちでいっぱいになった。

obaacyan02.gif 理恵 2019.8.17

お母さん、しんどいよぉ~
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

父の前立腺肥大手術

Edit Category 介護 > 実父の介護
8/8(木)

老人ホームに入って2週間たたずしてまた父は入院した。
今度はちゃんと計画入院。 状態が悪くなって救急車で運んだわけではない。
6月、7月と腎不全、腎盂腎炎を起こし、急性期病院で入院していたのとは違って、今回は老人ホームから近い病院で前立腺肥大の手術を受けた。
結局、尿道カテーテルを抜去してもおしっこがうまく出せなかったのだ。

手術は腰から下の局部麻酔下で。
今まで病院と名のつくところに怖くて全く行ってなかった父にとって、意識のある中、精神的に手術に耐えられるんだろうか・・・
また、こないだみたいにせん妄が起きて、病院で暴れたくるんちゃうの??
看護師さんに、全身麻酔でとお願いしてみたが、やはり高齢だし身体にかかる負担を考えれば局部で。
ということになった。

そのあたしの心配をよそに、当の本人は意外にも大丈夫だったようだ。
手術室からストレッチャーに横たわって運ばれてきた父に
「よく頑張ったな。」 って声をかけたら 「腰椎麻酔はちくっと痛かったけど、そのあとはずっと寝てたんや・・・・」 と。
へぇ~・・・・。 よかった、よかった。

その晩は、別にせん妄も起こらず落ち着いていたので、あたしは自宅へ帰ってこれた。

術後、3日目くらいにカテーテルを抜いて、おしっこが出るか試してみたけど、
今のところ、膀胱に溜まっているおしっこが出るには出るが、残尿があるらしい。
それを改善するには時間がかかるらしいが、1日でも早く退院したい父は、自己導尿で、おしっこの際に自分でナニの先に管を入れておしっこを出すというのをtryしてみるって。
手術したからすぐに改善というわけにはいかんのねぇ。
可哀想に。

まー、退院したら以前のように一人ぼっちの自宅に帰るわけではないし、
老人ホームには常駐の看護師さんもいらっしゃるし安心。
自己導尿のやり方がわからなくなっても、前みたいに何回も父に呼び出されるということはないだろう。
それだけでもあたしは気持ちが安らぐ。

思えば、、、、あの厳格な父がよくぞ老人ホーム入居を決意したな~と思う。
自分の衣類すべてに、あたしにカタカナで名前を書かれ、父が最も苦手な共同生活。
よく決心したな~と。 
腎臓を悪くして、家で一人で居て、幽霊が見えるだの、、、家の中に犬がいるだの、、、
幻覚をみるようになって、あげく素っ裸で倒れて救急車・・・。 よほど怖かったんだろうな。

あたしは子供の頃から父が嫌いで、きっとこの人死んでも涙のひとつも出ないわ、って思ってきた。
思い出したくもない思い出がいっぱいあるけれど、
父の老い弱っていく姿と、自分の中で相殺しながら、あたしはおそらく最後までちゃんと介護できそうな気がする。

senior01_z_12.png 理恵 2019.8.8
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

MRSAの受難

Edit Category 介護 > 実父の介護
7/29(月)

父、無事入居した。・・・・・がっ!!
入居の際に受けた健康診断の項目で、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が痰から少し検出されてしまいまして。
おそらく入院中に感染したのかと思われるが、ホームの部屋から出てはいけないという状態に初日からなってしまった。
あたし達が父の部屋に訪問するときには必ずマスクをつけないといけなくなり、
父が部屋から出るときにももちろんのこと、マスク着用。
通常、この菌は、あたし達、健康体には大丈夫なんだけど、なにぶん、高齢者の共同生活。
もしも感染が広がって重篤な状態になったら大変!!
父の場合、痰から少し検出されたとはいえ、熱も何も症状が出てないもんやから、マスクをいくらつけろと言っても全くつけようとしない・・・・。
で、部屋から出ようとすると、

masuku.png

と、注意を受けて、ちょっと可哀想な状態・・・・。

食事もみなさんとサロンで一緒にとることもできず、自室で一人で食べるハメに。
まー、人付き合いが苦手な父にとったら幸い、、といったところだろうが、そのままでいいわけない。
早く、みなさんに馴染んでもらわないと・・・。

幸い、入居してからもう一度やった検査でマイナスだったので、マスクなどの制約なしに、普通に外出OKとなりました。
前立腺肥大の手術も8/8に決まって、あとは状態よく手術当日を迎えるだけ。
はー、、、、それにしてもまた入院かよーー。
また、せん妄起きたらどーしよ・・・・先が思いやられる・・・・

senior01_z_12.png 理恵 2019.7.29
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記
 
09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

08 10


 
 
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(52歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
 
訪問ありがとう
 
最近観た映画
 
 
 
 
 
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
 
 
アーカイブ
 

ARCHIVE RSS