FC2ブログ

オレンジ色通信

ふつーの50代主婦の今日のツボ

 

父の前立腺肥大手術

Edit Category 介護 > 実父の介護
8/8(木)

老人ホームに入って2週間たたずしてまた父は入院した。
今度はちゃんと計画入院。 状態が悪くなって救急車で運んだわけではない。
6月、7月と腎不全、腎盂腎炎を起こし、急性期病院で入院していたのとは違って、今回は老人ホームから近い病院で前立腺肥大の手術を受けた。
結局、尿道カテーテルを抜去してもおしっこがうまく出せなかったのだ。

手術は腰から下の局部麻酔下で。
今まで病院と名のつくところに怖くて全く行ってなかった父にとって、意識のある中、精神的に手術に耐えられるんだろうか・・・
また、こないだみたいにせん妄が起きて、病院で暴れたくるんちゃうの??
看護師さんに、全身麻酔でとお願いしてみたが、やはり高齢だし身体にかかる負担を考えれば局部で。
ということになった。

そのあたしの心配をよそに、当の本人は意外にも大丈夫だったようだ。
手術室からストレッチャーに横たわって運ばれてきた父に
「よく頑張ったな。」 って声をかけたら 「腰椎麻酔はちくっと痛かったけど、そのあとはずっと寝てたんや・・・・」 と。
へぇ~・・・・。 よかった、よかった。

その晩は、別にせん妄も起こらず落ち着いていたので、あたしは自宅へ帰ってこれた。

術後、3日目くらいにカテーテルを抜いて、おしっこが出るか試してみたけど、
今のところ、膀胱に溜まっているおしっこが出るには出るが、残尿があるらしい。
それを改善するには時間がかかるらしいが、1日でも早く退院したい父は、自己導尿で、おしっこの際に自分でナニの先に管を入れておしっこを出すというのをtryしてみるって。
手術したからすぐに改善というわけにはいかんのねぇ。
可哀想に。

まー、退院したら以前のように一人ぼっちの自宅に帰るわけではないし、
老人ホームには常駐の看護師さんもいらっしゃるし安心。
自己導尿のやり方がわからなくなっても、前みたいに何回も父に呼び出されるということはないだろう。
それだけでもあたしは気持ちが安らぐ。

思えば、、、、あの厳格な父がよくぞ老人ホーム入居を決意したな~と思う。
自分の衣類すべてに、あたしにカタカナで名前を書かれ、父が最も苦手な共同生活。
よく決心したな~と。 
腎臓を悪くして、家で一人で居て、幽霊が見えるだの、、、家の中に犬がいるだの、、、
幻覚をみるようになって、あげく素っ裸で倒れて救急車・・・。 よほど怖かったんだろうな。

あたしは子供の頃から父が嫌いで、きっとこの人死んでも涙のひとつも出ないわ、って思ってきた。
思い出したくもない思い出がいっぱいあるけれど、
父の老い弱っていく姿と、自分の中で相殺しながら、あたしはおそらく最後までちゃんと介護できそうな気がする。

senior01_z_12.png 理恵 2019.8.8
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

MRSAの受難

Edit Category 介護 > 実父の介護
7/29(月)

父、無事入居した。・・・・・がっ!!
入居の際に受けた健康診断の項目で、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が痰から少し検出されてしまいまして。
おそらく入院中に感染したのかと思われるが、ホームの部屋から出てはいけないという状態に初日からなってしまった。
あたし達が父の部屋に訪問するときには必ずマスクをつけないといけなくなり、
父が部屋から出るときにももちろんのこと、マスク着用。
通常、この菌は、あたし達、健康体には大丈夫なんだけど、なにぶん、高齢者の共同生活。
もしも感染が広がって重篤な状態になったら大変!!
父の場合、痰から少し検出されたとはいえ、熱も何も症状が出てないもんやから、マスクをいくらつけろと言っても全くつけようとしない・・・・。
で、部屋から出ようとすると、

masuku.png

と、注意を受けて、ちょっと可哀想な状態・・・・。

食事もみなさんとサロンで一緒にとることもできず、自室で一人で食べるハメに。
まー、人付き合いが苦手な父にとったら幸い、、といったところだろうが、そのままでいいわけない。
早く、みなさんに馴染んでもらわないと・・・。

幸い、入居してからもう一度やった検査でマイナスだったので、マスクなどの制約なしに、普通に外出OKとなりました。
前立腺肥大の手術も8/8に決まって、あとは状態よく手術当日を迎えるだけ。
はー、、、、それにしてもまた入院かよーー。
また、せん妄起きたらどーしよ・・・・先が思いやられる・・・・

senior01_z_12.png 理恵 2019.7.29
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

夫婦の再会(後)

Edit Category 介護 > 実父の介護
-つづき

母のホームではありがたいことに、お休みのはずのホーム長さんも出勤してくれていて、
リーダーさんと一緒にあたし達を迎えてくれた。
「父です。」 と紹介し中へ入る。
サロンを見渡すと母の姿はなかった。
「部屋ですか?」 と聞くと、 「お風呂に入ったはるよ。」と。
父と夫テツとあたしは、母の部屋で待つことにした。

しばらくすると廊下から、 「さっぱりしたわ~。」と、あれは母の声。
あー、、、ドキドキする。 いったいどんなリアクション取るんやろ。 怖いような、、、。 あっ、来た来た。
部屋に入るなり、まずあたしを見つける母。 「あー、来てくれたん!」 とにこっとする。
次の瞬間、椅子に座っている老人を見つけて、 
「あれ!? お父さん!!!」

母は、父の背中をポンポン叩いて、 「久しぶりやなぁ! 元気やったぁ??」と何度も繰り返した。
父は、ボロボロ泣き出した。
うっ・・・やばい。 もらい泣きする・・・。

「えーー、何泣いてるん?どうしたん??」ととにかく明るい母。(笑)

「俺、入院してたんや。今日、退院してきてな、今から俺も老人ホーム入るんや。」 と父が報告。
「そうなん! よかったやんか~。 ええとこ見つかったんか。 安心や。 理恵ちゃんも安心やろ?
あたしは、ここで暮らしてからすごく元気になったんやで。 だからお父さんも大丈夫や。
きのうも、お父さん、一人でどうしてるかなぁ・・・って思ってたんやで。」 と、わかってるのか、わかってないのか、、、
とにかく超~明るい母。

一方、ボロボロ涙を流す父。その二人の温度差が笑える。

「で、、、どこへ入院するの?」 とあたしに聞く母。
「いや、、、退院してきて、今から老人ホームへ入居するねん。」
しばらくして、また同じ質問をする・・・・悲しい認知症。 でも、いいねん。これでいいねん。

母はちゃんとわかっただろうか。 いや、わかってないのかもしれないなぁ・・・。
でも、こんな時間を持てた事、長年の二人の暮らしのラストシーンがステキな涙で終われた事、
二人を会わせることが出来て本当によかった。 
お疲れ様でした。 お父さん、お母さん。 これからも元気でいてな。

IMG_1670fuufu.jpg

tekondo.gif 理恵 2019.7.27

何十年かぶりのツーショットは最後のツーショット
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

夫婦の再会(前)

Edit Category 介護 > 実父の介護
7/27(土)

いよいよ父の退院の日。と、同時にこのまま直で老人ホームに入居。
朝から台風が紀伊半島直撃で大雨・・・。
なんとか雨の止み間にタイミングを合わせて、父の新しい部屋へ父が今まで使っていた介護ベッドや冷蔵庫、整理ダンスなどを運ぶ。なるべく、父の生活していた雰囲気をそのままにしたい。
父の自宅の部屋。とうとう、この家、主が居なくなってしまった。

IMG_1667.jpg

この前の面接の後、父が 「もうこれで最後やし、あいつに会って自分が老人ホームに入る事を伝えておきたい。」 と言った。
あいつ・・・・母の事だ。
母がグループホームに入所したのが今年の2月。
母の認知症が進行し、ご近所にご迷惑をかけるようになっていた。
家庭内別居の父は、一切、母の面倒を看てくれなかった。
あたしは母を引き取り、仕事を休職し、グループホームを探し母を入所させた。
父にはどこのホームに入所したか、パンフレットは見せたが、実際に父を一度も連れて行ったことはない。
2月のあの日から、父と母は会っていない。

何にもしてくれなかったくせに!! あれほどお願いしても、母の飲み忘れの薬の管理さえしてくれなかったくせに!!
何をいまさら、「会いたい」など・・・・何、言うてんねん!

すごく身勝手な父の発言にムカついたけど、、、、でも、二人は夫婦。 50年以上も。
あたしが物心ついた頃には、もうすでに家庭内別居だった二人の生活。
それでも、離婚せずにここまでいたってことは、子供のあたしにはわからない何か夫婦の間の、、、、夫婦にしかわからない、、、
キモチ、、、、? 思い?? みたいなものがあるんだろうと。
それは、子供のあたしが口をはさむべきとこじゃないような気がする。 いや、反対しちゃいけない気がする。

夫テツとも話し合って、二人を会わそうって決めた。
母のいるグループホーム長さんに、父を初めて連れていくことを連絡。
そのあと、もしも母が不穏になった場合、フォローをお願いした。
ホーム長さんは 「大丈夫やと思いますよ。 お母さん、落ち着いてらっしゃるので。」 と言った。

父の入居先へ向かう途中に、母のグループホームへ立ち寄った。

senior01_z_12.png 理恵 2019.7.27

長くなるのでつづく
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

面接

Edit Category 介護 > 実父の介護
7/25(木)

看護師さんの計らいで外出させてもらい父を介護付き有料老人ホームへ。
さすが有料老人ホームだ。 父の面接に5人のスタッフと、父、あたし、夫テツ、合計8人で面接だ。
金銭面での負担はあるが、尿の管理をしてくれることが最優先。
人と関わることが苦手な父。一人静かに自室で本を読んでいたいという。 唯一の楽しみのお酒も飲みたい。
それならば、別にレクが充実してなくていい。 ホテルのような雰囲気のこういう老人ホームが合っていると思う。

「何かご質問ないですか?」とホームの相談員の方が聞くと、

iitamae (2)

はぁーーーーーー???  何聞いとるねーん
夫テツが、 「お父さん、、、会社の契約ちゃいますよ」とつっこむ。
ほんま、そう。 こーいうとこ! こういう感じの父が嫌い。 堅物で気難しくて扱いづらい。
仕事しかしてこなかったから、こういう話し方しかできない。
そういや、入院中にせん妄が起きた時も、意識障害の中で仕事しとったな・・・。 寂しいな。

ホームの人が誠心誠意、真面目にちゃんと父の質問に答えてくれた。
父は聞いておきながら、細かいところは歳だし理解できなかったのか、、、
「まぁー、、、娘に任すわ。 一生懸命に働いてきた金やからな。 こいつに残してやろうと思ったけれど、こんな病気ばっかりしてしもて、残すこともできんわな。」
と言って、めそめそしだした・・・・。

おいおいっ。しっかりしてくれ。 自分のために使ったらええやんか。
それに、もう独居に戻ることは出来ん。 救急車で運ぶのはもう懲り懲りや。

父は自分の入る部屋を見学し、一旦自宅に帰り、身の回りのものを準備するも、
老人ホーム入居という、身の上に起こった急展開の出来事に、自分がついていけてないのか、
自宅でぼぉーーーーっとしていた。
さっきまでホームで、まるで会社の契約のようにビジネストークしていた父はどこへいった??
大丈夫??? あー、、、心配 入居まであと2日。

senior01_z_12.png 理恵 2019.7.25
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記
 
08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07 09


 
 
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(52歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
 
訪問ありがとう
 
最近観た映画
 
 
 
 
 
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
 
 
アーカイブ
 

ARCHIVE RSS