FC2ブログ

父が夢に

4/1(水)

父が亡くなって半年。 夢に出てきた。これで通算2回目。
結構リアル
夢に出てきた父は、亡くなった時よりも少し若めで、よく着ていたベージュのジャンパーに白のポロシャツ。黒いズボン。
実家とも我が家ともわからない、見たこともない場所を家と設定し、
あたしと父がもめている・・・
あの世から家に帰ってきた父に、
yuureika.png
と・・・・(笑)
遺影を父の前に置いて、あの世へ帰ってくれと何度も説得しようとするが、いーや、いーや、と首を横に振る父・・・
あげく、警察を呼ぶ展開へ (※あくまでも夢の話しです)

男女ペアの警官がやってきて、布団を敷いてふて寝している父を見て、女性警官が
「・・・・・頭、しっかり見えてますね・・・。」 と。 
ここではっきりと父は幽霊確定 (※あくまでも夢の話しです)

男性警官が苦笑いしながら、
「よっぽど家に帰りたかったんでしょう。」 などと情に訴えるような言い方をしてくるが、
いやいや、死んでますからぁああああーー!

ここで、目が覚めて、ふっ(笑)
父の葬儀から3日後にベロベロに酔っぱらってる父の夢を見てから一度も出てきてないのに、半年ぶりのご登場。
3月のお彼岸の日にコロナの影響で寺に永代供養に出せず、
いまだ納骨をしていない。 あたしの家に父の骨を置いたまんま。
それがあたしの頭の片隅で気になっているのかな・・・・ あぁーーー、これもコロナショック

senior01_z_12.png 理恵 2020.4.1
テーマ : 頑張れ自分。    ジャンル : 日記

お彼岸によせて

3/20(金)

お彼岸なので夫テツとあたしの実家のお墓参り。
父が生前、自分の親の墓を建て、自分と母の名前を赤い文字で刻み、死んだときはここに入るつもりだったのだろうけど、
晩年、父がそろそろ終活を考え始めた頃、あたしに
「墓なんて買ってしまって申し訳なかった。お前に墓じまいしてもらわなあかん。」と言った。
どうして買う時にちょっと冷静に考えてくれなかったんだろうと思う。
あたしは一人娘で、もう嫁に行って姓も変わっていたのに。
父が死んで実際、この墓には入れず、父の骨は今、あたしの家にある。
墓に入れたところでいつか墓じまいするのだからまた出さないといけなくなるし、そんなの二度手間。

おじいちゃん、おばあちゃん、叔母が入っている墓に手を合わしながら、
はぁ・・・・・このお墓、どうしたらええんやろうと頭を悩ます。
父も母も、「墓の管理料を払わなければ、いつか無縁さんになって、墓地の管理者が墓石を墓地の隅っこにどかしてくれるから、そーしたらええねん。」
って言ってたけど、あたしはなんだか、そういうのは可哀想な気がするねんなぁ・・・。
よく壊されたお墓の石が無造作に積みあがっているのを見るけど、そこに自分の旧姓があるっていうのを想像すると、ちょっとなぁ・・・・・。

このお彼岸の日に父の本骨を奈良の長谷寺に永代供養に出そうと思っていた。
だけど新型コロナの影響で、母の老人ホームは一切の面会を遮断してるし、叔母も高齢だし、もうちょっと先送りになった。

自宅に父の骨を置いているということを友人に話すと人によっては、
「えぇ~~~!!?? 骨を家に置いてるん?!」
と、驚いた反応をされるが、あたしは何とも思わない。 だって、父だし。

墓も骨も今のところ中途半端・・・ 
まっ、、、、そのうちに。おはぎ、食べよっと

IMG_2496ohagi.jpg

th.jpg 理恵 2020.3.20

墓じまい、安くできる方法ないかな
テーマ : 頑張れ自分。    ジャンル : 日記

蓬莱のちまき

3/13(金)

仕事の関係で毎週末の金曜日に家に帰ってくるショウゴ。
どさーーと荷物の中から、ぽろんと小さな黒っぽい塊を机に出して、
「これ、じーちゃんに。」 
「なに、それ、、、、。 じーちゃんに、、、って、、じーちゃんに?」 って仏壇の方を指さして聞き直すと
「そう。 じーちゃん、好きやったやろ?」 

近寄ってその黒い塊を見ると、551蓬莱のちまきだった。
自分の夕飯に豚まんを買って、そのついでにちまきを買ってくれたんだ。
あー、、、これ、父、大好きやったなぁ・・・・ って思ったら、急に涙がポロポロ・・・

まだ元気だった頃、杖をつきながらも電車に乗って、デパ地下の蓬莱で、
よく食べきれないほどの豚まんとちまきを買ってきてくれた。
母がホームに入って一人暮らしになって、体調を崩していた時も、あたしはこれだったら食べるかも・・・って思い、しょっちゅう買ってきては父に渡していた。

IMG_2455.jpg

お父さん、よかったなぁ。 ショウゴは優しい大人になりました。

senior01_z_12.png 理恵 2020.3.13

皿にくらい置けよ、仏壇にそのままてー。
テーマ : 家族日記    ジャンル : 日記

17年ぶりの再会

2/16(日)

沖縄から親戚がやってくる日がきた。
この前、それでふすまも貼り換えたわけやけど。

朝9時に関空到着。 なんせ会うのは17年ぶり。 はたして顔はわかるのか
こっちは毎年、写真の年賀状を出しているのでわかってもらってはいるけれど。
まー、でも、おっちゃんは足が悪くて杖?もしくは車いす。
その娘のあたしのいとこのご主人さんはベトナム人。
そんな雰囲気の4人組が国内線出口から来たらすぐわかるだろう。
はい、すぐに再会できました~。

おっちゃんはやっぱり数年前に患った脳梗塞の後遺症で車いすだった。
そんな不自由な体で、歳だって81歳。
ほんとによく、よくぞ父に会いに来てくれたなぁ・・・・・。

我が家の父の仏壇の遺影に「元気ですか?」 と話しかけるおっちゃん。(笑)
ホームから母も連れてきて、父の妹の叔母もきて、もう身内はたったこれだけになってしまったけど、
会えて本当によかった。 父も喜んでるに違いない。 きっと泣いてるよ。

P2160002naoki.jpg

父が亡くなったからこうして二度と会うこともないだろうと思っていた親戚と会えたけど、
父が生きていたら、この場にいたらどれほど喜んだろうと思う。
でも、人は生きているうちは、元気なうちは、そのうちに・・・・って思ってなかなか会おうとはしない。
会いたい人には会えるうちに会っておかないとだめなんだ。
父はここにもういないのだから。

senior01_z_12.png 理恵 2020.2.16

お父さん、よかったね。
テーマ : 頑張れ自分。    ジャンル : 日記

父の喪中はがき

11/20

父が亡くなって2か月経った。
亡くなってすぐ、お通夜、お葬式と喪主を務めて、各手続きに追われ忙しくしてきたけど、
四十九日が終わってやれやれやなぁ・・・と感じたのと同時に、
父が居ないことが日々、信じられないような感覚になる・・・。
なんでおらんねんやろ・・・・。どこ行ったんやろ・・・・って、ちょっと説明しにくいけど、本気でそんな事を考えてしまう時がある。
何かふと思いついた時に、 「そや、今日、父に聞こう!」とか思って、
あっ、そっか。おらんねんやった・・・・って思う。
亡くなったすぐの頃はちゃんとしっかり父が亡くなったってわかってたのにな。

父の喪中はがきを作った。
父の大好きな花 白木蓮の柄にした。
父は子供の頃、祖父の仕事の関係で中国に住んでいて、かなりの大きな屋敷に住んでいたらしい。
庭に白木蓮の木がいっぱい植わっていたんや、、、と、よく懐かしんで聞かされた。
戦争が終わって日本に引き揚げてきてからは、貧乏どん底生活。
明日、食べる米もないような・・・。苦労したんやと思う。
だから父は、幼いころの優雅な暮らしがいつまでも忘れられず、その象徴がこの白木蓮の花なんやろうな。
お父さん、喪中はがき けっこうイケてると思うねんけどな。気に入るよな、きっと。
1212233.jpg  理恵 2019.11.20
テーマ : 頑張れ自分。    ジャンル : 日記

« »

04 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(53歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
訪問ありがとう
最近観た映画
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login