シザーウーマン

5/30(日)

家庭菜園は楽しい。
3月の末に買ってきた苗が実をつけだした。
トマト、サニーレタス、スナップエンドウ、イチゴ。
中でも、ちょうどこの季節、イチゴが日に日に赤く色が濃くなり、いつ、食べられるのか、毎朝、プランターを眺めるのが日課になっていた。
それがだ!!
1005301
おわかりだろーか。 ぽっかり穴が空いている。
何が起こったのだ!!食べられているのか!?
犯人はすぐに割れた。 だって、この穴からなめくじがにょぉぉぉ~~んと出てきたからだ!
くっそぉぉぉぉぉおおおおお!!! オマエかっ!

毎日、毎日、まるで我が子を愛しむ想いで育ててきたのだ。
水やりを欠かさず、暇さえあれば眺め、色づき始めた頃はその成長に胸が熱くなり。
なのに、、、なめくじのヤツ!
おのれは、そんなあたしの気持ちを無視して、何さらしとんねん!つーねん。
しかも、白いイチゴには目もくれず、ちょうど食べ頃の赤い実だけを・・・
オマエにとっても食べ頃ってか? んなもん、知らんわっ!
怒りに震えるあたしの中で、そう・・・・アイツが甦った。

シャキーン・・・・シャキーン・・・・
20100529.jpeg シザーウーマン 理恵さん(43歳)

手に持っていたはさみで、なめくじの背中をチョキンとやってやりました。
えぇ、、、えぇ。  it's 残虐 by クロックタワー

image1829682.gif 2010.5.30 理恵

(※注 なめくじからは赤い血は出ません。透明の液がとろっと出ます)
 ↑そんな詳しい説明いりませんでしたか
スポンサーサイト

関連記事
テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

親が思う以上に

5/26(水)

夫テツの癌騒ぎも落ち着き、その中での一大決心、禁煙。
このことは子どもたちにも話しておこうと思い、夫テツが仕事に行っている間に切り出した。
ふだん、父親と接する時間が少ないからか、煙草を辞めていることに気づかないでいたようだ。

のどにできものが出来て、それがもしかしたら癌かもしれないと疑ったこと。
すごく心配したけど、大丈夫だったこと。
そして、あれだけ言うても辞めれなかった煙草を辞めたから、応援してあげてほしいということ。

黙ってあたしの話を聞くふたり。
そして、うーたが、 「なんで今まで言うてくれへんかったん?」 と言った。
一瞬、えっ!?ってびっくりした。
だって、第一、小学生のあんたに相談してどーなんの?って笑いそうになったが、
驚いたのは、子どもから、 相談してくれてもよかったのに・・・みたいな事を言われるとは思ってもみなかったからだ。

いつの間に、こんなしっかりした事を言うようになったんやろ。

そしてショウゴは、
「前から煙草を辞めろ、辞めろって言うても聞かへんかったんはお父さんやん。
 それで今回、病気になって怖い思いしたんも、自分で蒔いた種やんか。
 しっかり落とし前つけてもろたらエエ。」

・・・・・・・・・・・・・・。 これまた、びっくり。
何て言うか、、、一人の人間としての感想というか、
父親のことを、「お父さん」という存在と、合わせて一人の人間として見てるというか・・・
うまく表現出来ないけど、こんな言葉が飛び出すとは予想外だった。


禁煙したと聞かされたあとも、子どもたちは夫テツに禁煙の話を一切しないのがまた驚きだ。
おそらく、 「辞めてんて!? ほんまぁ~??」 などと
茶化すに違いない!って思っていたのに、その事に全く触れようとしない。

はぁ・・・・・恐れ入った!
子どもは親が思ってる以上に大人なんやねー。
いつの間にこんなに成長したんやろ、、、と子どもたちの新たな発見やった。

b-ame.gif 理恵 2010.5.26

精神年齢、抜かれとるがな。あたし
関連記事
テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

絶煙への決意

5/23(日)

夫テツは結婚して18年というもの、たった一度しか寝込んだことがない。
病気とは無縁の人だと思っていたし、本人もそう思っていただろう。
でも、確実に年は取って、年々昔のようにはいかないと感じることも増えつつある。
そうであっても、この人だけは健康であり続けるんだろうと勝手に過信していた。

2月の末、夫テツが急に激しい咳をし出し、
まだなんとなく新型インフルエンザの名残もあったこともあって、
うがいをわりにまめにしていたかな。
夜中にすごく咳き込むこともあって、これはちょっとおかしいなと思い、
病院へ行くように言うが、男の人ってなかなか行こうとしない。
やっとこさ、3月に入って、内科へ。 抗生剤や消炎剤をもらって服用。
いったんは良くなったものの、また咳をぶり返し、4月の初めには声も枯れてきていた。
さすがの夫テツもその調子の悪さを感じ耳鼻咽喉科へ向かったのが4/10。

ただの風邪をこじらせているんだろうと思っていたのに、
夫テツが病院からもらってきたのは、総合病院への紹介状だった・・・。
「白板症の疑いで早急に精検」
白板症は前癌症とも言われ、この先、癌になる可能性がある症状。
あたしは、恐怖で震えた。頭の中が、「もしも、、もしも、、、」 いらぬ事ばかりが繰り返し回った。

とりあえず、子どもたちには何も言わず、もしもの時にちゃんと話をしようと思った。
もし、精検をして悪性だったら、切除してもらったらいい。
早期発見なんだから・・・。
いや、でも、40代で癌なんかになったら、進行も早く、もしかしたら、、、もしかしたら・・・。
これではダメだと、何度も前向きな思考を無理矢理してみようとは思うのだけど、一瞬で打ち消されてしまう。
今現在、癌と闘ってる方にはなんとも失礼な話なのだが、心配しても仕方ない事を心配していた。

紹介状を持って、総合病院へ行ったのが4/12
鼻からファイバースコープを入れて喉の奥を見る。
夫テツの頭の後ろのモニターに映し出される映像が、素人のあたしにもはっきりとわかった。
声帯に何か白いモノがある・・・。
気が遠くなる思いで先生の言葉を待つ。
「あー。これですね。 でも、僕の見立てでは、ちょうど半々。
 良性と悪性の半々。 今すぐ切除といっても声帯やからやっぱり声も変わってしまうし・・・。
 2週間、薬を飲んで様子を診ましょう。」

2週間・・・・。 その間にも進行したらどうなるんだろう。
いや、せっぱ詰まった状態なら2週間なんて悠長なことは言わないだろう。
自問自答しながらあたしはポロポロ涙がこぼれた。

そして、、、、夫テツは煙草をやめた。
高校生の時から吸っていてかれこれ25年強。 一度もやめようと思ったこともなく、
子どもたちから辞めるよう言われても頑として 「一生吸い続ける!」と断言していた。
おそらくそれが夫テツにとっての美学?ポリシーだったのかな、、と、あたしには思える。
その夫テツが見事にスパッ!と煙草を絶った。

いざ、禁煙となるとそれだけでもかなり苦痛なんだろうけど、
プライドの高い夫テツは、あたしが勧めるニコチン置換療法(ガムやパッチ)を真っ向から拒否した。
こんな事を書くと、夫テツは怒るだろうけど、イライラしていたように思う。
キツイ言葉を言われたことも度々あり、些細な事で険悪になった。
心配して言うてるのに、それが重荷になる。 どう接したらいいのか。あたしは何度も泣いた。

そんな日々をやり過ごし2週間後、総合病院へ。
また鼻からファイバースコープを入れて検査。
あたしは心臓が破裂しそうなくらい緊張したが、夫テツはわざと冷静さを装っていたように思う。
モニターに映る夫テツの声帯からあの白い物体が・・・・消えていた。
先生は 「まだ少し残ってますが、治ってきてますね。 癌とは考えにくいです。」

・・・・・・・・・・・・・あぁ・・・ほんとに、ほんとに。
よかった・・・涙がぼろぼろ溢れた。
夫テツは 「勝手に癌って決めつけてたやろ。」 って笑うけど、あなたもすごく怖かったでしょうに。

その後また2週間、薬を服用し、もう通院しないでいいと言っていただき、癌疑惑が晴れた。
GW明けの5/10の事だった。

癌かもしれないと考えた1ヶ月。
ブログを更新しないあたしを心配して連絡くれた友達。
もしも夫テツが入院することになったらと、夫テツの両親にだけは話をした。
「大丈夫。 あなたは一人じゃないから。」と励ましてくれたお義母さん。
ありがとう。

健康って身にしみてありがたいものですね。
煙草をやめるいい機会になったと思うし、健康だと過信してはいけない年になったんだと改めて感じた。
子どもたちが成人するまではあたしたちには責任があるから。
健康であることが親としての責任なのだから。

もしも夫テツが癌だったら、どんなにお金がかかっても
現在の最高先進医療であたしが絶対に治してみせる!と思っていたそのお金で
今は、ヤニで汚れたリビングのクロスを張り替えてやろうかと考えています(笑)

- ともにまだまだ一緒に生きていかねば・・・・ね。-
関連記事
テーマ : 家族日記    ジャンル : 日記

六甲~有馬 GW締めくくり

心入れ替えチャチャッと日記UPとは口ばかり。
思い出した頃に、ぷらっと更新する理恵さんです。ども。
タイトルにもありますが、まだGW振り返りつつ日記を書いてるでありマス。

5/5(水)
GW最終日、家族そろって最後くらいどこか出かけようよということで、まずは六甲へ。
IMG_0100_convert_20100519163825.jpg

お昼にチーズフォンデュをいただきました。
これ、いつも家でやりたいな~と思いつつ、気に入ったフォンデュ鍋が見つからず買いそびれています。

IMG_0111_convert_20100519164815.jpg

羊や牛を見て喜ぶのも、動物好きのうーただけでして、ショウゴは終始、 「羊・・・だから何!?」 という無表情でした。
そーだろ、そーだろ。 中2の男子が、ハイジのごとく羊と戯れててもそれはかなりイタイ。
オマエが笑っていたのは、コレを思い出していた時だけだろ。

0_convert_20100519165743.jpg 「低燃費、低燃費、低燃費ぴっぴーー♪」

ふっ(失笑)

テンション下がり気味のショウゴをなんとか盛り上げつつ、次に向かったのが、日本三古湯のひとつである有馬温泉。
IMG_0114_convert_20100519171156.jpg
GWだけあって、狭い温泉街は観光客でごった返してました。

IMG_0119_convert_20100519171651.jpg

外湯 「金の湯」 で 有馬の湯 初体験
知ってはいたけど、茶褐色の湯。 ちょっと引きましたねェ・・・。
これ、顔とか洗えんの? って感じ。 泥水に浸かってるような感覚。
びっくりしましたね~。

IMG_0118_convert_20100519173232.jpg

太閤 秀吉がねねを連れて何度も訪れた有馬。
天下統一を目前に、疲労を癒しに来たのでしょうか。
明日からまた仕事・・・学校。 さてと、頑張りますか・・・
温泉で火照った体に5月の風が心地よく、リフレッシュ出来たGW最終日でした。

image2241699.gif 理恵 2010.5.19

この日、あたし、財布忘れたんよねェ・・・ありえんミス。
夫テツ、スマヌ。 
関連記事
テーマ : 家族日記    ジャンル : 日記

オリジナル・ウェディング

5/4(火)

「あつた蓬莱軒」の順番が来るまで、時間つぶしに熱田神宮へ。
IMG_0088_convert_20100514225625.jpg

境内に入ったら驚いたことに、こっちを見てもあっちを見ても花嫁さん。
その日 5/4は大安吉日だったのか?
白い綿帽子に白無垢の刺繍が日差しを反射し、キラキラ光ってとてもまぶしい。
青く澄み切った空と、あざやかな新緑の中を、うつむき加減にゆっくりと砂利道を歩く。
時折、こくって会釈し微笑む口元が赤く・・・・あぁ、、、なんてきれいなんやろう。
しばし、見とれていました。
IMG_0089_convert_20100514230332.jpg

神社の結婚式っていいですねー。厳かで。

あたしが結婚した平成3年頃は、ホテルウェディングが主流で、なんとかパックっていうお得プランにして、ホテルの中の作られた式場で三三九度を交わし、同じホテルの宴会場で披露宴。
どれくらい派手にし、4回、お色直しで着替えるのがステータス。
ここでその典型的な例として・・・・
img001.jpg
奈良県在住、結婚歴18年のご夫婦から、勇気ある投稿・・・ Σ(゚Д゚;
オマエら、紅白かっ!
仕方ないんです・・・。 えぇ、何度も言いますが、これがあのバブリーな頃の主流ですから。
4回目のお色直しの時に(うんざり)、夫テツがちょっと今で言うコスプレ 的な衣装で登場したんですわ。
夫テツは特殊な職業で、その制服なんですが・・・
それが、なんでしょう・・・・・好評でした
唯一これがあたしたちの結婚式で個性出したところなんですよ。

一生に一度の結婚式(でない場合も多々ある昨今)。
自分たちだけのオリジナリティーを試行錯誤するじゃないですか。
幸せの象徴の鳩が一斉に空に飛び立ったと言う演出聞いたことありますが、何に驚いたかっていうと、その鳩、ちゃんと戻ってくるらしいね~。 すげー営業。

b-love.gif 理恵 2010.5.15

なんなら、あたしもコスプレしたらよかったのか。より一層のオリジナリティ
関連記事
テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

« »

05 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(50歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ(大3♂)
うーた(大1♂)

日常のツボをびみょーなイラストを描いてぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村


訪問ありがとう
最近観た映画
理恵さんの最近観たビデオ
リンク
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login