突然のガン宣告

9/26(月)

それは突然にやってきた。

9/7の朝、実家の父からTEL。
「お母さんが胃が痛いらしいから、今から病院へ連れてく。お前も一緒に行ってくれ。」
子ども達を学校に送り出して、すぐに病院へ。
母は健康だけが自慢の人で、今まで風邪くらいしかひいたことがない。
今年、70歳になるまで健康診断も受けず、それが、いけなかったのか・・・後悔しても後の祭り。
歳も歳やし、胃カメラしときましょってことで、細胞も取って生検へ。

きのう、その結果を母と聞くため病院へ行った。
診察室に入ると、先生があたしに 「娘さんですか?」と聞いた。
それから、先生は 「この前の胃カメラの結果が出ていますが、、、どんな結果であろうと全てお聞きになりたいですか?」と母に聞いた。
えっ・・・・・? それって、、、、まさか。
母も不安げに「は、はい。」と小さく疑問を交えた感じの返事をした。
先生は、ゆっくりと、少し間をおきながら、「残念ですが、悪性でした。」と母とあたしに言った。
・・・・・・・・・・・・・・。 青天の霹靂とはこういうことを言うのだろうか。
予想もしていなかった言葉に、聞き返すことも出来ず、全く声が出ない。
あたしも母もじーーーーーっと黙ったままだった。
しばらくして、母が、「ガンってことですか?」と尋ねたら先生は、「そうです。胃ガンです。」と告げた。
ガンの告知。
ドラマなんかでよく見るが、先に家族に話したり、みんなで嘘をついて本人に知らせないようにしたりとかしないんやな。
突然にこんな風に告げられるんやな。
母はまたしばらくじーーーーーっと黙ったまんまで下を向いた。 先生が母の膝をさすって、「大丈夫。」って言った。
「自分の病名を知ることで、治療に前向きになれるんです。 知らなかったらこの後、受けてもらう数々の検査を、どうして?なんで?って思いながら不信感でいっぱいになるでしょう?」って先生は言った。
母は、あたしの方を向いて一言、「ショック・・・」と言った。 あたしはうなずくしか出来なかった。

外科の診察を待つ間、1時間くらいイスに座って、今、聞いた事実を二人で受け止めようとした。
「治してもらおう。」ってあたしが言うと、母は
「あと10年は生きたいんやなぁ~。」
「それやったらなおさらの事、前向きに治療して治そう。」って励ましたけれど、「あと10年は・・・」なんて、そんな淋しいこと言わんとって・・・。悲しいきもちになるやんか。

胃カメラの所見、生検の結果、今のところステージ1~2。
まだ、転移の可能性がぬぐえてないからわからないけど、初期の段階と言えると思う。 
胃の2/3を切除の予定やけど、それは仕方ないのかな~。
病院もろくに行ったことがない母にとったら、どれほどショックでどれほど恐ろしいことだろうかと思うと、可哀想で涙が出た。

あたしは一人娘だ。
頑固ですぐに暴力をふるう父が嫌いで、だからよけいに母とは仲良しでやってきた。
どうして、父じゃなく母なんだろう・・・ってひどい事が頭をよぎったけれど、そんなバカな事考えてる場合じゃない。
今、胃ガンは末期じゃなかったら、治る病気とされている。
病院を出るときに、母に 「腹くくろう。」って言ったら、母は、
「もう、私は腹くくってる。」と頼もしく言ってくれた。

これから、母の闘病生活が始まる。 大好きなお母さん。
絶対負けないで頑張ろな。一緒に。

kaeru09.gif 理恵 2011.9.27

読んでて楽しい日記じゃないけれど、前向きな言葉を綴ることで、そー思える自分がいるのであえて書きました。

スポンサーサイト

関連記事
テーマ : 日記    ジャンル : 日記

人生の折り返し

9/22(木)

あたしのブログにびみょーな変化があったのをお気づきだろうか。
かすかな変化。いや、自分にとっては多少、気になる変化。
ここ、ここ
20110922.jpg 201109221.jpg
(ノД`)シクシク 歳を1つ取りました。

半ばってことは、45歳。 9月22日で45歳。40代半ば。うぉぉぉぉぉーーー。

めでたくもないんやけど、家族でケーキ買ったリはした。
IMG_0836_convert_20110924211157.jpg

あたし、90歳までは生きたいって思う。
だから、45歳はちょうどマラソンで言うならば、折り返しの三角コーンを曲がったところ。
手を振って、給水のボトルもしっかり取って、気分一新。

決して、かっこいいフォームでもない。 ひときわ目立つ存在でもない。
群衆の中に紛れ、どこで走っているのかわからない存在だとしても、自分のペースで走っていく。
この先の道のり、途中で息切れして、へばったりするかもしれない。
小さな石ころにつまずき、転ぶかもしれない。
でも、また起きあがって走っていきたいと思う。

こうしてまたひとつ歳を取り、目尻のしわもほうれいせんも気になるけれど、
「おめでとう。」って言ってくれる人がいることや
産んでくれた両親がまだ健在でいること・・・自分が健康であること。
一つ一つに感謝しながら、後半の道のりを走っていきたい。 
あと45年、ゴールのテープを切った時、あぁ~いい人生だったと心の底から思えるように。
HAPPY BIRTHDAY あたし。 
節目の人生折り返し地点にて。

kaeru10.gif 理恵 2011.9.22

ショウゴが「母さん、45には見えんで。」やてーー!!
むふふ。 これ、最高のプレゼント。
関連記事
テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

荒神の里・笠そば処

9/17(土)

3連休の初日。
朝から晴れたり曇ったり。 時折、どばぁーっと雨が降ったりおかしな天気。
この前の台風12号の影響で出来た土砂ダムの決壊が心配よね。
どうか、もうこれ以上被害が出ませんように。

奈良県桜井市にある荒神社の斜め向かいに、人里離れた山中にあるにもかかわらず遠方からの客足が絶えないそば処があるということで、お昼ご飯に夫テツと行ってみた。
山越えの道をどんどん登る。 細い山道で対向車が来るたびに「おいおい・・・」ってヒヤヒヤするくらいの道。
いったいこんな山奥にそばを食べに来はる人なんておるんかいな、、、って思ってた。
IMG_0805_convert_20110917173144.jpg

「荒神の里・笠そば処」
奈良県桜井市笠4408  
電話0744-48-8410  
食堂10:00~16:00、直売所9:00~16:00
水曜休み(祝祭日と28日を除く)

山奥で雨がざんざん降ってるにもかかわらず、結構来たはる人いるんですわ。 

標高400~500mの土地に今やそばの白い花が満開。
この地元そば粉で手打ちのそばが食べれるなんて、うれしいね。
IMG_0810_convert_20110917173700.jpg

IMG_0806_convert_20110917173913.jpg

あたしが注文した「荒神そば」 
甘い椎茸とねぎと大根おろし。 そこにおつゆをぶっかけて食べた。
驚くほどの特徴あるそばではないにしても、しっかりコシがあっておいしかったよ~。
ごちそうさま

b-ame.gif 理恵 2011.9.17

夫テツは「ねぎそば」の。その上に「かやくご飯・・・」って言おうとしてたから止めた。
ダイエット中じゃないのかよ。ちっ。
関連記事
テーマ : うどん・そば    ジャンル : グルメ

かもめの玉子

9/11(日)

東日本大震災から半年。NYでは同時多発テロから10年。
この日、悲しいニュースがまた繰り返された。
日本では、総理がまた変わり、でも被災地では、がれきは片づきはじめ、震災当初の街の姿とはずいぶん変わったなぁ~という印象を持つが、実際、まだまだ変わっていないことだらけなんだろうなと思う。
奈良に住んでるあたしには、いったい何が出来るだろうかね。

仕事で岩手に行ってらっしゃった方からお土産を頂いた。
IMG_0804_convert_20110913203926.jpg
かもめの玉子 さいとう製菓
岩手県大船渡市にある会社だ。
今回の津波で2階建ての本社ビルは波にのまれ、外壁だけしか残っておらず、直営5店舗もすべて被災された。
でも、約250人の従業員は全員無事だったことと、主力工場も機械が約10センチずれたけど、修理を済ますことが出来、再開されたのだ。

「カモメは羽ばたく。復興の先導役になりたい」
社長さんの言葉。   

817a19ef8afdf2ae9cd029921dd4106e1-300x225.jpg
(※ きれいに断面が撮れなかったので、画像拝借しました)
外側の白い部分はチョコレート。中は黄身あん。 絶妙なおいしさだ
震災が起きてすぐに、岩手に行かれた人からこれを頂いて、また今回も買ってきて頂いた。
こんなおいしいモノがあるとは・・・
機会があったら、お取り寄せもあるので食べてみて。
meido03.gif 理恵 2011.9.13

買って応援 これなら出来るよ。誰にでも。
関連記事
テーマ : お菓子    ジャンル : グルメ

いずこも同じ親ばかっぷり

9/9(金)

乳幼児はだいたい1歳くらいになると、簡単な一語をしゃべり始める。
「まんま・・・」 「ぶーぶー」 「うぜ・・・」
いや、、、「うぜ・・」っていうのはないが、いや?偶然に発するかもしれない!!
・・・親にとってこの言葉の始まりは涙が出るほどにうれしい一大ニュースなのである。

職場の調剤薬局にはよく乳幼児が来る。
お薬を待ってる間、ちょっとでもごきげんにしていて欲しいので、グッピーラムネやアメちゃんを「どうぞ~。」と勧めるコトも多い。

この前、1歳半くらいの乳児にグッピーラムネを手渡した。
すると、その子のママが、
「あーとぉーはぁ?」と乳児に促した。
あたしもその子の可愛い小さな口から 「あーとぉー(※ありがとう)」が聞けるのを期待しつつ見つめていた。
が!!!   その子、完全無言・・・。

ママ 「あーとぉーはぁ?」
子  「・・・・・・・。」
ママ 「あーとぉーはぁ?」
子  「・・・・・・・。」
ママ 「あーとぉーはぁ?」
   言えるんですっ!! ウチの子、言えるんですっ!!!
    (↑心の声)
201109093.jpeg

・・・・・。 いや、、もういいから。
てか、、、あたし、忙しいから。

こーいうコト、よくあるんですわ。 

image6981498.gif 理恵 2011.9.9

たまに、子ども達が小さかった頃のビデオテープ見たら、何度も「ばいばい」させてる夫テツ&あたし。
みごとな親ばかっぷり!!! あたしらの方がかなり重傷。
関連記事
テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

« »

09 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(50歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ(大3♂)
うーた(大1♂)

日常のツボをびみょーなイラストを描いてぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村


訪問ありがとう
最近観た映画
理恵さんの最近観たビデオ
リンク
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login