名医とは

11/30(水)

母が胃癌の手術を終え、後遺症はあるものの、元気で暮らせている姿を見ると
つくづく思う。いい先生に巡り会えたなぁーと。

母を執刀してくれた外科のU先生。歳は40代だろうか。 がっちりした体つきで、いつもスニーカーをはいて病院中を走り回っているイメージ。
母が入院してから手術の日まで1週間あったんだが、母は一度も泣かなかったし、弱音を吐かなかった。
それを母は、「U先生のおかげ」と今でもふり返って言う。
毎日、病室に来てくれて、サロンに居ても声をかけてくれて、「頑張ろう。心配いらんで~。」って何度も励ましてくれたそうだ。

手術の翌日、その次の日も、U先生の姿が見れないのを母は
「U先生、忙しい人やなぁ~。きっと今日も手術したはるんやろな。顔見てないもん。」と
淋しそうに言っていた。
その日の夜、10時過ぎ、病室にスーツ姿で鞄をさげた男の人が入ってきたので、
母は 「どなたですか? 部屋間違ってはるんとちゃいますか?」と尋ねると
「僕や~! 今、九州から帰ってきたんや。」と。 執刀医のU先生だった。
U先生は母の手術の翌朝、九州の学会に出席するため福岡へ行かれてて、2日後、病院に戻られ、そのままの姿で母の病室をのぞいてくれたのだった。
「ずっと、九州でも気がかりでな~。」と穏やかに笑ってらっしゃった。

母は、「U先生は神様や。」と言う。
おっと、、、、とうとう、神まできたか!!(笑)
でも、ほんまにあたしもそう思う。
母が胃癌をしっかり受け止め、手術まで穏やかな気持ちで過ごせたのも、
術後、U先生の言いつけを守って、痛みに耐えられたのも、
なによりも生きる希望を失うことなく、前向きでいられたのも、全てU先生の存在があってこそ。
そして、このような母にあたし達、家族は救われた。
まさしく名医とは、こういう先生を言うのだと思う。

line_spring1.png

11月の初め頃、あたしは強烈な下痢と胃痛に苦しんでた。
平静を装ってても、やっぱり母の事でショックを受けてたのと、ショウゴの受験が気がかりで、
精神的にまいっていたんだと思う。
胃が痛くなると、背中も痛み出し、毎日、下痢っぴーーな感じで、痩せてくるしで、近所の総合病院へ行った。
実は今年の1月にもあたしは胃痛を起こして、そこの病院で胃カメラ検査をしてたから、都合がいいわと思って行ったのだが、
先生は、 「薬、飲んどけば?」 一言・・・・。
身体を触りもしない。
「あのーーー、 ちょっと最近、私生活で色々、気に病むこともあって、精神的かな、、と自分でも心当たりは
あるのですが、潰瘍とか、、、変なことになってはいませんか?」と尋ねると、
「潰瘍が出来てても、薬やから。」と淡々。
「あのーーー、背中も痛いんですが・・・」と言うと
「湿布、貼っとけば?」

どー思います?

たとえ、この先生がすごい腕の持ち主で、消化器系の数々の症例をこなしてはるかもしれんけど、
患者っていうのは、不安な気持ちを抱えて病院にきてるのだから、身体と同じく心も治療できないとあかんと思う。
もしも、母が、この先生に同じ技術で手術をしてもらったとしても、今のように心が元気でいられただろうか・・・。
絶対それは違う。

名医とは・・・・・
患者やその家族の心も救えないと、名医とは言えないとあたしは思う。

母は先日の診察で、神とあがめるU先生に
「お久しぶりです~。 U先生の声を聞くと、、、心がすぅーーーっと落ち着く気がするんです。
 U先生に出会えて本当によかったです
と、めっちゃLOVEでした(笑)

arigato01_20111017193407.gif 理恵 2011.11.30
スポンサーサイト

関連記事
テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

« »

11 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(50歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ(大3♂)
うーた(大1♂)

日常のツボをびみょーなイラストを描いてぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村


訪問ありがとう
最近観た映画
理恵さんの最近観たビデオ
リンク
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login