FC2ブログ

オレンジ色通信

ふつーの50代主婦の今日のツボ

 

直面した現実

Edit Category 介護 > 実母の介護
2/28(木)

2/23、24の土日はホームへのお引越しであれやこれやと購入してはホームに運び、母の新しい部屋を飾っていった。
ナチュラルカラーでそろえた家具。フォトフレームにはあたし達家族の写真、入所が決まった日、回転寿司で孫2人に挟まれた母の写真、去年の6月に母と行った高野山のバス旅行。そして一つの空きスペースには、春から社会人になるショウゴの晴れ姿の写真を入れる予定。
母も早くその写真が見たい!見たい!とはしゃいでいた。
父の写真は用意しなかった。

「私は大丈夫! 快適、快眠!!」 と笑顔で話す母。
あの日のあたしの安堵感は言い尽くせない。 母を入所させた事の切ない気持ちと天秤にかけても、この「安心」という何にも代えがたい思いは、どんな気持ちにも勝ると思った。

そして、月曜日。母がホームで生活する実質初日・・・・
夜に母からメールがきた。 母はあたしの家で過ごしていた2週間の間にまたメールが打てるようになっていた。
「人しかわからずへこみました。」
ん?? 人しかわからず・・・?
どういう意味だろう、、、って考えて、おそらく、あー、あの人見た事あるな。くらいしかわからず、自分の家じゃないし、勝手がわからず凹みました。そういう意味だろうと推測。
「大丈夫。そのうち慣れるよ!」って返事すると、
ぶぁ~~~~!!!!!!と母から、大量の同じ言葉の繰り返しの支離滅裂なメールが届き、あたしは不安に押しつぶされそうになった。
内容は、「あなたに迷惑はかけたくない。でも、外から見ているのと違って、直面したものにしかわからない!
自分の身の振り方は自分で考える、時間をちょうだい。」
こういった内容だった・・・・。 

次の日、午後、ホームへ様子を見に行った。 
おやつにみなさんとクレープづくりを楽しんでいた。 朝からは、お出かけもしたらしい。
それでも、部屋に戻ると、 「私、もう元気やから家に帰るわ。退所する。」と言う・・・。
相変わらず、父の事が心配だと言う。
母の気持ちはすごくわかる。 まだまだ自分の足で動ける母が、自分より明らかに重度の利用者さんを見てショックを受けたんだろう。 私はここにいるべきじゃない。 自分の家があるのにどうしてここに居なきゃいけないの??
自尊心もプライドも高い母。
お風呂にも全く入ろうとしないらしい・・・。

はぁ・・・・・私は大丈夫!と笑っていたのは何だったの?
気持ちは痛いほどわかる。わかるけど、どうしても家には帰せない。 父との生活には戻せない。
我慢してもらうしかない。 お母さん、ごめんね、という気持ちはあるけど、父との生活よりきっと数百倍、安心なんだよ。
あたしは、なぜ母をホームに入所させようと思ったか、、、その過程をもう一度自分に問いかけて、やっぱり間違っていないと自分に言い聞かせた。
きっと時間が解決してくれる。 何日、何か月かかっても。

obaacyan02.gif 理恵 2019.2.28

今日も様子を見にいったが、やはり「私、頭もすっきりしてきたから退所する!」って言ってた~~
関連記事
Community テーマ - 主婦の日常日記  ジャンル - 日記

入所

Edit Category 介護 > 実母の介護
2/23(土)

母の入所の朝がきた。 
母を引き取った2週間前、途方に暮れた。
仕事は休職。24時間の付き添い・・・ホームの見学開始と同時に母を説得。 何回も何回も。
毎日、必死だったからまるで夢のように思える。

母は朝から落ち着いていた。 
「私は大丈夫。どこへ行っても協調性あるし。誰とでも仲良く出来るし。」と繰り返し言ってた。
夫テツが昼前に単身赴任先から戻ってきてくれて、ランチを王将で食べる。
母は王将の天津飯のミニサイズをペロッと平らげ、ごくごく普通。

ホームの部屋に置くために実家からテレビを持ってきた。
「母のテレビ」 家庭内別居なのでそう呼んでいた。
認知症を発症してからろくにテレビさえ観てなかったのか、、、コンセントさえ抜けていた。
ホームセンターでテレビ台やニトリで家具を買った。 夫テツの意見で淡いナチュラルカラーの家具がホームの床にぴったりマッチして母は喜んだ。

夫テツが部屋のセッティングをしている間、あたしは管理者の方と入所についてのお話し。
「この間は、お電話ありがとうございました。こんなに早く入所できると思ってなかったのでびっくりしました。」と言うと、
「ほんとに。縁って不思議ですね~。」 と管理者の方は笑顔でおっしゃった。
聞いてみると、管理者の方はもうすでにご両親を亡くされていて、お母さまが偶然にうちの母と同い年だったということ。
認知症だったということ。
そういう事もあり、ご自分のお母様と重なって、ひっかかっていたとおっしゃった。
そして、あたしが申込書に 「仕事に復帰したい。」と書いていたこと。 あたしが介護者にしてはまだ若い事。
偶然に、管理者の方もあたしも一人娘で、親の介護はすべて自分に降りかかるという身の上が同じだったこと。
管理者の方が、 
「もしも、うちの親が生きていたら、、、、同じような感じだったかもしれません。 うちの親も、私あっての夫婦って感じで・・・(笑)
 私がいるときは会話するけど、いない時、どうやって夫婦で暮らしているんだろうって思ってましたよ。」と。
なんか、いろんな部分がリンクして、あたしはここに導かれたような気がした。
境遇を理解してくださる。あたしの思いをわかってくださる。 そう思うと涙がぽろぽろあふれて・・・。
入所において申し込みの順番はあるけれど、 必要性という部分と何かしらの縁を感じて決めましたとおっしゃって頂いた。

あたしの頭や心の中にずっとあった黒い黒い腐った泥みたいなものが、すぅーーーっと澄んでいくような気がした。

obaacyan02.gif 2019.2.23
関連記事
Community テーマ - 主婦の日常日記  ジャンル - 日記
 
02 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

01 03


 
 
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(52歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
 
訪問ありがとう
 
最近観た映画
 
 
 
 
 
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
 
 
アーカイブ
 

ARCHIVE RSS