FC2ブログ

160番 飯盛城

3/24(日)

母の入所手続きがあった2月はほとんどお出かけもできなかったので、夫テツとハイキングに行くのも久しぶり。
まだ帰宅願望は強く、電話やメールで「帰りたい!!」と言ってくるので大変だけど、たまの休日、体を動かさないとな。

今日は四条畷にある山城。飯盛城址に登ってきた。
まずは野崎観音駅からスタート。

P3240001iimori.jpg

P3240003iimori.jpg

本堂の隣に江口の君をおまつりされているそうで、今日は残念ながら見れなかった。
女性をお守りくださるそうなんで、こうして安産祈願に来られる方が多いのね。
安産の犬、ぎっしり

さて、ここから山道を登るぞぉーー! 河内飯盛山ハイキングマップにある七曲りコース。
最近の運動不足が祟って、足が上がらん
平坦な道ならずんずん行けるけど、階段になるとペースがガクゥーーーと落ちる。 しんどぉ・・・・。
途中、へこたれそうになるけど、野に咲くすみれや、誰が作ったかどんぐりの人形たちに励まされ、なんとかかんとか、頂上まで。

P3240007iimori.jpg

P3240005iimori.jpg

P3240009iimori.jpg

到着 飯盛山城址 標高314.3m 
疲れたぁ~~~。 山頂には楠木正成の像があり、太平洋戦争の時に台座のみを残し供出したらしいが、昭和になって再建されたそうだ。
遠くにあべのハルカスや、神戸方面も見える。
ここで飯盛城を治めた三好長慶らも同じ景色を見ていただろうと思うと、やっぱり歴史ってロマンだな~(笑)
久しぶりに山道を歩いて膝が痛いけど、すれ違う人と挨拶を交わし、「まだまだですか~?」 「頑張って!」など少しの会話に癒されながら気持ちのいい運動が出来た。 
ババシャツを着てきたことにめちゃ後悔・・・・暑い~! 春はもうそこまで来てる。

P3240010iimori.jpg

P3240011iimori.jpg

P3240013iimori.jpg

P3240014iimori.jpg

todofuken_1 (2) 理恵 2019.3.24

次の日、ババシャツ片づけました
関連記事
テーマ : ウォーキング    ジャンル : 日記

理想の家族像

3/16(土)

母の認知症発覚から入所まで、色々迷惑をかけてすまん・・・と、父が何かごちそうするというので
うちの家族4人と父とで食事に行ってきた。
入れ歯がカポカポで、おかゆのような柔らかさの物しか噛めない父。
「焼肉でもええぞーー。」 って言うとったけど、あんた、噛めんやろ??
で、和食のさと さとすき。
昔からそうだったけど、誰かと食事するというシーンになると、ほとんど何も食べない父。
ええ恰好をするのか、体裁を気にするのか・・・その父の美徳たるや、あたしには今でも理解不能

IMG_1309titi.jpg

夫テツが息子たちと笑いながら会話をしているのを見て、父が
「・・・・テツくんは、こうして子供らと食事の時に話したりするんか?」 と聞いた。
一瞬、夫テツが何を聞かれたのか理解できず、「えっ? どういうことですか?」と。
父は、夫テツが食事をしながら笑って息子たちと会話しているのに衝撃を受けていたのだ。
そして、父はあたしに、 「こんな風に、食事の時、家族で笑って食べた事なんて1回もなかったな・・・・」と言った。
そうや!そうやで! 今頃気づいた???
あたしは、そんな変な家庭で育って、どうしてウチの家、お父さんとお母さんは口をきかないんやろ・・・って。
どうして?どうして?って中学まで思ってて。
高校生になって、あたしも大人になって、あー、夫婦関係が壊れているんだって思ってからは、親は親。あたしはあたしって思って生活してた。そして、こんな家、早く出てやるってそれだけを考えていたんだ。 そんな風にあたしが傷ついていたことなんて気づきもしなかったでしょ。
あたしは父に言ってやりたかったけど、もう何かも今更なんだよ。

夫テツと結婚を決めて、夫テツの家へ挨拶に行った時、義父、義母、弟、妹、全員であたしを迎えてくれた。
決して大きくはないテーブルの上のホットプレートでガンガン肉を焼いて、肉の争奪戦!
ぼぉーーっとしてなかなか肉を取れないあたしに、義父が、「ほれ、ほれ!」と言って、焼けた肉をあたしの皿に入れてくれた。
義母と妹が笑いながら、「そんなことしてたら、我が家ではいつまでも肉には当たらんで!(笑)」と言った。
あーー、、、、 なんて明るい食事なんだろう。 あたしは初めてそんな風にご飯を食べた。
これこそ、あたしが理想と思う家族像。 あたしは夫テツと結婚して間違いなかったとずっと思っている。

次の日、うーたが、この日、父が言った 「こんな風に、食事の時、家族で笑って食べた事なんて1回もなかったな・・・・」
という言葉を思い出し、
「俺は、しゃべりながら食べる我が家の食事しか知らんから。」 と言った。
その言葉があたしは本当にうれしかった。

senior01_z_12.png 理恵 2019.3.16
関連記事
テーマ : 頑張れ自分。    ジャンル : 日記

親家片開始

3/13(水)

親の家を片づける・・・「親・家・片(おやかた)」と言うらしい。
断捨離に次ぐ新語かな。
あたしは、この2つの事がとても好き。 週に2回来るごみの日を心待ちにするほどに家の不用品が無くなっていくことにこの上ない快感を覚える。

母が認知症を患ってから、実家は物で溢れていった。
特に母がいつも居た台所・・・・。 ここは恐ろしい事になっている。
冷蔵庫の中はすべてが腐り、野菜室や一番下の冷凍室は、何が入っているのかパンパンで開かない。
入所前、デイサービスに行った隙にちょっとだけ整理しようと試みたが、やっぱり台所というのは、主婦ならわかるだろう。
「聖域」なんだよなぁ・・・・。 他人には触られたくない場所。たとえ実の娘であっても。
あたしならそう思う。だから、ほとんど触れずにいた。
目に見えて腐っているものは黙って捨てて整理しても、母はまた食材を買ってきては冷蔵庫にどんどん詰めてきりがなかった。

母が居なくなった台所。 
うぉおおぉおおお!!!! たぎるぜぇ~~~

まずはもちろん冷蔵庫から。
中身を全部捨て、棚をすべて出し、洗う。 超~気持ちいいっ!

狂気を感じる冷蔵庫の中身を見ると、母の認知症という病気を映し出しているようで悲しくなるけど、
それよりもきれいに片付いていくことに喜びを感じるあたし。 あたしの方が狂気か!?(笑)

せっせ、せっせと片づけてるあたしを奥の部屋から見ていた父が、ひょこひょことやってきて、
何やら押し入れの中をごそごそと整理を始める・・・・
で、、、「ほれ! これを見てみろ!! 同じものがいくつもある! 情けない・・・・泣きたくなる・・・」 
ojiisan04_cryooo.png

かぁぁぁぁーーーー!!  やかましいわっ!
「いちいち、いちいち!! あのね~、泣き言、言うんやったらやらんでえぇ!
 楽しく片づけ出来ひんねやったら、もうテレビ見ときっ!!!!」
あたしに一喝されてまたすごすご奥の部屋へ戻る父なのです(笑)

IMG_1312reizouko.jpg

くぅぅぅぅうーー! 気持ちぃぃ!!  冷蔵庫、全て終了~~。まる2日かかった~
食べれる物だけ残したら、たったこれだけになったわ。野菜室も冷凍室も空っぽです。

hiyoko03.gif 理恵 2019.3.13

桃屋の「ごはんですよ!」 何個あるねーん
関連記事
テーマ : 頑張れ自分。    ジャンル : 日記

帰宅願望

3/8(金)

母が入所して明日で2週間が経とうとしている。
相変わらず、帰宅願望は強く、携帯であたしに電話してくる。
「もう、私は元気。お医者さんにもどこも悪くないって言われたし・・・。 ここに居てもボケた人ばっかりで退屈!!
 ぼぉーーっと座って、気が変になる!! スタッフの人たちも、お金がかかるだけやから、もう帰り~って言ってる。」
とか、、、作り話を延々と繰り返す。

母は動ける認知症なので、スタッフの方たちはとにかく母に用事を与えてくださっている。
スーパーへの買い出し(もちろんスタッフ同行)、掃除、洗濯、料理の補助など一般的な家事。
今まで何年も主婦をしてきた人だし、今、出来ていることを出来るところまで落とさずにやってほしい。
それが唯一のリハビリになるし母のやりがいにつながる。
現に、母が落ち着いている時は、
「私、スタッフさんにすぐに呼ばれて頼りにされてるねん。 私、何でもちゃちゃっと手際よく出来るやん!
 だから、お買い物も私は毎回メンバーに入ってるねん。
 私の事は心配いらんで。楽しくやってる。 家でお父さんと居るよりずっといいわ。」 と言う。
そう言っていたかと思えば、次の日は、「もう帰る!なんでここにおらなあかんの!!!」と攻撃的に電話してくる。

はぁ・・・・・・・・・・・・・・。 つらい。
これが認知症なのかなぁ・・・・。 

まだ若い母を心が張り裂けそうな思いで入所させた。 ごめんねという気持ちはいつもあたしの中にある。
でも、父のもとに居てもろくに看てもらえなく、怒鳴られるだけの日々で、症状は進んでいく。
あたしが母を引き取って同居すれば、あたしは介護離職。それは嫌。
介護者がいない母には入所が最善なんだと、今日も思う。 繰り返し、繰り返し、折れそうになったら自分に言い聞かす。

きのう、母に面会に行ってランチに誘った。
母を2週間引き取っていた時に、ケンタッキー・フライド・チキンのCMを見るたびに、
「これ、おいしそうやなぁ・・・食べたことないわ。どんな味するんやろ~。」って言っていたので連れて行ってあげようと。
母はおいしい、おいしいと言いながら1Pをペロッと食べた。
「私の事は心配いらんで。 もう、何回も面会にも来なくてもええで。」と言う。
今は、落ち着いているんだぁ・・・。

ホームの管理者の方はとても親身に話を聞いてくださる。 
面会に行った時にあたしの悩みまで聞いてくださって、アドバイスくださる。本当にありがたい。
前のブログにも書いたが、管理者の亡くなられたお母様とうちの母が同い年であること。 お互い一人娘で同世代であることなど、リンクする部分がけっこうあることから、話していても、うんうん!!わかるわかる!!と共感できるので安心感が得られる。
あたしはこの方にすごく助けられている・・・。

管理者の方は、母が帰りたいと訴えた時は、 「帰れない!!」と否定するんじゃなくて、
一旦、わかったよ。と受け止めてあげて・・・と言う。
そのうえで、「今はもう夜だし、迎えに行けないから、週末まで待ってね。」と安心させてあげてくださいと言う。

親を入所させた家族はこうやって何回も何回も心が張り裂けそうな思いを乗り越えていくんだろうか。

母は認知症と言ってもまだ軽度。だから理性がある。
「帰りたい!!」と訴えるのもあたしにだけ。 ホームでは一切誰にも胸のうちを明かさないし、わがままも言わないらしい。
母なりに我慢しているし、今まで出来ていたことが少しずつできなくなっている恐怖と戦っている。
それがどれだけ恐ろしいことか・・・・想像すると胸が痛くなる。
その不安をぶつけるのがあたししかないならば、それは仕方ない。

母もあたしも今が一番苦しくつらい時期。 一緒に乗り越えていかねば。

Img_1306haha.jpg

obaacyan02.gif 理恵 2019.3.8
関連記事
テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

« »

03 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(53歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
訪問ありがとう
最近観た映画
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login