FC2ブログ

理想の家族像

3/16(土)

母の認知症発覚から入所まで、色々迷惑をかけてすまん・・・と、父が何かごちそうするというので
うちの家族4人と父とで食事に行ってきた。
入れ歯がカポカポで、おかゆのような柔らかさの物しか噛めない父。
「焼肉でもええぞーー。」 って言うとったけど、あんた、噛めんやろ??
で、和食のさと さとすき。
昔からそうだったけど、誰かと食事するというシーンになると、ほとんど何も食べない父。
ええ恰好をするのか、体裁を気にするのか・・・その父の美徳たるや、あたしには今でも理解不能

IMG_1309titi.jpg

夫テツが息子たちと笑いながら会話をしているのを見て、父が
「・・・・テツくんは、こうして子供らと食事の時に話したりするんか?」 と聞いた。
一瞬、夫テツが何を聞かれたのか理解できず、「えっ? どういうことですか?」と。
父は、夫テツが食事をしながら笑って息子たちと会話しているのに衝撃を受けていたのだ。
そして、父はあたしに、 「こんな風に、食事の時、家族で笑って食べた事なんて1回もなかったな・・・・」と言った。
そうや!そうやで! 今頃気づいた???
あたしは、そんな変な家庭で育って、どうしてウチの家、お父さんとお母さんは口をきかないんやろ・・・って。
どうして?どうして?って中学まで思ってて。
高校生になって、あたしも大人になって、あー、夫婦関係が壊れているんだって思ってからは、親は親。あたしはあたしって思って生活してた。そして、こんな家、早く出てやるってそれだけを考えていたんだ。 そんな風にあたしが傷ついていたことなんて気づきもしなかったでしょ。
あたしは父に言ってやりたかったけど、もう何かも今更なんだよ。

夫テツと結婚を決めて、夫テツの家へ挨拶に行った時、義父、義母、弟、妹、全員であたしを迎えてくれた。
決して大きくはないテーブルの上のホットプレートでガンガン肉を焼いて、肉の争奪戦!
ぼぉーーっとしてなかなか肉を取れないあたしに、義父が、「ほれ、ほれ!」と言って、焼けた肉をあたしの皿に入れてくれた。
義母と妹が笑いながら、「そんなことしてたら、我が家ではいつまでも肉には当たらんで!(笑)」と言った。
あーー、、、、 なんて明るい食事なんだろう。 あたしは初めてそんな風にご飯を食べた。
これこそ、あたしが理想と思う家族像。 あたしは夫テツと結婚して間違いなかったとずっと思っている。

次の日、うーたが、この日、父が言った 「こんな風に、食事の時、家族で笑って食べた事なんて1回もなかったな・・・・」
という言葉を思い出し、
「俺は、しゃべりながら食べる我が家の食事しか知らんから。」 と言った。
その言葉があたしは本当にうれしかった。

senior01_z_12.png 理恵 2019.3.16
関連記事
テーマ : 頑張れ自分。    ジャンル : 日記

« »

03 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(53歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
訪問ありがとう
最近観た映画
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login