FC2ブログ

オレンジ色通信

ふつーの50代主婦の今日のツボ

 

救急搬送で再入院

Edit Category 介護 > 実父の介護
-つづき

あたしは非情にもラストまで仕事をし、実家へ向かった。
玄関のドアは開いていた。 あっ、、、やっぱりおかしいんだ・・・・
夕方になればきっちり施錠する父。この時間まで玄関を開けっぱなしにするなんてありえない。
ガラガラガラ・・・・と引き戸を開けると、
玄関のたたきに、うんちまみれのパジャマ、おむつが脱ぎ散らかしてあった。
そこから居間の一部分が見通せるんやけど、そこにもおむつが散乱。
異様な光景に愕然としながら、「お父さん・・・・」 と呼びながら居間へ入ると、お弁当屋さんが電話で話してくれた通りの光景。
素っ裸で丸まりながら横たわっている父。
テーブルの上には、お弁当には手を付けず、自分で素麺をゆがき、ボールにいれたままの状態で置かれていた。
「お父さん!!!」

あたしの大きな声に、ふっと目を開ける父。
「お父さん!どうしたん! なんなん? 自分の恰好見てみ! しんどいの? 起きて!!!」
すると父は、朦朧としながら、半分、呂律も回ってない状態で
「誰も・・・誰も・・・来てくれんやないか・・・ もう3日もこの状態や・・・・」 と泣きながら言った。

( ゚Д゚)ハァ? 本当に心の底から、はぁ???と思った。
「おとといも、電話してきたからテツとおしっこの管の様子を見に来たやん! 
おばさん(父の妹)も心配して来てくれたやんか!!
きのうは一緒に病院も行ったやろ?  毎日、毎日、あたしが来てるやろ? お弁当屋さんだって・・・・
なんで、なんでそんな事言うの?? 」

怒りがこみ上げてきた。もー手に追えんと思った。
「早く、おむつはいて!! 救急車呼ぶから!!」

近所の方が野次馬。わらわらと救急車に乗り込む父とあたしを見つめる。
先月入院していた大学病院へ救急搬送。
熱が39度を超えていたので、熱中症
色々検査をして、また腎盂腎炎を起こしていることがわかった。
やっぱり、自己排尿管理ができず、尿が膀胱に溜まり、腎臓に逆流し炎症を起こしていた。
また入院になってしまった・・・・。
待合室であたしは涙がぽろぽろこぼれて、そして、父の独居生活が限界なんだと理解した。

今年の2月9日。母が父と二人で暮らすことに、あーここが限界・・・と思ったあの感覚。
必ず来るんだ。その日が。
尿の管理ができない父をまた一人にすると、こうして救急車で運ばれる。その繰り返しになるだけ。
もう父を独居生活には戻せない。 どうしよう・・・・どうしたらいい・・・・。 頭がぐるぐるして涙が止まらなかった。

senior01_z_12.png 理恵 2019.7.17

関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

父の異変

Edit Category 介護 > 実父の介護
7/17(水)

尿道カテーテルのバッグへのつなぎ方がわからないと言うので、父と病院へ。
看護師さんの前でもズボンを脱ごうとしない父。 口で説明するから!!と言う。
も~腹がたってきて 「お父さん!看護師さんにどこが困っているのか見てもらって! せっかく病院まで来たんやろ?」
看護師さんも 「そうやん。せっかく来たんやから・・・」と促してくれてようやくズボンのベルトに手をかける。

昼間はナニの先から出ている管におしっこがぽたぽた漏れないように詮をしている。
おしっこを捨てるときに詮を外す。
夜寝るときは長い管でバッグにつなぐ。一晩のおしっこをバッグに貯めるためだ。

看護師さんは、 「夜のバッグにつなぐので苦労しているならば、もうつながなくてもいいよ。夜中に何回も起きるのがつらいかな、、、と思ってバッグにためておけばぐっすり眠れるでしょう?ってことでそうしてるだけで。 夜中2~3回起きることになるかもしれんけど、今の苦痛から解放されるならいいんよ。」
と、アドバイスくれた。
あー、別にいいんだ・・・と安心して父と帰ったのが16日 火曜日。

その次の水曜日、仕事の昼休憩の時間に、宅配弁当屋さんから携帯に電話。
「お父さんがお昼ご飯をまったく手を付けてらっしゃらなくて・・・。」
毎回のムース食。それに飽き飽きしてるのはわかってた。 だから木曜日の夜に やわらか食、きざみ食のサンプルを持ってきてもらう手配をしてるのに、もーわがまま言わんとって!!
と、あたしはイラッとした。
そして、次のお弁当屋さんの言葉に愕然としたのだ。

「あの、、、、お父さん、、、服を着てらっしゃらないんです・・・・素っ裸で…意識はあるんです。
 娘さんには連絡するな、、、っておっしゃったんですけど、心配で。」 と。

Σ(゚д゚lll) 素っ裸!?

「すいません。驚かしてしまって申し訳ないです。 様子を見にいってきます。」 とお弁当屋さんに言い、
父にとりあえず電話をかけるが出ない・・・何回かけても出ない・・・

ただならぬ異様を感じながら、あたしは、 幼少時代から父が家庭を大切にせず、母に暴力をふるい、好き勝手してきたあげく
病院にも行かず、自分の病気を放ったらかして、そのあげく入院して、、、
退院後、これだけあたしが日々通い、心配し、介護食も手配し、色々考えてやっているのに
「こんなモン 食う気失くすわ。」とかうだうだ・・・・
なんで、、、、なんでよ、、、という怒りがこみ上げて・・・。
仕事を他のスタッフに任せて早退することももちろん出来た。
でも、あたしはどうしても、、、、何を置いても父のもとへと駆けつける気にどうしても、どうしても
ならなかった。 あたしは最低の人間です。

senior01_z_12.png 理恵 2019.7.17
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

在宅での排尿管理

Edit Category 介護 > 実父の介護
7/15(月)

きのう福知山の帰り、父から電話。
もう、ここんとこ父からの電話は頻繁になっていた。その内容は、尿道カテーテルの接続の仕方がわからない・・・だ。
( ゚Д゚)ハァ? 退院する時、ちゃんと教えてもらって、自分でもできるって言うから退院したのに・・・
カテーテルの管がどこにいったかわからないっていう電話もあった。
あたしはそのたびに実家へ呼びつけられる。
仕事中であろうがそんな訴えを電話でされれば、 「わかった。待ってて。すぐに行くから。」と言って駆けつける。
で、「何を困ってるの? カテーテル見せて。」 って言うと
「もう、いい、いい!! 口で説明するから!! もうわかった、わかった!!」とあたしを帰そうとする。
じゃーなんで呼びつけるの??? これの繰り返し。

きのうも、夫テツと福知山の帰りに実家へ寄ると、カテーテルがわからないと訴える父。
ch5_13nyoudou.jpg

ただ差し込むだけの作業。
日中はバッグが邪魔なので外して詮をしている。夜、寝るときにおしっこをためるためバッグにつなぐ。
それが出来なくて、2時間くらい、あーでもない、こーでもないと苦戦しているというのだ。
そうこうしているうちに、おしっこが管から漏れてきて、床や布団を汚す。
かなりのストレス・・・・。

夫テツが 「お父さん、いったいその接続部分、どうなってるの?壊れててもあかんし、見せて。」
って言っても、やはり羞恥心とプライドでなかなか見せてくれない。
じゃー、今日もどうして電話してくるんよ!!!!
あたしは心の中で不満をぶつける。 腹がたつけど、やはりこんな老人を前に怒れない。可哀想で。

とりあえず、今月の末までカテーテルは挿入したままなので、このままじゃあかんし、
明日、もう一度病院へ行って、ちゃんと看護師さんに教えてもらい!ってことになった。

senior01_z_12.png 理恵 2019.7.15
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

163番 黒井城 158番 福知山城

Edit Category 夫婦の遠足 > 続日本100名城巡り
7/15(月)

海の日とはいえ、涼しい毎日が続いている。
今日は、続100名城がある福知山方面へ行ってみた。
福知山はもう来年の大河ドラマ 「麒麟がくる」のPRムード。

ent1906170003-p1111.jpg

今年の「いだてん」もだんだん面白くはなってきているが、
やっぱり、、、、あたしとしては、戦国が見たいのよ。 鎧に身を包むイケメンが見たいの!!
メダルを取るか走るか泳ぐか、、、よりも戦が見たいの。
あーーーーー、 長谷川博己さんの明智光秀。
想像しただけでわくわくドキドキ あの端正なお顔で 
「敵は本能寺にあり!」 わぁーーーーぉ。 もうやばい、やばすぎ。
早く来年にならないかなぁ・・・・。

黒井城は、当初、「丹波の赤鬼」と称された猛将 赤井直正 の城だったが、
二度目の明智光秀の攻撃にかなわずその後、明智光秀の重臣、斎藤利三の居城になった。
斎藤利三は春日局のお父さんだ。ドラマではもっくんが演じるらしいな。

登山口から登ったら片道40分。さすがにこの蒸し暑さの中、登る元気は出ず、下からパチリ。

IMG_1648.jpg

次は福知山城。明智光秀が築いたお城。
IMG_1659.jpg

IMG_1654.jpg

IMG_1655.jpg

明智光秀は謎の多い人物らしく、どこで何年に生まれたかもわかっておらず、頭角を表したのは織田信長に仕えてからのこと。
「本能寺の変」のイメージがあまりにも強く、逆臣といわれがちだけど、京都の亀岡や福知山は慕う声も多い。
奥さんの熙子さんの事を本当に愛していたんだろうという一途な夫婦愛もきっとドラマでは描かれるはず。
熙子さんは木村文乃さん。 側室を一切持たなかった光秀。
桔梗の花が家紋だけど、その花言葉は 「変わらぬ愛」
くぅーーーーー。かっこええ。 早く見たい!長谷川博己。

お腹が空いたので、城下にある ゆらのガーデンの 「age banban(アゲバンバン)」へ。
その名のとおり、揚げパン専門店。
お城を真正面にみながら頬張れる、なかなかのロケーション!! ん~~! おいしい!
全然、油っこくなくて。 だから包んでる紙にも油が滲みてこないし手にもつかない。
夫テツが、「来年はお店、忙しくなりそうやから大変でしょ??」 って光秀ブームの必至を店主の若いにいちゃんに話しかけたら、
「んーうちは売り切れたら閉店なんで。」 と、あっさり。
いやいや、あーた!! 来年儲けなくていつ儲けるん?? 死ぬ気で揚げてください。
 
IMG_1652yua.jpg

IMG_1651yura.jpg

todofuken_1 (2) 理恵 2019.7.15
関連記事
Community テーマ - 旅行記  ジャンル - 日記

満幸商店

Edit Category 介護 > 親家片
-つづき

淡島神社の参道に土産物屋さんが3軒。
その真ん中の「満幸商店」さんで、めっちゃ盛りのしらす丼が食べられるらしいという情報。
さっそく行ってみました。

P7140008mannko.jpg

雨の中でもこのお店の前にだけ行列が出来ています。 夫テツの格言 「行列には意味がある!!」 これです
待つこと約30分くらいかな・・・
当然、あたしはもちろんしらす丼。 ビジュアル的にもOK。フォトジェニックでしょう。
ノーマルサイズにしてみました。

P7140013mamko.jpg

ででーん!!こ、これ、どうやって食べるの!
溢れるし。そびえるしらすの山を雪崩を最小限起こさないように、そろそろスプーンですくって一口。
うっほぉーぃ!おいしいっ!
塩辛さに後乗せの梅干しがまた絶妙なアクセントになっててほんまにおいしい。
夫テツは、あわしま丼。 サザエ、アサリなどを生姜で煮込んだのがふんだんにもられてて貝好きの夫テツにはたまらん一品。

P7140011mammko.jpg

あと、名物 わさびスープ。 鯛の骨を24時間じっくり煮込んだ出汁に、お好みでわさびを入れて頂きます。
あー、、、、染みるわぁ~~~

P7140009mannko.jpg
P7140010mamko.jpg

2014_animal_use_01_r20_c26.png 理恵 2019.7.14
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記
 
07 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

06 08


 
 
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(52歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
 
訪問ありがとう
 
最近観た映画
 
 
 
 
 
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
 
 
アーカイブ
 

ARCHIVE RSS