FC2ブログ

オレンジ色通信

ふつーの50代主婦の今日のツボ

 

危篤状態から1日目

Edit Category 介護 > 実父の介護
9/21(土)

きのうの夜、旅行から帰ってきた、うーたを連れて、夜遅くにまた父のところへ。
危篤状態は続き、熱は40度。 目は開いたまんまでグレーに濁った瞳は上の方を向き、
息は荒く、はぁーはぁーと苦しそう。 
「おじいちゃん。」 うーたが声をかける。
意識はないのだけど、きっと耳は聞こえてるよって言いながら、
「お父さん! うーた来たで!!」 と、額や首にぐっしょりかいてる汗を拭いてやる。
看護師さんに、「家に帰ります。」 というと、
「もしも急にお父さんの状態が落ちて、もし間に合わなかったら・・・・」と心配されたけど、病院から近いし、泊まりこむというのもなぁ・・・・と思い、
「急変したら真夜中でもかまいません。5分で来れますから。」と言って自宅へ帰った。
携帯電話を抱きながら眠る。

朝、目覚めてすぐ思う。
・・・・病院から電話なかった・・・・ 父は生きている

危篤状態から1日目。
病室に入ると、相変わらずの父がいた。 
モニターを見ると、1分間に130ほどあった心拍が100ほどに下がっていた。
熱も37度台に下がっていた。

朝から父の妹(あたしの叔母)と、だんなさんである叔父。その娘(あたしのいとこ)が来てくれる。
叔父は数年前のくも膜下出血の後遺症と去年の大腸がんの手術で車いすなのに、遠方はるばる来てくれた。
叔母が 「兄ちゃん! 兄ちゃん!」と呼びかけると、父の瞳が少し動いた。
酸素マスクの中の口があうあうと少し動く。
手を動かして、何か訴えようとしている。 これは!! 意識が戻っているのでは??

お昼ごろ、叔母たちが帰ったあと、また同じように、はぁーはぁーと荒い息をして苦しそうな父を見ながら、
もし、意識が戻ったら・・・?
もし、肺炎が治まってきたら・・・? 
それは喜ばしいことなんやけど、でも、その先に待っているものは 「胃ろう」 
そして杖で歩いていた父には、過酷なリハビリ。車いす生活。最悪、寝たきり。

ならば、 父、頑張れ! とどうしても思えない。
じゃー、なぜ、今、こんなつらい治療をしてる? 治すため。 でも、治ってもその予後は最悪。
その抗生物質の点滴をどんどん入れてるのは何のため? 治すため。 でも、胃ろうなんて絶対させられないし、父も受け入れるはずがない。
どうしたらいい? どうしたらいい? 

危篤と言われて、覚悟をする。 そして、もしかして危篤状態から復活するかもしれないと希望を持つだろう。
「覚悟と希望」
でも、あたしには、希望がない。 絶望しかない。
いったい父はその辛い状態をいつまで続けなければいけないのか・・・その先に希望はないに等しいのに。
いったい父は何のために今、治療をしているのか・・・・その先に受け入れがたい現実が待っているのに。

もう何がなんだか、あたしの中で混乱してきて、
あ、、、そうや。 ショウゴ。 ショウゴがまだ勤務先から帰ってきていない。
今晩、帰ってくる。そして父に会いに来る。
ならば、それまで。 そのために父は頑張っているんだ。 きっとそう。
父に、「夜にはショウゴが来てくれるから!!」と声をかけた。

senior01_z_12.png 理恵 2019.9.21
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

父、危篤

Edit Category 介護 > 実父の介護
9/20(金)

父が入院した次の日、様子を見にいって、父の姿を見て愕然とした。
父は酸素マスクをして、息も荒く、脈拍は120ほどにもなり、血圧は150。
え・・・・嘘でしょ・・・。
この日曜日、父のホームで不動産屋さんと実家売却について話をし、
父は権利書の中の図面を広げ、値段設定に自分の意見をしっかり言っていたし、何一つ変わった様子なんてなかったのに。
大丈夫なん?これ・・・ 不安な思いで帰って、近々の予定をキャンセルした。

そして金曜日の朝、6時半過ぎ、あたしの携帯がなった。
ドキィイィイイイ!!!!
病院の看護師さんからだった。
「お父様の状態がよろしくありません。今すぐ病院に来ていただけますか?
 どうか落ち着いて安全運転できてください。」 と。
ちょうど夫テツが出勤準備をしている最中で、あたしも洗濯中。
二人でとりあえず病院に駆け付けた。 

父は、きのうよりさらに熱が上がり、40度。
目もカッと開いたまんまで、意識はあるのかないのか。 「お父さん!」と呼びかける声が聞こえているのかいないのか。
4172213.jpg

先生からの説明を受ける。
父は肺炎で、しかも抗生剤のなかなか効きづらい質の悪いMRSA肺炎の可能性が高いとのこと。
呼吸に関して人工呼吸器や、もし状態がよくなっても口から食べるとまた誤嚥性肺炎を繰り返すだろうから、胃ろうとなると先生は言った。
え・・・・・。 なんか、、、絶望
「父が老人ホームに入るときに延命治療はしないとサインしています。」 と答えた。
先生はうなづいて、「あとはご本人さんの体力がどこまで持つかです。」 と。
その先は返す言葉がみつからなくて、ただ、わかりましたと言った。

病室に戻る途中、看護師さんに、 「会いたい人がいるならば呼んであげてください。」 と言われた。
・・・・父、死ぬんだ。 信じられない。急に事態が変わりすぎて気持ちが追い付いていかない。
「あの、、、、母を呼んだ方がいいってことですか?」と言葉にしたら涙がこぼれた。
「はい、そうです。」 と看護師さんは答えた。

母のグループホームの施設長に電話をかけて事情を説明。
「母はこの事態を受け止められますか? 混乱して状態が悪くなったりしないでしょうか? 」と、認知症の母がどういう反応をするのかが心配で尋ねる。
「大丈夫だと思いますよ。お母さんはたぶんちゃんと受け止められます。」と落ち着いた声でしっかりおっしゃったので、夫テツが母を迎えに行ってくれた。

病室に来た母は、べつだん変わった様子もなく、
「仕方がないね~。 昔から気管支が弱かったから。 おじいちゃんもこんな感じやったわ。」と繰り返し繰り返し言った。
「お父さんに声かけたって。」 とあたしが言うと母は、
「おとぉーさん、おとぉーさん。 ここにいたら大丈夫やで。」って、父の肩あたりをポンポンと叩きながら言っていた姿が、なんとも可愛らしくて、微笑ましくて。
認知症だからかな・・・・なんていうか罪のないあっけらかんとした感じ。

「あんたは一人っ子でつらいな~。全部ひとりで背負わなあかんね~。」 ってあたしに言う母。
我慢していた涙がこぼれる。母の言うようにあたしが何もかもしなきゃ。しっかりせなあかん。でも、お母さん、どうしたらいい?はぁ・・・・。  仕方ない。ええよええよ。 お母さんは元気でいてなあかんで。
母はなぁーんの混乱も起こしてる様子もなくてよかった。
そして母は自分のホームに帰って行った。

senior01_z_12.png理恵 2019.9.20
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

父が肺炎で入院

Edit Category 介護 > 実父の介護
9/18(水)

仕事の昼休みに携帯を見ると、父のホームから着信があった。
折り返すと、父が高熱と腹痛なので病院に連れて行きますと。
風邪 しかし、ありがたいことやなぁ・・・。 老人ホームにいるとこういう時安心だ。
あのまま独居だったらまた自宅で倒れていて、救急車で運ぶか、もしかしたら気づくのが遅くてそのまま・・・なんてことも十分にありえる話。
病院に行く途中の車の中で嘔吐したらしく、ホームの看護師さんいわく、
「腸閉塞かなぁ・・・」と。
えっ、、、、腸閉塞。 それはちょっとやっかいやなぁ。 

仕事が終わった19時半。携帯にまたホームから着信があり、折り返す。
ホームの看護師さんが、「入院になりました。肺炎、、、もしくは腸炎かな。これから検査です。お父様の診察券持ってきてください。」と。
げぇ~~、、、また入院。 今年これで4回目。こないだ前立腺の手術も無事終えて、退院後、ホームの生活にも慣れてきたところなのに・・・。
しかし、父の異変に気づき、ちゃんと入院まで世話をして頂けたホームの方には感謝することばかり。

職場から自宅にいったん戻り、父の診察券を持って病院へ向かう。
もう夜の20時すぎ。
父は高熱で寝ていた。 額を触ると熱ぃぃい・・・・・
「お父さん、、、お父さん。」 声をかけてもぐったりと寝込んでいて起きない。
看護師さんが 「今のところ、肺炎という診断です。 誤嚥性肺炎。 でも、腸炎という可能性もありますが、大便が出てないので、培養検査ができていませんのでなんとも・・・」 とおっしゃった。

誤嚥性肺炎・・・・・
これはやっかいなことになった・・・・。 高齢者には命とり。 

senior01_z_12.png 理恵 2019.9.18
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

大型家具の処分に難航

Edit Category 介護 > 親家片
9/17(火)

実家ってどうしてこうも家具が大きいのだろう・・・
母が嫁入りに持ってきた和ダンス、洋ダンス・・・でかい、でかすぎる。
ソファも、で、、でかい。いったい、どんな重鎮が座るんだ! 
テレビ台も、でかい・・・そして重い。
昔の人だからか、とにかく家具がすべて大げさなんだよぉーー。

なんとか分解して、車に積んで市のクリーンセンターに粗大ごみとして運べればかなりの節約になる。
夫テツがやれるだけ、ガンガン叩いて、まだ軽めの本棚は破壊してくれたけど、
そのとにかくでかい家具はびくともしないーー。

IMG_1838.jpg
IMG_1839.jpg
IMG_1845.jpg

もう無理ーー! 

で、あまりの難航っぷりに、金額が高いのを承知で、不用品引き取り業者に来てもらった。
今まで、ちまちまと市のクリーンセンターに自分で運んでいたけど、こんなでかいの、ウチの車に乗らんし!
2トントラック2台で一気に持って行ってもらった~~ さいなら~~

house04.gif 理恵 2019.9.17

業者の作業が遅れて夜11時半までかかったらしく、実家のご近所から苦情が・・・
そりゃ当たり前でしょ。ほんま、常識ない業者でクレーム入れたった!
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

親のアルバムの処分

Edit Category 介護 > 親家片
9/17(火)

遺影はL判に縮小し、写真立てに入れた。原画は躊躇なく燃えるごみとして捨てた。
小さくしてみると、とってもいい感じ。父のホームの部屋にも飾りやすいし、父自身も気に入っている。

IMG_1840.jpg

写真で処分に困るものがあともう一つ。 親のアルバムだ。
父のは赤ちゃんの時からの。 母のは中学からの。 それとお互いに中学、高校の卒アル。
恋人時代と結婚式の写真・・・。

とりあえずそれぞれにどうしてほしいか聞いてみた。
sutete.png 母、あっさり。 ・・・一方

mottekite.png 父、、、ひぃーーめんどくさ。

父のホームに持って行くにしてもかなりの量になるし、卒アルとかはまだしも、
母との恋人時代のや、結婚式の写真とかはどーすんのさ。 
あれだけあたしに、「この結婚は失敗やった。」とか、、、「結婚生活は2年で破綻した。」とか聞かせたくせに。
それなのに、アルバムとかいる???
で、 「お母さん、捨てて、言うとったで。」 と言ってみたら、父、、、しばらく考えて、
「いらんか・・・・いらんな。もう、見返すことなんてないか。」 と。

せやろ? いらんやろ? ホームに持って行ってもいつか邪魔になるだけやって。
両親の許可を得たので、片っ端から写真をアルバムから剥がし、破って捨てた。
時に爪の間に写真が刺さって出血したっつの。

それでも、両親にも愛おしい時代があったんじゃないの??って思って、
父は、成績がよかったことをいつも自慢するから、学生時代の写真と、会社の同期の仲間で行った琵琶湖の海パン姿(笑)
同期でふざけてる楽しそうな写真を。

母は、踊りを習っていた中学、高校の頃の話を今でも懐かしんでよくしてくれるから、その写真と、
男性の踊りの先生の写真がアルバムのあちこちに貼ってあるので、きっと憧れていたんだろうと、その先生の写真を
それぞれ数枚、捨てずにあたしが預かっておくことにした。
あと、母の白無垢姿と、親戚の集合写真を1枚ずつ・・・・。

IMG_20190915_0008pikuni.jpg

この写真はお互いが自分のアルバムに貼っていた。
なんて微笑ましいショットだろう・・・父は大きな口をあけておにぎりをほおばっている。
母はその横ですごく笑っている。
こんな二人をあたしは見たことがない。
このままの気持ちで結婚生活を送れたらよかったのにね。

hiyoko03.gif 理恵 2019.9.17

あなたたちがこの世を去るときに、この写真は棺の中に入れてあげるよ
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記
 
09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

08 10


 
 
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(53歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
 
最近観た映画
 
 
 
 
 
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
 
 
検索フォーム
 
アーカイブ
 

ARCHIVE RSS