FC2ブログ

オレンジ色通信

ふつーの50代主婦の今日のツボ

 

危篤状態から3日目の朝

Edit Category 介護 > 実父の介護
9/23(月)

また朝がきた。思うことは同じ。
昨晩、病院から電話はなかった。父はまだ頑張っているんだ。
今日も苦しむ父の病室で、ただただ父のあえぐような息の音や、のどに詰まった痰を吸い取る音を聞く。
入院した日から脈拍はずっと100を超え、父はもう5日間、走り続けているような体力の消耗。
はぁ・・・・・。 つらい。

台風17号の直接の影響はなかったけど、夜中に雨が降ったんやな。
道が濡れ、木の葉が舞った跡がある。
台風一過ですがすがしい青空。 洗濯物を干しながら、心の中で父に話しかける。
「お父さん、ショウゴの式典にどうしても行きたいねん。 もう十分。つらいやろ。 もう終わりにしよう。
 今日でさよならしよう。 お父さんやったら、 俺の事はいい。おまえ、行ってこい。行ってやれ。って絶対言うよな・・・」
そう思っては、また、とてつもない罪悪感、良心の呵責にさいなまれる。

下の部屋に下りて行って、朝ドラを見ていたら、電話が鳴った。病院からだった。
「お父さんの血圧が40に下がっています!今すぐきてください!!」

夫テツと車庫へ走る。 まだ寝ているうーたを起こしてすぐ来い!とショウゴに告げて。
心臓が口から出そうで、声がうわずる。

父の病室に続く廊下のつきあたりのナースステーションから看護師さんが走って出てくる。
えっ・・・・そんな状態なん。
父の病室のドアを開けると、今までと同じように酸素マスクをしてる父が居た。
「お父さん!!」って声をかけて横のモニターを見ると、
0・・・・・つーーーーーーーーーと線が左から右へ 
0・・・・・つーーーーーーーーー  赤く点滅して光り・・・脈と呼吸が「0」

嘘でしょ!!!   嘘や お父さん、死んだ。 間に合わんかった。

看護師さんが、「もうすぐ娘さん来てくれるから頑張って! って何度も声をかけたら、最後に おーーーーと声を出されました。」
と教えてくれた。

ごめん、ごめん、ごめん、ごめん
一人で死なせてしもた。
あたしが、朝、あんな事願ったから。 ショウゴの式典に行かせてっていうたから!!
きっと、そうや。 お父さん。
ショウゴとうーたが入ってきた。 「おじいちゃんが!」 そのあと、何て言うたか自分でも覚えていない。

父にしがみついて泣いた。 ガリガリの父の胸に。
ひとしきり泣いて、父の死を受け入れた。そしてやっと 「ありがとう。」 って思えた。 
お父さん、 あたしの願いを聞いてくれたんやな。 

母がグループホームに入所した今年の2月から父とあたしの7か月間の、すごく濃密な時間。
まだ実家であたしが暮らしていたころ、怖くて嫌いで、ほとんど口をきいたことさえなかった父。
今まででこんなにしゃべったこと、なかったよね。
父がけっこう、おしゃべりだって気づかされた。 父の笑い声を初めて聞いた。
口下手で、不器用で、だからこそわかりにくい、気難しい父の、愛情を感じた7か月間だった。

senior01_z_12.png 理恵 2019.9.23 
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

危篤状態から2日目

Edit Category 介護 > 実父の介護
9/22(日)

朝、目覚めてまた思う。
・・・・病院から電話なかった。 父はまだ生きている。いや、、、死んでない。
またつらい、つらい1日が始まるんや。 
病室で苦しむ父の横で、それを見ながらどうしてやることもできない。 ただ黙って見つめているだけ。
変化がないか、繋がれているモニターの数字をただ見つめているだけ。

きのう、ショウゴが父に会いに来た。 危篤だって説明してあったのに、ピンときてなかったのか、、、。
病室に入ってくるなり、 「おじいちゃん、元気??」って明るく言って、父の様子をみて絶句しているショウゴ。
「・・・・な、、訳ないよな。おじいちゃん・・・・。」 と現実を突きつけられて言いなおすショウゴ。

夫テツがショウゴと一旦、家に帰って、あたしは一人、病室に残される。
父が会いたかった人たちの最後のショウゴも来た。 
もう、ええやんか。 もう、終わりにして。 もう、見てられへん。もう、つらい、しんどい、もう、いやや。
看護師さんに泣いて訴える。
何のために、治療してるのかわからん! 肺炎が治まってきたってその先に待ってるのは「胃ろう」でしょ。
それは父には絶対、受け入れられない。 
父は、口の中に大きな腫瘍があって、本当は食べ物も細かくするとか、ムース食とか、そうした方がええねんけど、
食べた気がしないって言うて、老人ホームでもみなさんと同じ普通の食事にしてもらってる。
それは、父のリスクを承知の上で、それでも残りの人生を好きなように生きてほしいと思っているから。
治ったって、その先の父の人生は、高齢の父には可哀想すぎる!!!
もう、終わりにしてやってほしい。
そう思いながら、父の横に座って、ずっとただ父が死ぬのを待っている気がする。
いつ終わるの?ってことは、いつ死ぬの? 終わらないってことは、なかなか死なないってこと。どうなっていくの?
そんな事を思ってしまう、自分の罪悪感が耐えられない!!! 

看護師さんは、「私たちは全力でお父さんがまたホームに元気に帰られるよう、精一杯努力します。」とおっしゃった。

もう、あたしは精神的に限界だった。 気持ちの行き場を見失い、持って行きようのない悲しみと怒りでめちゃくちゃだった。
夫テツとの会話のちょっとした言葉にもかみついた。

26日に、ショウゴの就職先の式典があって、半年間、全寮制で勤務してきたショウゴの修了式。
どうしても行ってやりたい。この日を楽しみにしてきた。
このまま、父が状態変わらずだったら、あたしは式典に行けない。
父を放ってはいけない。 でも、行きたい。 もう、父、そんな頑張らなくていいのに・・・・
ほら、またあたしはこんな最低な事を思う。あたしは父が死ぬのを待っているんだ・・・・
これが娘の思う事か! 

しんどく苦しい息をして、精一杯、息をして、必死で生きようとしている父の横で、
もう終わりにして・・・と願う。
今まで好き勝手をしてきた父。母に暴力をふるって、家庭内別居状態だった実家。
父が死んだって涙ひとつでないや、きっと。 って思ってきた。
何度、心の中で 「死ね!」と毒づいたことか。
でも、、、 その 「死ね!」 と、今、あたしが思っている 「終わりにして。」 と願う気持ちは全然違う。
涙があふれて止まらない。

今日はあたしの誕生日だった。

senior01_z_12.png 理恵 2019.9.22 
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記
 
09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

08 10


 
 
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(53歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
 
最近観た映画
 
 
 
 
 
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
 
 
検索フォーム
 
アーカイブ
 

ARCHIVE RSS