FC2ブログ

オレンジ色通信

ふつーの50代主婦の今日のツボ

 

父の遺影の写真

Edit Category 介護 > 実父の介護
9/24(月)

父の遺影の写真はそれはそれは穏やかな笑顔。
笑顔というより、はにかんだという感じかな。
この写真を遺影にしたいきさつがちょっと不思議・・・・。

今、実家を売却中で、あたしは時間を見つけては親家片作業に追われていたんやけど、
父が今回の肺炎で入院する前日の9/17(火)に、あたしは両親のアルバムを処分している。
その日の日記は このリンクから読めます。
  親のアルバムの処分

あろうことか、、、両親が亡くなった時、棺に入れたげるわ、、と、数枚の写真をそれぞれの分持って帰ってきた。
父の分は、今回、その通り、棺に入れることになってしまったんやけど。
その他に、あたしは、どうしても気になる写真が1枚あって、その写真だけは自分が持っていたくてもらってきたのがあった。
家に帰ってきた時も夫テツに、
「この写真、ええ写真やろ? お父さんの顔、、すごくいいよな! いい顔してるよな!!」 って見せていた。
それは父と母がお出かけ先で、誰かに撮ってもらったような写真だった。

その写真をもらってきた翌日に父は入院し、5日後に帰らぬ人になってしまった。
そしてこの写真を遺影にした。
なぜ、あたしがこの写真だけがどうしても処分できず、持って帰ってきたのか。

父の葬儀には父の唯一のたった一人のお友達がご夫婦で来てくれた。
父と母は社内恋愛で結婚して、その友人も同じ会社で働いていらっしゃって、今から10年ほど前によく夫婦二組ででかけていたというのを聞いたことがあった。
家庭内別居のうちの両親も、このお友達ご夫婦のおかげで出かける口実があったようだ。
もしかして、この写真って・・・・・?

「この写真、もしかしたら〇〇さんが撮ってくださったんやないですか?」 と葬儀の前に聞くと、
「そうそう!! 僕です。僕が撮った写真です。あー懐かしいなぁ・・・・」と。
「おじさん、これ父の遺影にしたんですよ。 こんないい顔の父の写真を撮ってくださってありがとう。 
一生、大切にします。」 と伝えたら、
「光栄の極みです・・・」 とおじさんは声を詰まらせた。

父の大切な友達が撮ってくれた1枚の写真。
それをあたしがなぜか捨てることが出来ず、実家から持ち帰っていた。
それが遺影になる・・・・・。

これってただの偶然? それとも虫の知らせ?
不思議なこともあるもんだ。 あたしの手元に残ったたった1枚の両親が並んで写る写真。 

IMG_20190915_0006iei.jpg

senior01_z_12.png 理恵 2019.9.24

あ、そういや、父が老人ホームに入る前に母に会いに行って、二人が並んでる写真も撮ったな~
父、号泣しとるけど(笑)
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記
 
09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

08 10


 
 
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(53歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
 
訪問ありがとう
 
最近観た映画
 
 
 
 
 
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
 
 
アーカイブ
 

ARCHIVE RSS