FC2ブログ

オレンジ色通信

ふつーの50代主婦の今日のツボ

 

仲良し4人組 (後)

Edit Category 介護 > 実母の介護
-つづき

次の日の朝、ホームに電話をしてみた。
ホーム長さんに、
「きのう、、やっぱり母は行かなかったんですよね?」 と。
すると、 「い~え~! 行かはりましたよ~。」と弾んだ声。

えぇぇえええええええ!!!!!???

「11時くらいに、お友達の方から、もうすぐタクシーでそちらに着くので玄関で待っててくださいと電話があって・・・
来られたら、お母さん、お友達のお一人と、抱き合ってらっしゃいましたよ!!」
「そこから、ごはんに行かれたのかな~~。 また2時くらいにタクシーで戻って来られて、お母さんのお部屋で長い事、おしゃべりされてましたよ!!」

なんや! あれだけ、行かへんとか言うてたくせに!!もーほんまに・・・
胸がいっぱいになった。 やばい、、、泣きそう。

「ちょっと待って。お母さんに代わるね!」とホーム長さんが母を電話に出してくれた。
「お母さん、きのうお友達と会ーたんやて? よかったなぁ~。楽しかった?」と聞くと、
「うんうん。すごく楽しかった~。 やっぱり高校時代の友達はええな! すぐその時に戻るわ。長い事、会ってなくてもすぐにや。
また2か月くらいしたら会おうって言うてるねん! 
友情の長続きの秘訣はな~頻繁に会う機会を持つことやな!! 」

だって~・・・・(笑)

よかったなー。お母さん。

ホームで自分のお金を持っていない母に渡してほしいと、3000円をホーム長さんに託けといたけど、
財布を用意するのを忘れたいたけど、ホーム長さんが、可愛いきんちゃく袋があったから、、、と、それを母に持たせてくれたらしい。
ありがたいな・・・。
コロコロ気分が変わってしまう母の病気に根気よく付き合って、実現させてくださった仲良し4人組のお友達のみなさん。
本当にありがとうございました。

電話を切ったら、またポロポロ涙が出た。

free-illustration-friends-schoolgirls-irasutoya-224x154.jpg 理恵 2019.10.17

父もこんな機会をくれてありがと。

関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記

仲良し4人組 (前)

Edit Category 介護 > 実母の介護
10/17(木)

うれしい事があった

父の告別式の夜、母はホームから高校時代の女友達に電話をかけた。
「主人が亡くなったのよ。」と。
報告しないといけないと思ったのか、寂しくなったのかわからないけれど。

母には高校時代からずっと交友を続けている女友達がいる。 母いわく、「仲良し4人組」
母がまだ認知症を患う前は、同窓会にもいつも出席していたし、その仲良し4人組でもよく集まっていた。
母が胃癌で手術した時もお見舞いに3人で来てくださった。
母が認知症を発症したのがおそらく一昨年で、ホームに入所したのが今年の2月。
仲良し4人組の集まりは4年前から途絶えていたらしい。

母がグループホームに入所した時に、
「お友達に会いに来てもらおうか?」 って母に聞いたけど、
「こんなところにいるの、、知られたくない!」と言っていたので、あたしも母の気持ちを尊重してお友達には知らせなかった。
お友達の一人のHさんは、何回か実家に電話をかけてくれたらしいが、母が認知症でホームに入所したことを受け止められなかった父は、
「ちょっと体調を崩して入院しています。」 とか
「今は娘の家に行っていてしばらく帰りません。」とか嘘ばかりついていた。
そんな事で、その集まりが4年途絶えていたのはおそらく母のせい・・・。

父の告別式の夜に母はHさんに電話をし、自分が老人ホームにいることを告げた。
これは大きな母の心境の変化。 ホームが母の居場所になっている証拠。
Hさんはおそらくびっくりされたことでしょう・・・・。

次の日、Hさんからあたしに電話があった。 
「きのう、お母さんから突然に電話があって、、、老人ホームにいらっしゃるのはどうして?」と。
母は自分が認知症であるとは思っていないけれど、同じ話を繰り返しするのでHさんも感じてはいたはず。
あたしは今までのいきさつをすべて話した。
Hさんは、「これですべてつながった。わかりました。」と言い、母とまた4人で集まろうという話になったので、どうしたらいい?と聞かれた。

母の現状、注意点。Hさんと打ち合わせをして計画をたてた。
母の認知症を気遣って、お代金はすべてこちらで用意します。と言ってくださるが、
母もプライドはまだあるし、今まで通り、お友達のままでいてやってほしいとお願いをした。
お金を母に持たすので、ちゃんと母に支払いをさせてやってほしいと。
Hさんはあたしの気持ちもすべて受け止めてくださった。

でも母は、今日までの3週間あまり、その日の気分で、「行くわ。」と言ったり、「やめとく。」と言ったりを繰り返し、そのたびにHさんはあたしに
「お母さんの本心を聞いてほしいんだけど。」と電話をかけてきた。
元気な頃の母がそんな無責任な事を言ったら、めっちゃ怒っただろうけど、なんせ母は認知症・・・
自分が告別式の夜に電話をかけた事も、自分が集まりたいと言った言い出しっぺであることも覚えているはずがない。
その日の気分で思った事を口にする。そういう病気なんだ。
それでも、どうしても実現させてあげたい。

そして当日の朝、母からあたしに電話があった。
「気乗りせーへんからやめとくわ。 おなかの調子も悪いし。 お天気も悪いし。」と。
えーーーー!! ここにきてやっぱりドタキャンかよ~~
すごく残念やったけど、母を責めることは出来ないので、 そっか~。タクシーで迎えに来てくれはるから大丈夫やで。
って言ってみたけど、「いやや。もう、Hさんにもメールで断ったわ。」 と言う。
仕方ない。 落胆した気持ちで1日を過ごし、お友達3人さんにも申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

- 長くなったのでつづく
関連記事
Community テーマ - 頑張れ自分。  ジャンル - 日記
 
10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

09 11


 
 
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(53歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
 
訪問ありがとう
 
最近観た映画
 
 
 
 
 
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
 
 
アーカイブ
 

ARCHIVE RSS