FC2ブログ

直面した現実

2/28(木)

2/23、24の土日はホームへのお引越しであれやこれやと購入してはホームに運び、母の新しい部屋を飾っていった。
ナチュラルカラーでそろえた家具。フォトフレームにはあたし達家族の写真、入所が決まった日、回転寿司で孫2人に挟まれた母の写真、去年の6月に母と行った高野山のバス旅行。そして一つの空きスペースには、春から社会人になるショウゴの晴れ姿の写真を入れる予定。
母も早くその写真が見たい!見たい!とはしゃいでいた。
父の写真は用意しなかった。

「私は大丈夫! 快適、快眠!!」 と笑顔で話す母。
あの日のあたしの安堵感は言い尽くせない。 母を入所させた事の切ない気持ちと天秤にかけても、この「安心」という何にも代えがたい思いは、どんな気持ちにも勝ると思った。

そして、月曜日。母がホームで生活する実質初日・・・・
夜に母からメールがきた。 母はあたしの家で過ごしていた2週間の間にまたメールが打てるようになっていた。
「人しかわからずへこみました。」
ん?? 人しかわからず・・・?
どういう意味だろう、、、って考えて、おそらく、あー、あの人見た事あるな。くらいしかわからず、自分の家じゃないし、勝手がわからず凹みました。そういう意味だろうと推測。
「大丈夫。そのうち慣れるよ!」って返事すると、
ぶぁ~~~~!!!!!!と母から、大量の同じ言葉の繰り返しの支離滅裂なメールが届き、あたしは不安に押しつぶされそうになった。
内容は、「あなたに迷惑はかけたくない。でも、外から見ているのと違って、直面したものにしかわからない!
自分の身の振り方は自分で考える、時間をちょうだい。」
こういった内容だった・・・・。 

次の日、午後、ホームへ様子を見に行った。 
おやつにみなさんとクレープづくりを楽しんでいた。 朝からは、お出かけもしたらしい。
それでも、部屋に戻ると、 「私、もう元気やから家に帰るわ。退所する。」と言う・・・。
相変わらず、父の事が心配だと言う。
母の気持ちはすごくわかる。 まだまだ自分の足で動ける母が、自分より明らかに重度の利用者さんを見てショックを受けたんだろう。 私はここにいるべきじゃない。 自分の家があるのにどうしてここに居なきゃいけないの??
自尊心もプライドも高い母。
お風呂にも全く入ろうとしないらしい・・・。

はぁ・・・・・私は大丈夫!と笑っていたのは何だったの?
気持ちは痛いほどわかる。わかるけど、どうしても家には帰せない。 父との生活には戻せない。
我慢してもらうしかない。 お母さん、ごめんね、という気持ちはあるけど、父との生活よりきっと数百倍、安心なんだよ。
あたしは、なぜ母をホームに入所させようと思ったか、、、その過程をもう一度自分に問いかけて、やっぱり間違っていないと自分に言い聞かせた。
きっと時間が解決してくれる。 何日、何か月かかっても。

obaacyan02.gif 理恵 2019.2.28

今日も様子を見にいったが、やはり「私、頭もすっきりしてきたから退所する!」って言ってた~~
関連記事

テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

Comments

Re: れもん 
帰りたい・・・は本当に心にぐさぁーーーっときて困りはててしまうのよ。
悲しくなるわ。
でも、母がもとの生活に戻るなんて絶対無理だし、それははっきりしてることやから
あたしが迷ったらだめなんだよね。 
時間はかかるけど、きっとそのうち、母も
「家に帰っても別になぁ・・・・・・」って思う日がくる!! 
それまで同じことの繰り返しなんだよね。
Re: かえで 
かえで、いつも励ましてくれてありがとう!
そうだったよね~。お父様も時間かかったよね。かえでは1日にすごい数のお父様からの着信にも悩んでいたよね。
やっぱり時間かかるんだよね。 そりゃそうだ。
このかえでがアドバイスくれた 「カステラ」と「エベレスト」
なるほどなぁ・・・・と思った。
母の家に帰って暮らしたいという願望はもはやエベレストに登りたい。
普通だったら、何言うてるん!!(笑) っていう内容で、流せるのに、今、あたしもナーバスになってて、母に対する罪悪感があるから流せなくなってる・・・・
でも、頭ではしっかりわかってる。母がホームを出て自宅で暮らすなんて200%ないってこと。
そうなんだよね、割り切りが必要。 ぶれない態度が母にとっても一番いいってことだもんね。
 
かえでさんの言葉に大賛成です。

この先も事ある毎に
自問自答の日々が続くと思いますが大丈夫!
私も理恵さんは間違ってないと思いますよー。
 
理恵姉、
お母さんの「退所したい」って言葉、今の理恵姉にとって
どれ程、重く苦しくのしかかる言葉かよく分かるよ。
うちの父もホームに入居して最初の1年は
「ここを出てかえでの家で暮らしたい」って隙あらば、言ってきたから。
そう言われる度、
私は親を見捨てて自分が楽を選んだような罪悪感との戦いだったし
「それは無理だよ」と父にきっぱり言いつつも、
ホームからの帰り道は涙がぐすぐす…。
で、今、振り返ると、私は父の言葉をま正面から生真面目に
受け止めすぎていたな、と思うのね。
例えば、
「カステラが食べたい」
くらいのわがままなら、出来る事だからこっちもつい、その要望に
耳を貸すじゃない?
でも、
「エベレストに登りたい」
って、もしも言ってきたら
『何を出来もせん事を・・・』と、
まともにこっちも取り合わないじゃない?(笑)
お母さんの「退所したい」は、もはや、
エベレスト登山くらい難儀なことなんだと、
もうそれは、ありえない選択なんだと、
理恵姉、割り切ってみようよ??!!
ちょっと我ながら大胆な例え話になってしまったけどさ。
要するに、何が言いたいかっていうと、理恵姉は絶対間違ってないから、大丈夫ってこと!

« »

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(53歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ (23歳♂)
うーた(大3♂)

日常のツボをぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村



にほんブログ村
訪問ありがとう
最近観た映画
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login