『ぜっこう』

―――――――あたしは小学校で絵本の読み聞かせのボランティアをしています。

ボランティアのおかあさん方の数は多く、ごくごくたまにしか順番は回ってこないけれど、

絵本に触れる事が出来て、あたし自身も楽しんで続けています。

絵本は単に、子供のためのものだけではないと思います。

現在、子育て中の人も、これからもしか親になるであろう人もどうぞ、ちょっとのぞいていってください――――――

 

 

2007.6.15 4年4組さとと-閉じた本

              

image5659019.jpg
      『ぜっこう』  


             柴田愛子 作

 

 

 

 

 

 

 

 

ふだんはとても仲のいい、「がく」と「しゅんたろう」。

ところが、ある日、がくは叫んだ。 「しゅんたろうとぜっこうする!」

なぜ、ぜっこうされたのか理由がわからないしゅんたろう。 どんどん元気がなくなっていきます。

仲裁に入ったアイコ先生ががくに理由を尋ねると、

「いっしょにかくれんぼをしていて、しゅんたろうが鬼だった。でも、いっくら待っても見つけに来ないから見に行ったら、しゅんたろうはお弁当を食べてたじゃないか」と叫びます。

 

 

子供の頃、誰でも、仲の良かった友達と今日から絶交!! なんて言った記憶あると思います。

一生、遊ばない!などと大それた約束事を自分に作ったりします。

何日か過ぎていくうち、絶交してるっていう事が薄れてしまって、また遊んでしまったりするんだけど、あぁ-、そうだ!この子と絶交してたんだ・・・・って思い出して離れたり^^;

そして、また絶交を自分で守り通そうとしてみたり^^;

 

子供は、誰に説明するでもなく、自分に自分で 「決める」 ことがあります。

その決めたことは、幼くても 「誓い」 であって、自分で崩すわけにはいかないものなのです。

なんとなく、わかるでしょう? 子供の頃の自分を思い出してみたら、そーだったなぁ~って・・・・。

 

 

 

「人が人を許せないというのは、よっぽどのことだよ。」とアイコ先生ががくを諭そうとします。

すると、がくからするどい質問がアイコ先生に飛びます。

――― 「じゃあ アイコは どろぼうをゆるせるのかよ!」

 

――― 「じゃあ ひとごろしもゆるせるのか!!!」

 

 

このがくの言葉に一瞬驚いたけれど、いかに真剣なのかがわかります。

ケンカも絶交も子供に取っちゃー、常に一大事。

ここに登場するアイコ先生は、がくと真っ向から向き合い、自分の考えを真剣に伝え、

絶交を解く方向に導いていきます。 

あたしは、子供達の気持ちにこんな風に向かい合っているかな~

ケンカをうるさく思い、都合良く片づけてしまったり、大人の了見で言いくるめてしまったりしてないかな~って思いました。

 

あっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 

読み聞かせてみて、どうだったかって、、、、、、、、?

 

教室中、、、、、、、ドン引き です・・・・はい、、、(;´Д`A ```

先生まで、 「ふ、深いですね・・・・」 って感想をおもらしになってました・・・。 あいや~

 

でも、何か心に残ったはず! 

子供達には「絶交なんていやだなー。」 くらいの感想でいいのです。

大人の人には、ぜひ、もっと感じてほしいなって思ってここに紹介しました^^

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 絵本    ジャンル : 本・雑誌

Comments

 
【maasan】男の子にはけっこうわかるなーっていう内容だったんじゃないかな?
あとね、男の子のけんかがテーマになってる絵本であたしがおすすめなのは、
「まつげの海のひこうせん」 山下明生さんの絵なんだけど。 かぜひきたまごとかで有名な。
これ、けんかで負けたくやしさを飛行船に乗ってはらす!!といったお話で、とってもユニークなんだよ~
 
この前の水曜日が月に2回の文庫の日だったんだけど。
3年生くらいの男の子がじ~っと固まったままこの本を広げて読んでいてね。読み終わったら「ふう~~」っておおきな深呼吸していたよ。きっといろいろ感じてすっごい集中して読んだんだろうなあ・・
あえて感想はきかなかったけど、こうしてポツリポツリとこの絵本に出会っている子がいます。
ウチの娘にも一度は読んどいてほしいな。もう15歳なんだけどね。
 
おぉ!!!   うれしいな。
どうやったぁ??
子供の世界の中の「ぜっこう」という真剣な気持ちがひしひしと伝わってくるよね。
だからこそ大人は、あやふやな言葉や態度でそのけんかを終わらせちゃいけないって思い知らされたよね。
ついめんどくさくなって、 あたしも兄弟げんかの仲裁を、 親の力でねじ伏せてしまったり、お互いの言い分もちゃんと聞かず、うるさーーーい!!ってなっちゃったり。
そして、この絵本は、どういうことは許せて、なにが本当に許しちゃいけないのかっていう、「許す行為」についても伝えてるよね。
人殺しは許せない!!って先生が真剣に言うでしょ?
そこで子供も、友達を許すってことは、できることだ。本当に許しちゃいけないってことはちゃんとあるんだってことがわかってくんだろねー。
 
いまごろなんだけど・・・。
この本がずっと気になっていて、暮れにやっと見つけたの!図書館の団体貸し出しの棚にひっそりあったのです!おはなし会には使えなくても、だれかそっと借りてくれたらいいかもな。って思って、文庫の本の入れ替えの時に、そおっと借りてきましたっ!そしたら、今年その本を借りた子がいてね。
その子は私の仕事がらみで1歳8ヶ月のときから小2の今まで毎週ウチに来ている女の子なんだけど、「どうだった?」ってきいたら真面目な顔して「いい本だった。じんとしちゃった」っていっていたよ。
年齢的にどこまでわかったか「?」だけど、きっと心に残ったんだろうな。
ありがとう。Riecocoさんのおかげで私も彼女も、この本に出会えたよ(^^)/
 
【maasan】コメントありがとう!
最近の子供達は、相手と面と向かってぶつかることをせず、陰で集団で無視したりしてしまう・・・・。 堂々と「絶交だ!」って宣言してけんかしたっていい。もっと、怒ってるんだぞ!!っていう気持ちを表現出来る子になってほしいよね。
 
『ぜっこう』 最近の子に、このことばの重みが わかってくれるといいなぁ。
このことばを言わなくちゃならないときの苦しさを わかってくれるといいなあ。
深いテーマだけど、それを真剣に考えたり話し合ったりできるのが、4・5年生だよね。
昔は学級会とかで、結構シビアに友だち関係のことを話し合って、「罪を憎んで人を憎まず」的な結論が出たりしたよ。
朝には重かったかもしれないけど、友だちのこと考えるのにいつかは出会ってほしい本ですね。
 
【いくぴょん】ぜっこうだ! って宣言できる真っ正面からぶつかる姿・・・・
ある意味、それぞ子供の世界だなーって思います。
それが今の子供は、陰で本人が気づかぬうちに集団でシカトしてたり・・・・
なんだか、子供の世界がよどんできてる気がして嫌ですねー
 
読み聞かせ、お疲れ様でした!「ぜっこう」の本、今度読んでみますね。「ぜっこう」ってかなり辛いですよね。子供は自分の気持ちをごまかす事が出来ないから許せないって気持ちが「ぜっこう」って言うかたちになってしまうのかもしれないと思いました。この後、子供たちも先生も「ぜっこう」について考えたことでしょう・・・。
 
【まみたま】そうそう。 絵本って深いよねぇー。 大人は短い言葉の奥に隠されてる意味をわかることが出来るからねぇー。
子供はそこまでいかなくても、まみたまが言うように記憶の隅に残ってるだけでいいんだと思います。 そして、その子がもう少し成長して、何かにつまずいてしまったときや、大人になった時に、もう一度手にとってほしいなって思います。
 
絵本って短いけどそれを読むと大人はなんか深くかんじちゃうことってありますよね。短いなかにいいたいことがぎっしり詰まっている感じ^^
たしかに子どもはちょっとしか感じないかもしれないけど・・でもきっと心の中にはなにか残っている と思いますよ。 今は少しでもいつか「そういえばあの時こんな本あったなぁ・・・」って思い出すときがあると思います^^
 
【ダンサーちゃん】そうやね。 真っ正面からぶつかってるからこそ、相手の行動が許せなく、絶交!!ってなっちゃうんだよね。 大切に思えば思うほど腹がたつんだよね。
その点、反対に無関心という響きのせつないこと・・・・。 
大人も子供の言葉に無関心になりたくないですね。
 
絶交!っていえる友達こそ大好きな友達なんですよね。
ほんのちょっとしたすれ違いでも え?って思ってしまう。 子供のときは自分の感情を相手の人にうまく説明できなかったり。。。大人になってもそういうことはあるけれど。
大人がかつて経験したことを 経験上から「そんなささいなことで・・・」とか言いがちになるけど 子供たちが自分で考える過程も大事な経験の一つなんですね。
 
【はしクミ】おぉ!! やっぱりあなたは読んでましたかww
そうそう、そうなのよ。  この絵本の中に登場するアイコ先生も、がくのことを頭から説得したり、叱ったりしてないし、絶交について、難しく語ったりしてないよね。
ただ、真剣に、 がくが訴えた、かくれんぼの一件と、まわりの友達がなぜしゅんたろうが悪いのか、言ったことに耳を傾けてただけ。そのことについて何もとがめてないしね。
そして、がくがアイコ先生に投げかけた二つの質問に真剣にご自身の意見を述べられただけ。でもその真剣な先生の姿勢でがくは何かを感じたんだろうね~。
きっと大人になって、あぁ~、そういう事を伝えたかったんだな~ってわかる時がくるんだよね?
 
これ読んだよ~。こどもの世界ではごく普通にある事なんだよね。だから子供は共感するんだ。でも、それを大人が解説したら、こどもは???ってなっちゃうんだよね。でも、その解説を、後々なにかのきっかけで理解する時が来るんだ。そのとき、こんがらがった紐が解けるみたいに、昔は???だった絵本なんかの記憶が、実像みたくよみがえるんだよね。心の片隅に、しまっておいて欲しい一冊だと、私も思います。
 
【chiaako】読める機会があったらぜひ! 友達のことをすっごく腹がたって、絶交してしまった。許せない!!!って思うけれど、 どんなことが許せて、どんな事が許せないのか・・・・。 人を人を許せないっていうのはよっぽどのことなんだということを、なんとなくでもいい。 わかってほしいね~。
【minami】そうだねぇ~。 子供の頃に持ってたきもち・・・大人になって絵本を読むときゅんとするよね。 あ~そうだね、わかるわかるって。
絵本の中の単純な言葉に、はっ!とすることがあるよ。 難しい言い回しで言わなくてもいい、簡単な言葉でいいんだって・・・
【なっちゃん】そう!! そうなのよぉー!!
この絵本は、かくれんぼの一件で、絶対コイツを許せねー!!って思った気持ちで絶交しちゃうけど、 ずっと許せないっていうのは、どんなことなのか、どんな気持ちなのかを考える絵本だと思うの。
人を許すとき、自分がどんな気持ちになるのか知ってほしいよね。
 
【reiさん】子供の頃ってそんな言葉を本気で言ってたよねぇー
それだけ、その時の気持ちは真剣だったってこと。 
でも、絶交宣言する子の気持ち、される子の気持ち、どっちも考えられる子になってほしいよね!
【ともとも】もうねぇー、、、教室全体がしーーーんってなっちゃってさww
朝いちから、ちょっとテーマ重いっつーのねぇ~。 
でも、きっとこの絵本の二人、どうなっちゃうんだろうって心配しながら聞いてくれてたんだと思うよ・・・うん。 今度はもうちょっとほのぼの絵本を読んでくるわ~
【りえねぇー】仲直りはね、、、仲裁に入った先生に、「どろぼうはゆるせるのか?ひとごろしはゆるせるのか?」って聞いた質問に、「どろぼうは、そうしなければならないわけがあったから許せる」「ひとごろしは、絶対に許せない。人が人の命を取ることだけは、何があっても許せない!!」って真剣に答えた先生の姿から、子供は、人を許す・・・ということ。 絶対に許せないことは何なのかを学んで、 がくは絶交をとく・・・って言って泣きます。 これで絶交は終わりなの。 
【おトラ】うんうん! かくれんぼで放置されて友達を許せない!というのと、どろぼうや人殺しを許せない! を同じように悪いだろ?? って聞くあたりが子供の率直な気持ちなのよねぇ~。 同じように許せないのよね。
でも、そこをそうじゃないよってこの絵本のアイコ先生は説いていきます。
今の子供は卑怯なところあるよね? 言いたいことあるんだったら本人に言えばいいのに、まず、周りを固めようとする・・・。 直接対決する潔さがないねぇ。
 
【ゆち】うちも兄弟ケンカすさまじいですねぇ。 あたしが疎ましがってお互いの意見を聞いてあげなかったりすると、 「無視かよ!!」って言われちゃいますねぇ~^^;
まだお互いに話し合って解決するって難しいよね。 どっちも相手の話に耳を貸さないし、一歩も引きませんから。
【kenさん】あたしも普段はほんまに本とかけ離れた生活です。OL時代は大阪まで電車通勤だったので、行き帰りに単行本を読んでたりしたんですが、主婦になってからは全く・・・・。 本から学ぶことは大人になってからもありますよね。
【makoちゃん】そうそう! この絵本の主人公の「がく」と「しゅんたろう」 この二人も普段は親友。 だからこその絶交なんだよね。
それくらい、その友達のことを大切に思ってる証拠なんだよね。
【ショコラ】あっ、読んだことあるんや~! これ、インパクトあるよね!
「けんかのきもち」っていう絵本もあるらしいね! それの第2弾がこれ。
けんかのきもちも読んでみたいです~。
子供の頃のけんかや絶交って、まっすぐな気持ちで相手にぶつかってのことだけど、大人になってから友人関係がこじれるって凹むね~。 その友達とは解決できたのかな?
 
人を大切にする思いが考えられてとても良い絵本ですね^^人を許す事も大事ですものね!
 
子どもの頃の いろんな気持ち・・ ひとつひとつ忘れながら、失くしながら大人になっていく。 って思ってます。
世界は自分のものだった。 空は飛べるものだった。お姫様になるはずだった。。。
そんな単純な夢。
1日が永遠みたいに長かった時間。 母親に叱られる時間の、長いこと。 友達と遊ぶ時間の、長いこと。 ホントに、毎日 生きてたなぁ。って思います。
子どもだった自分を忘れちゃった大人こそ、絵本で 子どもだった自分のこと 思い出せたらいいな。    絵本 大好きです。'`ィ(´∀`∩
 
「絶交するぞ!」と最近脅し感覚で使ってる子どもを目にしました。
本当はそんなことしたくないのに、離れていかれるのが不安、一人になるのが不安・・
そういう思いが「絶交」と言う言葉で友達をつなぎ止めてる感じもして・・
その子に、ぜひこの本を読んでほしいな~。絶交ってこんなに重い意味があるんだってことを、感じてほしいなって、ふと思いました。
 
泥棒や人殺しと同じ土俵に上げてしまうのが子どもならではの感性というか、実際にあった事なんだろうなーと思える要素ですよね。
かくれんぼしてて放置されるのは・・・うん、ツラい。
最近のコは周りのお友達には怒った理由を言うけど、本人や先生には言わないんだろうね。
で、周囲も怒ったコの話しか聞かないから『無視』が広がっていって大人&相手の子からすると『いじめ』になるのかぁ。
『本人に伝えることの大切さ』をきっちり教えてあげたら、いじめは減るのかなぁ
 
ドン引き ってwwwwwwwwwwwwwwwwwww
んでも、引き込まれちゃう内容っぽいなぁ~~~~~。
これ、仲直りはどーしたんやろ?
 
「ぜっこう」っていうタイトルも表紙もインパクトあるね~!
子供たちはきっと真剣に考えて黙り込んじゃったんだよ。引いたんじゃなくて。
自分の周りの大小の「ぜっこう」を考えるいい機会だったんじゃなーい?
 
「絶交」「一生のお願い」・・・私も子供の頃に何度も口にしたなァ^^;
もちろん絶交なんて簡単に言っちゃいけない言葉なんだけど
子供っていろんな事を経験して 成長していくよね
人の気持ちになって考えたり 思いやりの心を忘れない人に育って欲しいな
 
読んだことあります。子供の頃はよく絶交だって口にするけど・・・大人になって言われると・・・きついよね。私、23歳の時、職場で仲の良かった一つ年上の友達に、絶交らしきことを言われ1ヶ月口を聞いてもらえないことがありました・・・・つらかったな。仲良しグループの友達6人でなぜそういうことになったか話し合い、彼女から理由を聞いた時、ショックだったのを覚えています・・・苦い思い出です。
 
ふぅ・・・深いね~
確かに、子供に感想をって無理かもしれないが、絶対何か感じたと思うよ。
きっと、深いなりに、子供達は理解しようと、考えていたんだと思う。
そうであって欲しいね~
私が、「絶交」と言っていた頃を考えた。
意味もわからなかった気がするけどさ、今思うと、真剣に付き合っていた友達
大切にしたかった友達、理解したかった友達に言っていた気がする。
それくらい、人と真面目に向かい合っていたって気がする。
わかって欲しいな~わかると思うな、人と向き合う大切さ、友達の大切さ・・・
 
ほんまに読書って大事ですね・・・・読書の時間が少ない等問題になってますね・・・
   読み聞かせるボランティア大変ですが・・・頑張ってください。。。。
     簡単に人格を無視するいじめ等・・・
       本を通じて情緒を豊かになって欲しいです。。。
    
 
ありますね。子供の頃は、絶交って言葉を結構よく聞いたような気がしますが・・・最近の子供たちの間ではないのかしら?
うう・・・確かに、姉妹ケンカが毎日朝から晩まで頻発する我が家。あたしは「なんでケンカになるの!?」って叱りながらも、自分たちで話し合って解決しなさいって言うだけで放置してます・・・。こういうときは、やはりお互いの言い分を聞いてあげた方がいいんですよね、きっと・・・。
 
【toriさん】本当にそうやね。 絶交ってキツイけど、ちゃんと宣言するよね!
でも、今の子は、理由も本人に告げないで、無視、、、。 卑怯だよね。
ドン引きの理由は、ちょっとテーマが重かったかなぁ~って・・・。
笑えるシーンはどこにもないの。最後には、絶交していた二人が仲良く、給食を食べてるシーンで終わるからほっとはするけど、、、、。 教室中、コトリとも音がしないほど静まりかえっていたのよぉ・・・・読みにくかったわ~~
 
絶交・・・今の子どもたちだと「無視」?「しかと」?
一大事だったことが、今ではゲーム?
ドン引きの理由は難解だったからですか?
自分がされたらどうか?それだけでも分かって貰えれば・・・ねっ^^

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(51歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ(大3♂)
うーた(大1♂)

日常のツボをびみょーなイラストを描いてぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村


訪問ありがとう
最近観た映画
理恵さんの最近観たビデオ
リンク
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login