絶煙への決意

5/23(日)

夫テツは結婚して18年というもの、たった一度しか寝込んだことがない。
病気とは無縁の人だと思っていたし、本人もそう思っていただろう。
でも、確実に年は取って、年々昔のようにはいかないと感じることも増えつつある。
そうであっても、この人だけは健康であり続けるんだろうと勝手に過信していた。

2月の末、夫テツが急に激しい咳をし出し、
まだなんとなく新型インフルエンザの名残もあったこともあって、
うがいをわりにまめにしていたかな。
夜中にすごく咳き込むこともあって、これはちょっとおかしいなと思い、
病院へ行くように言うが、男の人ってなかなか行こうとしない。
やっとこさ、3月に入って、内科へ。 抗生剤や消炎剤をもらって服用。
いったんは良くなったものの、また咳をぶり返し、4月の初めには声も枯れてきていた。
さすがの夫テツもその調子の悪さを感じ耳鼻咽喉科へ向かったのが4/10。

ただの風邪をこじらせているんだろうと思っていたのに、
夫テツが病院からもらってきたのは、総合病院への紹介状だった・・・。
「白板症の疑いで早急に精検」
白板症は前癌症とも言われ、この先、癌になる可能性がある症状。
あたしは、恐怖で震えた。頭の中が、「もしも、、もしも、、、」 いらぬ事ばかりが繰り返し回った。

とりあえず、子どもたちには何も言わず、もしもの時にちゃんと話をしようと思った。
もし、精検をして悪性だったら、切除してもらったらいい。
早期発見なんだから・・・。
いや、でも、40代で癌なんかになったら、進行も早く、もしかしたら、、、もしかしたら・・・。
これではダメだと、何度も前向きな思考を無理矢理してみようとは思うのだけど、一瞬で打ち消されてしまう。
今現在、癌と闘ってる方にはなんとも失礼な話なのだが、心配しても仕方ない事を心配していた。

紹介状を持って、総合病院へ行ったのが4/12
鼻からファイバースコープを入れて喉の奥を見る。
夫テツの頭の後ろのモニターに映し出される映像が、素人のあたしにもはっきりとわかった。
声帯に何か白いモノがある・・・。
気が遠くなる思いで先生の言葉を待つ。
「あー。これですね。 でも、僕の見立てでは、ちょうど半々。
 良性と悪性の半々。 今すぐ切除といっても声帯やからやっぱり声も変わってしまうし・・・。
 2週間、薬を飲んで様子を診ましょう。」

2週間・・・・。 その間にも進行したらどうなるんだろう。
いや、せっぱ詰まった状態なら2週間なんて悠長なことは言わないだろう。
自問自答しながらあたしはポロポロ涙がこぼれた。

そして、、、、夫テツは煙草をやめた。
高校生の時から吸っていてかれこれ25年強。 一度もやめようと思ったこともなく、
子どもたちから辞めるよう言われても頑として 「一生吸い続ける!」と断言していた。
おそらくそれが夫テツにとっての美学?ポリシーだったのかな、、と、あたしには思える。
その夫テツが見事にスパッ!と煙草を絶った。

いざ、禁煙となるとそれだけでもかなり苦痛なんだろうけど、
プライドの高い夫テツは、あたしが勧めるニコチン置換療法(ガムやパッチ)を真っ向から拒否した。
こんな事を書くと、夫テツは怒るだろうけど、イライラしていたように思う。
キツイ言葉を言われたことも度々あり、些細な事で険悪になった。
心配して言うてるのに、それが重荷になる。 どう接したらいいのか。あたしは何度も泣いた。

そんな日々をやり過ごし2週間後、総合病院へ。
また鼻からファイバースコープを入れて検査。
あたしは心臓が破裂しそうなくらい緊張したが、夫テツはわざと冷静さを装っていたように思う。
モニターに映る夫テツの声帯からあの白い物体が・・・・消えていた。
先生は 「まだ少し残ってますが、治ってきてますね。 癌とは考えにくいです。」

・・・・・・・・・・・・・あぁ・・・ほんとに、ほんとに。
よかった・・・涙がぼろぼろ溢れた。
夫テツは 「勝手に癌って決めつけてたやろ。」 って笑うけど、あなたもすごく怖かったでしょうに。

その後また2週間、薬を服用し、もう通院しないでいいと言っていただき、癌疑惑が晴れた。
GW明けの5/10の事だった。

癌かもしれないと考えた1ヶ月。
ブログを更新しないあたしを心配して連絡くれた友達。
もしも夫テツが入院することになったらと、夫テツの両親にだけは話をした。
「大丈夫。 あなたは一人じゃないから。」と励ましてくれたお義母さん。
ありがとう。

健康って身にしみてありがたいものですね。
煙草をやめるいい機会になったと思うし、健康だと過信してはいけない年になったんだと改めて感じた。
子どもたちが成人するまではあたしたちには責任があるから。
健康であることが親としての責任なのだから。

もしも夫テツが癌だったら、どんなにお金がかかっても
現在の最高先進医療であたしが絶対に治してみせる!と思っていたそのお金で
今は、ヤニで汚れたリビングのクロスを張り替えてやろうかと考えています(笑)

- ともにまだまだ一緒に生きていかねば・・・・ね。-
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家族日記    ジャンル : 日記

Comments

Re: えぇ! 
お医者さんもそうよね。最悪の話からするよね。それって、あらゆる可能性を考えて話すからだよね。いい加減な気休めは言えないもんな。
結婚したときにやめたなんて、、、ともとものだんなさん、あっぱれやないですか!!
自分の大切な人に害を及ぼしたくなくなかったんよね~。
えぇ! 
ちょっとご無沙汰してる間にこんな記事が・・・。
Rieちゃんもご主人も大変だったね。
アタシのすぐ下の妹が看護婦なんだけど、相談できていいと思うでしょ?ところがどっこい!!サイアクのことから言い出すから冗談じゃないんだよ、まったく。
テツさん、快方に向かってなによりです。
タバコはやめられるんだったらやめたほうがいいよね。
うちのオットは結婚したときやめました。
こっちも助かったよ。あの煙、いやだもん。
Re: まあさん 
子どもたちの起きてる間はふつうにしてなきゃなんなくて、
ご飯の支度してても、頭の中はいらぬ事ばっかり考えてしまって。
食欲なくても、食べなきゃおかしいし。 
母親ってもっとどっしり構えてなきゃいけないんですよね・・・。
まあさんのご主人さんも同世代ですよね。
ウチの夫はあたしと同い年で今年44歳。
厄年も過ぎたとはいえ、やっぱり体に気をつけなきゃいけない時期なんだよね。
Re: GUN 
潔いですね!!
やっぱり人から辞めたら??とか言われるよりも自分で辞めようって思わないとあかんねんね。
NoTitle 
大変な3か月でしたね・・
お子さんたちにも 平静を装っていなくてはならなかったでしょうし、こころここにあらず ですよね。

ウチも先日「あたまが痛い」「眠れない」と言って布団にもぐりこむ夫に なすすべもない私はたっそれだけでハラハラドキドキしておりました。
結局10分後にいびきをかきだし、薬も飲まず病院にもいかず、仕事も休まず。「もう落ち着いた」と言う結末。
でも仕事量は増えるばかりだし、健康診断の数値も悪い方に進みがち・・そんな歳になってきてしまったんですね。

私たちも気をつけましょう。

タバコを止めたきっかけはですな 
娘が保育園時代にインフルエンザにかかりまして
看病してたらオレにも移ってしまいました。
タバコ吸う人間はブァカなので咳が出ても喉が
痛くてもタバコを吸います。
で、オレもその時タバコを吸ったんですが...
ゲホゲホ!とえずいてしまったんですよ
その時「こんな毒を吸ってる場合じゃないな」と
タバコを消し箱に残っていたのも丸めてグシャっとして捨てました。
それっきりタバコは吸ってません。
ちなみに止めるまではヘビースモーカーで有名でした。
オレから言わせると「禁煙グッズ」とかあんなもんは
嘘っぱちですな(゚Д゚)y─┛~~
要は本人に止める意思があるかどうかです。
Re: よこっち 
身近な人がこういう目に遭うってほんと寝れないくらい不安で。
親には悪いけど、親はもうある程度年もいってて、あたしたちもいつか近い将来そういうこともありうるっていう覚悟をして暮らしてるけど、
さすがに夫は、想定外やったわ。
癌って確定もしないうちからどれだけ余計な心配をして、精神的にやられてたか。
あたし、今回はほんまにあたふたしてしまった。
これを教訓にしてもうちょっとどっしりと構えることが出来ないと、あたし自身がつぶれてしまうって思ったよ。
Re: いくぴょん 
そっか・・・・ご主人さんのお母さん、、、そんなに若くで。
どんだけ無念やったかと想像を絶するね。
だって、いくぴょん、しねる??子ども残してしねる??
絶対ムリよね。 絶対・・・・。
子どもの事を考えると、自分は絶対に健康でいなきゃいけないって身にしみて思うよね。
あたしもおととしから1年に1回必ず人間ドック受けてます。
Re: マルル 
そっか・・・マルルもそんな経験が。
怖かったねぇ・・・・。
マルルはどっしりと構えること出来ましたか?そのとき。
あたしは全くでした。すごくあたふたしたし、先の先まで考えていらぬ心配をしまくって不安になって泣いてばかりで。
こんなんじゃ、たぶん、テツがほんまに癌やったら、先にあたしが精神的にやられてるな、、、と考えるとぞぉーーーっとしました。
もっと、のんきにどっしりしてないとあかんね。
Re: toriさん 
ほんまによかったです。
まさか、風邪をこじらせているんだろうと思っていたことが、咽頭癌を疑うことになろうとは夢にも思いませんでした。
toriさんもそんな不安な経験が・・・。
何が怖いってやっぱり病気が一番怖いよね。 ましてやtoriさんみたいに結婚して10ヶ月の時に、、、、なんて不安やったことやろーと読んでてためいきが出ました。
怖かったねぇ~~。
まだまだ子どもを一人前にするまではくたばっていられませんもんね。
Re: miu 
お母さんどうでしょうか・・・・。
本人が一番怖いだろうけど、周りのものもほんまに病気ほど怖いと思うモノはないね。
miuはどうですか? あたしは今回のことで、すごくあたふたしてしまって・・・。
子どもには悟られずに済みましたが、やっぱりどっしりと構えることは出来てなかったです。
もし本当に癌だったとしたら、あたしは精神的にやられてしまったかもしれないな~って怖くなりました。
どんな時も、のんきにいることが大切だと思いましたよ。
Re: ゆち 
日常のふつーの毎日にふって湧いたような出来事でした。
ただの風邪やと思っていたのに、まさか癌を疑うようなことになろうとは!!
でも、きっと癌ってこんな感じで見つかることもあるのかもしれないって思いました。
ゆちぽんのだんなさんも煙草辞めてくれたらいいな。 ストレス社会で仕事してる人にとって煙草がその解消になってるんだとしたら、辞めるというのはそれがまたストレスになるのかもしれないけど、やっぱり 百害あって一利なしかもです。
Re: yori 
読んでくれたんや。 忙しいのにありがとう。
ヤッチが、更新できずにいるときに、「何か心配ごとあるんか?」ってメールくれてん。
ありがたいな。 こうして昔の友達はふとしたときにそばで励ましてくれる。
yoriの場合、つい最近のことやもんな。
病気って忘れていた時にふとふりかかる、啓示みたいなもんなのかな。
もうあたしらも若くないで! yoriはちゃんと検診とか行ってるか?
Re: GUN 
なんか心配ごとがあるとそればっかり考えちゃって思考回路がストップしてしまうというか。
どうしても更新出来ずに。 
まぁ、、、あたしの場合、そー普段から頻繁に更新しないんやけどさ^^;
GUNさん、てっきり、いつもの顔文字のトレードマークから煙草吸わはる人やと勝手に思ってたわ。
その8年前に辞めるきっかけになった出来事ってなに?
NoTitle 
不安で不安で不安で、
どれだけ心細かっただろうとその時の
理恵姉ちゃんの気持ちを思うと、涙が出るよ。
大きな病気じゃなくて本当によかった。
テツさん、
これからは、小さな症状の間に
すぐに病院行こう!
そいて、理恵姉ちゃんも、よく頑張った!!!
そのお金、
気が済むまで、
パーっと好きなものに使っちゃって\(^o^)/
よかったよかった! 
またまたご無沙汰しちゃって、理恵さんどうしているかな・・・とお邪魔したところ、この記事!
ドキドキしながら読みました。
テツさん、癌じゃなくてホント良かったです!
うちの主人のお母さん、主人が2歳の時に子宮ガンで亡くなったそうです。今のお義母さんは後妻ですが、本当のお母さんのように主人を育ててくれたそうで、主人は本当に感謝しています。本当のお母さんの記憶は残っていないそうですが、今のお義母さんに感謝しつつも、小さい主人を残して旅立った本当のお母さんの気持ちを、また考えてしました。
子供を残して自分が先立つことのせつなさ。
きっと悔しくてもっともっと生きたいと思った事と思います。
テツさん本当に癌じゃなくて良かった!
まだまだ元気でいなくちゃね^^
最近忘れていた、健康であることのありがたさを私も思い出して日々の悪生活を反省し元気でいられることへの感謝の気持ちを思い出させてくれたお話でもありました。
あー久々のコメント、長くなっちゃってごめんなさい。。。
でも、ホント良かったぁ~!(何回も言っちゃうぞ♪)
NoTitle 
良かったね。すごく不安で心配だったでしょう。
ツレの体はいつまでも元気でいてもらわないとね。
普段言葉で言わないけれど「あなたがいるから私達家族暮らしていけるんです。感謝しています」だよ。
ウチの旦那も一時期視野が欠けてこのままだと失明って言われて旦那もワタシも不安な時を過ごした事があるよ。
結局血圧の関係でそうなってしまい、欠けた視野は元に戻らないけど今はそれ以上進行する事がないように投薬治療してるよ。
旦那の健康もだけどワタシら母親も子供が自立するまでは元気だいなきゃね♪
お互いがんばろー!♪
まずは一安心! 
よかった、よかった!!
流した涙の数だけ絆は深まったのでは?

ウチの旦那もね、結婚して10カ月、私が妊娠6ヶ月の頃、急な発熱、下がらない高熱・・・、
1週間の検査入院の結果「肋膜炎」(いわゆる、肺結核)で隔離入院となりました。
今では治る病気の結核でも、私自身も妊娠中ということもあって(見舞いは禁止)
もしものことも考えてしまいましたよ。
健康第一!ですね。
NoTitle 
 そんなことがあったんですね。疑惑が晴れて、本当によかったですね! 読みながら心臓がばくばくしていたのですが、疑惑が晴れて心からほっとしました。
 うちも旦那に煙草をやめてもらおうと画策中なのですが、やっぱりなかなかその気にならないようです。増税されたらやめるって言ってるんですけれど、どうなることか……。
 健康第一ですよね!
ほっ 
怖かったね。
疑いは晴れたってことだよね?ほんとよかったねv-218
パパさん若いもの~まだまだがんばってもらわないとねi-236

現在、ワタシの母が疑惑と戦っております。
まだ検査中。。。
NoTitle 
どきどきしながら読んだよ・・
まずはホッとしてます。

病気って、自分たちの身に降りかかって初めてたくさんの気付きがあるもんだよね。
これからも、家族を大切に。。
よかったやないですか^^ 
さよか。そんで更新が遅かったんかいな。

でもよかったやないですか^^
いい夫婦愛だ(゚∀゚)

タバコ止めるのにいい機会やったやないですか。

オレも止めて8年半になります。

タバコ吸わない人になると、あの煙と臭いが嫌ですね。

飲みに行ってキレイなおねーちゃんが来てももタバコ吸う、おねーちゃんは「チェンジ!」しますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャヒャヒャヒャヒャ

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(51歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ(大3♂)
うーた(大1♂)

日常のツボをびみょーなイラストを描いてぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村


訪問ありがとう
最近観た映画
理恵さんの最近観たビデオ
リンク
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login