花燃ゆ -山口・広島の旅- vol.3 萩

8/21(金)

-続き
きのうの雨も上がって、曇天。 ちょうどいい。汗もかかなくていいし涼しい。
夫テツの雨男威力もこういう風な感じに出ればありがたさも増す。
今日は、今回の旅のメイン。萩。
吉田松陰先生はじめ、幕末の維新の里を訪れるルート。
歴史を知る中で、そりゃ戦国時代は華々しくて豪華だけど、この幕末期ほど熱い時代はない
浪漫を感じるその一方切ない (ノД`)・゜・。

0821.jpg

松下村塾

日本を良くするため、その至誠を貫くため、その門下生の高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文などの若者たちが熱く議論を交わした場所。
この小さな掘っ立て小屋で。 この場所やってんなぁ、、、と思いを馳せる。
明治維新の原動力の逸材が勢ぞろいで、改めて萩ってすごい場所やって思わせる。

08211.jpg

松下村塾は松陰神社の境内の敷地の中にあって、向かい側には至誠館という宝物殿がある。
そこには、松陰が安政6年10月27日に安政の大獄で処刑されるまでの貴重な書物が展示されている。
あの時代、松陰のしたことは突飛なことで長州藩としては厄介な存在だったかもしれない。
でも、こういうリーダーがいないと何も世の中は変わっていかない。
時代に殺されてしまったのだろう。そういう時代だったのだから仕方ない。 でも!!
まだたった30歳で、惜しいことこのうえなく・・・。 先生の志に触れると思わず目に涙が溢れてくる。
大河ドラマの伊勢谷友介さんの姿とダブってじーんとなる。

至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり

ここから松陰先生と杉家のお墓参りをして、
幕末のスター。高杉晋作に会いに行く。
08212.jpg

生誕の地へ。
この日の前日がお誕生日だったそうで。
ドラマでは高良健吾くんが演じてるけど、孤高の人でとても粋な幕末の風雲児。
彼の行った業績は誰もが知るところ。 でも、大政奉還を見る前に死んでしまうのはあまりにも無念。
新しい時代の幕開けを自分の目で見たかっただろう。

おもしろき こともなき世を おもしろく

0823.jpg

最後に大河ドラマ館へ。
大河ドラマって暗いとか難しいとか言われるけど、実際1年1話も省くことなく見終えると達成感が得られるものだ。
歴史もかみ砕いてわかりやすく面白く造られてるし、かと言って誇張された演出はなくちゃんと史実に基づいている。
子供たちも小学校からずっと毎シーズン欠かすことなく観ている。
まだ幼かった頃は、日曜20時になるとリビングに家族が全員集合していたくらいだ。
今はもう子供たちも大きくなり、それぞれ日曜の夜、予定もあるようでそろって観ると言うことはなくなったが、
録画でちゃんと観ているようだ。 それだけしっかり観ているにも関わらず、どーして二人とも歴史の成績がイマイチなんだろう。
そこはちょっと、なんだかなぁ・・・と思うが。
視聴率がどーのこーのと言われるけれど、今回の「花燃ゆ」も我が家のみんながファンなのだ。
ドラマに魅了され、実際のゆかりの地を訪れると、あー、ここが!! この場所が!!
と、より一層心が揺れる。 これが、うーたの言う 聖地巡礼 ・・・・というものなのか。

image39883.gif 理恵 2015.8.21

現総理の安倍さんもしかり。山口は8人の総理大臣誕生の地
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 主婦の日常日記    ジャンル : 日記

Comments

Re: rossi 
龍馬伝!! rossiさんも見てるやん、大河。
そうです。福山君が龍馬のヤツ。 あれで伊勢谷友介さんがやってたのが高杉晋作で奇兵隊作って挙兵っすよ。
かっこいいですよねぇ。 でも、みんな若くして死んじゃうんですよね。
 
何年か前の龍馬伝で見たなぁ( ゚ω゚ )

高杉晋作って奇兵隊作った方でしたかね( ゚ω゚ )

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(50歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ(大3♂)
うーた(大1♂)

日常のツボをびみょーなイラストを描いてぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村


訪問ありがとう
最近観た映画
理恵さんの最近観たビデオ
リンク
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login