番外札所 豊山 法起院

2/7(日)

日差しは暖かいが時折粉雪が舞う中。
巡礼ウォーキング
<初瀬街道を辿り、大観音が立つ花の浄土へ>

起点は近鉄朝倉駅。 初瀬街道に入り古い街並みの中を歩く。が・・・・ なぁ~~んもない!(笑)いやいや、そーでもない。この初瀬街道、当時の街並みの名残が感じられ、格子の民家の玄関の上部には、字がぎっしり書いてある杖や、八十八歳のお祝いなんだろう、しゃもじが飾ってあったり昔ながらの風習が残っていて面白い。

P20700011.jpg
まずは「白山神社」に参拝。ちょっと歩くと、「出雲の流れ地蔵」というお地蔵さんが祀られている。昔、「初瀬流れ」といわれる文化8年(1811年)の大洪水で上流から流され、初瀬村の人々が助けて祀ったといわれている。腰から下が地中に埋まっている。・・・・助けてあげたのになぜ埋まっているんだろ(笑)

P20700031.jpg
十二柱神社。 見どころは、鳥居脇に立つ狛犬の台座。 四体の力士が狛犬を支えている。 それぞれ表情が違うから面白い。相撲の祖と言われる野見宿禰(のみのすくね)がこの地の出身といわれることかららしい。

ちょうどこのあたりでお昼。 夫テツも「腹減った~」と。
巡礼ランチ
P20700061.jpg
与喜饂飩(よきうどん)
奈良県桜井市初瀬925-2
0744-35-2622
冷え切った体に関西の甘めのおつゆが染み渡る。 うどんはつるつるでコシがありおいしい!あたしは鳥天かけうどん。 夫テツは天ざる。 天ぷらをシェアしながら完食。 ごちそうさま。おなかいっぱいになってまた歩き出す。 最初の目的地、法起院に到着。
P20700081.jpg
ここは西国三十三所の番外札所。第八番札所 長谷寺の門前町にあり、徳道上人が祀られている。この方、なんと62歳の時に突然仮死状態になり、閻魔大王から「三十三観音霊所を世に広めよ!」と言われ、死の淵から蘇ってきたと。そのあと、この巡礼の基礎を築いたんだって。へぇ~、そりゃすごい。 番外になって当然のお寺だね。この境内で見逃せないのが 徳道上人の御霊廟の奥にある「はがきの木」と呼ばれる多羅葉樹の木。葉の裏に何かとがったもので字を書くと浮かび上がる。あたしも書いてみようと思ったけど、もうほとんどの葉にぎっしり先の人たちが書いてしまっていて残ってる葉を見つけるのは至難の業・・・。残念 「ハガキ」を 「葉書」とかくのに納得やね。
P20800021.jpg 御朱印2つ達成
- 続きあり
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート    ジャンル : 日記

Comments


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(50歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ(大3♂)
うーた(大1♂)

日常のツボをびみょーなイラストを描いてぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村


訪問ありがとう
最近観た映画
理恵さんの最近観たビデオ
リンク
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login