希望を持つ

元気にやってます あたしも母も。
あんな突然に戸惑うような日記を書いて申し訳ないと思いつつも、書いてよかったって思ってる。
母親も70歳になって、身体に何があってもおかしくないとは思っていても、親っていつまでも居てくれるって思ってた。
親元を離れて20年・・・一緒に暮らしてはいないので、ふだんは存在すら忘れていることもあるけれど、やっぱり依存してるのよね~。
実家が近いこともあって、あたしが午後の診療のシフトに入ってるときは、子ども達の夕飯を頼んだり、かなり助けてもらってたからな。

いきなり、ガンだって知って、そのショックは相当なものやったけど、今は前向きに、手術前の検査をこなしてるところ。
CT エコー 内視鏡 胃透視 大腸検査などなど、予定びっしりで大変やわ。
きのう、入院、手術の日も決まり、ちょっとホッとしたところ。

ここに胸のうちを明かして日記を書いて、本当にどれほどのみなさんの温かいきもちをいただいたことか。
あたし、あんな日記を書いて、びっくりさすだろうな~とわかっていながら、希望を持てる励ましが欲しかったんよ。
実際にうちの母親を小さい頃から知ってる地元の友達なんかはさぞ、びっくりしたことやろなぁ。
ごめん・・・。
でも、ほんまにほんまにうれしかった!!!!
コメント書いてくれた方の、ひとつひとつの言葉に、どれほど励まされたか。
こんな手術をしても元気にしてる人知ってるよ。 とか、
辛かった自分の親の体験談を教えてくれた方。
あたしの事を心配して、笑顔やで!!大丈夫って言ってくれた方。
何も出来ないけれど時間はあるから、何でも調べてあげるって言ってくれた方。
そして、「今、ブログ見た!!」ってすぐに電話をくれた地元の友達。

みんなの言葉を読んでるとほんまに希望を持てる。 そう、、ガンなんて未知の世界の事で、何も知らなすぎて、怖かった。
でも、体験談とか教えてもらうだけで、どれほど励まされたか・・・。
母にも、みんなが教えてくれたいろんな話を、聞かせてあげたよ。

母は、もう、くよくよしない!って言ってる。
まな板の上の鯉状態やって。

ただ、父がねぇ~・・・・・。
母がガンやってわかった翌日に、深酒をして、足元ふらつき、こけて肋骨骨折
これ、、、、余計やっつーの!!!!
男って、どーしてこーも・・・とほほ。 しっかりして欲しいわ!!

娘として、出来る限りのことを、頑張りすぎず、でもあきらめず、やってこ~って思ってる。

kaeru12_20091109213509.gif 理恵 2011.10.4
テーマ : 日記    ジャンル : 日記

突然のガン宣告

9/26(月)

それは突然にやってきた。

9/7の朝、実家の父からTEL。
「お母さんが胃が痛いらしいから、今から病院へ連れてく。お前も一緒に行ってくれ。」
子ども達を学校に送り出して、すぐに病院へ。
母は健康だけが自慢の人で、今まで風邪くらいしかひいたことがない。
今年、70歳になるまで健康診断も受けず、それが、いけなかったのか・・・後悔しても後の祭り。
歳も歳やし、胃カメラしときましょってことで、細胞も取って生検へ。

きのう、その結果を母と聞くため病院へ行った。
診察室に入ると、先生があたしに 「娘さんですか?」と聞いた。
それから、先生は 「この前の胃カメラの結果が出ていますが、、、どんな結果であろうと全てお聞きになりたいですか?」と母に聞いた。
えっ・・・・・? それって、、、、まさか。
母も不安げに「は、はい。」と小さく疑問を交えた感じの返事をした。
先生は、ゆっくりと、少し間をおきながら、「残念ですが、悪性でした。」と母とあたしに言った。
・・・・・・・・・・・・・・。 青天の霹靂とはこういうことを言うのだろうか。
予想もしていなかった言葉に、聞き返すことも出来ず、全く声が出ない。
あたしも母もじーーーーーっと黙ったままだった。
しばらくして、母が、「ガンってことですか?」と尋ねたら先生は、「そうです。胃ガンです。」と告げた。
ガンの告知。
ドラマなんかでよく見るが、先に家族に話したり、みんなで嘘をついて本人に知らせないようにしたりとかしないんやな。
突然にこんな風に告げられるんやな。
母はまたしばらくじーーーーーっと黙ったまんまで下を向いた。 先生が母の膝をさすって、「大丈夫。」って言った。
「自分の病名を知ることで、治療に前向きになれるんです。 知らなかったらこの後、受けてもらう数々の検査を、どうして?なんで?って思いながら不信感でいっぱいになるでしょう?」って先生は言った。
母は、あたしの方を向いて一言、「ショック・・・」と言った。 あたしはうなずくしか出来なかった。

外科の診察を待つ間、1時間くらいイスに座って、今、聞いた事実を二人で受け止めようとした。
「治してもらおう。」ってあたしが言うと、母は
「あと10年は生きたいんやなぁ~。」
「それやったらなおさらの事、前向きに治療して治そう。」って励ましたけれど、「あと10年は・・・」なんて、そんな淋しいこと言わんとって・・・。悲しいきもちになるやんか。

胃カメラの所見、生検の結果、今のところステージ1~2。
まだ、転移の可能性がぬぐえてないからわからないけど、初期の段階と言えると思う。 
胃の2/3を切除の予定やけど、それは仕方ないのかな~。
病院もろくに行ったことがない母にとったら、どれほどショックでどれほど恐ろしいことだろうかと思うと、可哀想で涙が出た。

あたしは一人娘だ。
頑固ですぐに暴力をふるう父が嫌いで、だからよけいに母とは仲良しでやってきた。
どうして、父じゃなく母なんだろう・・・ってひどい事が頭をよぎったけれど、そんなバカな事考えてる場合じゃない。
今、胃ガンは末期じゃなかったら、治る病気とされている。
病院を出るときに、母に 「腹くくろう。」って言ったら、母は、
「もう、私は腹くくってる。」と頼もしく言ってくれた。

これから、母の闘病生活が始まる。 大好きなお母さん。
絶対負けないで頑張ろな。一緒に。

kaeru09.gif 理恵 2011.9.27

読んでて楽しい日記じゃないけれど、前向きな言葉を綴ることで、そー思える自分がいるのであえて書きました。


テーマ : 日記    ジャンル : 日記

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

理恵さん

Author:理恵さん
理恵さん(50歳♀)                              夫テツ(同い年♂)                                 ショウゴ(大3♂)
うーた(大1♂)

日常のツボをびみょーなイラストを描いてぼちぼち更新してます。
コメント大歓迎! こんなあたしと仲良くしてください!

ランキング参加してます。
ぽちっと応援お願いします。 やる気とうれし涙が出ます!


にほんブログ村


訪問ありがとう
最近観た映画
理恵さんの最近観たビデオ
リンク
お願い
リンクさせて頂いている方で1年以上更新がなく、 いったいどうしたってんだいっ!思われる方は、一旦リンクを外させていただきます。  もしまた復活されましたら、ぜひぜひご一報ください!待ってます。
アーカイブ

Archive RSS Login